李登輝元総統が住民投票や選挙制度について直轄市に昇格する桃園県で講演

李登輝元総統が住民投票や選挙制度について直轄市に昇格する桃園県で講演
李登輝元総統は今年に入ってからも積極的に地方に出掛け、視察や講演を精力的にこなされてい
る。昨日(5月6日)は桃園県婦女館において「啓動第二次民主改革(第二次民主改革の開始)」と
題して講演された。中央通信社が伝えているので下記に紹介したい。

 なお、桃園県は今年12月末に桃園市(41万5000人)と合併し、行政院直轄の「桃園市」となるこ
とが決まっている。行政院の直轄市は居住人口が125万人以上の自治体に適用され、桃園県はすで
に204万人となっていたことから準直轄市となっていた。

 ちなみに、現在、行政院の直轄市は台北市(1967年、268万人)、高雄市(1979年、278万人)、
新北市(2010年、395万人)、台南市(2010年、188万人)、台中市(2010年、270万人)の5市で
(カッコ内は直轄市への昇格年と2013年12月末現在の人口数)、その総人口は1399万人、つまり台
湾の人口2332万人の60%にも達している。

 これに桃園市(246万人)が加わると1645万人となり総人口のなんと70.5%が直轄市に居住する
ことになる。現在、彰化県(130万人)と嘉義県と雲林県(124万人)の直轄市昇格も構想されてい
るそうで、もしこれが実現すれば人口の81.4%、1899万人が直轄市に含まれることになる。

 李登輝元総統の「第二次民主改革」とは、恐らくこの直轄市構想が進むことで、現在の22自治体
(5直轄市、3省轄市、14県)から1945年当時の8州庁(台北州、新竹州、台中州、台南州、高雄州、
花蓮港庁、台東庁、澎湖庁)への整理統合を指しているものと思われる。


李登輝元総統「住民投票は問題解決方法のひとつ」/台湾
【中央通信社:2014年5月6日】

 (桃園 6日 中央社)李登輝元総統は6日、桃園県で行われた講演会の席上、住民投票は人々の声
を聞く最善の方法で、問題を解決するやり方のひとつであると語った。

 李氏は、「台湾が民主化して久しいが、多くの“お偉いさん”は依然封建的で古い思想を持って
おり、大勢の若者たちが“太陽花(ひまわり)学生運動”を支持する理由になっている」と指摘。
李政権下の1990年3月に発生した“野百合学生運動”の際には若者にきちんと向き合い、短期間で
の解決に結びついたと振り返った。

 また、単一選挙区制の選挙は若者の声を抑え、その活躍を妨げていると持論を展開したほか、全
ての主張や考え方を長期的な視野で見るべきだとし、仮に第4原発(新北市貢寮区)の建設を中止
した場合、台湾の電力事情はどうなるのか理解しなければならないと述べた。

                               (邱俊欽/編集:齊藤啓介)

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となってい
 ます。5月1日から消費税対応価格の台湾食品をご案内しております。

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】 *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

・台湾産天然カラスミセット 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便) *new
*同一先へお届けの場合、10枚まで700円
・パイナップルケーキ 2,480円+送料600円(共に税込、常温便) *new
*同一先へお届けの場合、10箱まで600円
・台湾飲茶セット 3,620円+送料700円(共に税込、冷凍便) *new
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)

●「台湾フルーツビール・台湾ビール(金牌・瓶)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,