林建良氏が『日本よ、こんな中国とつきあえるか?』を7月上旬に処女出版

林建良氏が『日本よ、こんな中国とつきあえるか?』を7月上旬に処女出版
事前申込者にはもれなく著者サイン本が届きます! 【予約募集中】

 日本李登輝友の会常務理事や「台湾の声」編集長をつとめる林建良氏が、来日して20年
目の今年7月上旬、日本語による初の単行本『日本よ、こんな中国とつきあえるか?−台湾
人医師の直言』を並木書房から出版することになりました。
 下記の目次からも分かるかと思いますが、台湾から見た中国及び中国人、日本及び日本
人、台湾及び台湾人について、鋭角的な切り口も鮮やかに様々な問題が抉り出されていま
す。特にお金、医食同源信仰、臓器売買、千島湖事件、SARS問題、中国人民解放軍などを
テーマに論じた「第1章:台湾から見た中国及び中国人」は圧巻です。まさに台湾人だか
ら分かる中国の本質が余すところなく描かれています。
 台湾の独立がなぜ日本の国益と合致するのかも、よく分かります。
 日本李登輝友の会会員の方々には、機関誌『日台共栄』6月号(第13号)に案内チラシを
同封していますので、そこに付いている「お申し込み書」に必要事項を書いて、並木書房
営業部までFAXでお申し込みください。               (編集部)


■著者 林 建良
 1958年(昭和33年)9月7日、台湾・台中市生まれ。1987年(同62年)、日本交流協会奨
 学生として来日し、東京大学医学部博士課程を修了。医学博士。栃木県で地域医療に携
 わりながら、世界台湾同郷会副会長、台湾団結連盟日本代表、メールマガジン「台湾の
 声」編集長、台湾独立建国聯盟日本本部国際部長、日本李登輝友の会常務理事として活
 動。著書に『母親e名叫台湾』(2003年9月、台湾・一橋出版社)。
 2001年(平成13年)6月9日、在日台湾同郷会会長の折、日本において在日台湾人の外国
 人登録証の国籍記載を「中国」から「台湾」に改正する「正名運動」プロジェクトを発
 足、「台湾正名運動」の名付け親。以後、台湾正名運動は台湾独立運動の主流となる。

■書名 日本よ、こんな中国とつきあえるか?−台湾人医師の直言
■体裁 四六判、並製、276ページ
■定価 1,680円(税込)

■目次
 第1章  台湾から見た中国及び中国人
       お人好しの日本人に中国人の凄さは理解できない
 第2章  台湾から見た日本及び日本人
       争いを避けたがる日本人に平和は守れない
 第3章  台湾から見た台湾及び台湾人
       台湾は中国の一地方に過ぎないと自ら教育する矛盾
 第4章  悪の元凶・中国帝国主義はこう潰せ
       真実を中国人に教えれば中国は内部崩壊する
 第5章  台湾の独立は日本の国益につながる
       国民党政権の誕生は日本の悪夢の始まり
 あとがき 台湾は日本の生命線

●ご注文(もれなく著者サイン付き)
 ご住所、お名前、電話番号を明記の上、郵送あるいは電話、FAX、メールにて並木書
 房営業部までお申し込みください。(著者サインをご希望の方は、その旨を記入してく
 ださい)

●本代は後納・送料サービス
 本と一緒に郵便振替用紙を同封しますので、本が届き次第、お振り込みください(送料
 は無料)

●お申し込み先
 並木書房 営業部
 〒104-0061 東京都中央区銀座1-4-6
 電 話:03-3561-7062 FAX:03-3561-7097 メール:eigyo@namiki-shobo.co.jp

[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,