李登輝が語る「天安門事件」が台湾の民主化に与えた影響  早川友久(李登輝元総統秘書)

【WEDGE infinity:2019年6月7日】http://wedge.ismedia.jp/articles/-/16435

 天安門事件から30年を迎え、台湾や香港では大規模な追悼集会が開かれた。特に台湾は、言論の自由が保障されていることもあり、台北市内中心部の中正紀念堂で、戦車の前に立ちはだかった学生を模したモニュメントが展示されたほどである。

 中正紀念堂は、国民党とともに中国大陸から敗走してきた蒋介石の巨大な像が安置されている。

 蒋介石もまた、学生たちを弾圧した共産党政権と同じく、独裁体制や白色テロによって台湾人を弾圧した当事者だが、そこへ皮肉にも天安門事件の象徴のようなモニュメントが置けるほど、現在の台湾は言論の自由が保障された社会に生まれ変わったともいえる。中国政府による管理がいっそう強化された香港とは大きく異なる民主化の成熟度を見せつけたかのようだ。

 そしてこの場所は同時に、台湾の民主化の端緒となる出来事が起きた場所でもあった。

◆「急進的な改革」を避けた李登輝

 奇しくも天安門事件の発生から9ヶ月後の1990年3月、台湾でもまた自由や民主化を求める学生運動が起きていた。

 当時の総統は李登輝。これまで何度も書いてきたが、88年に蒋経国が急逝して総統職を継いだものの、すぐに権力をふるうことなど不可能な環境だったといえる。周囲は李登輝を、つかの間の代打と捉えるか、あるいは形ばかりの「ロボット総統」に仕立てて背後からコントロールすればよいと考える者ばかりだったそうだ。

 また、李登輝自身も「急進的な民主化」は望んでいなかった。もちろん頭のなかには「人々が枕を高くして安心して寝られる社会を実現したい」という青写真があったものの、とにもかくにも最優先させたのが「社会の安定」だったという。

 それまでの台湾は戦後40年あまり、良くも悪くも国民党による強権統治の支配下にあった。蒋介石から息子の蒋経国へとバトンタッチされ、いちおうは国民党が一枚岩となってこの台湾を統治してきたのである。

 しかし、蒋経国は何も言わぬまま逝ってしまった。むしろ「蒋家から総統を出すことはない」とまで明言していたし、実際に遺言を聞いた者はいなかった。

 李登輝もあの日のことはよく覚えているそうだ。当日のことを尋ねると、メモも見ることなくよどみなく話してくれた。

「午後、アメリカから国会議員の来客があって総統府で応接していた。そのさなかに七海(蒋経国官邸のこと)から連絡があって私に用があるという。ただ、その電話を受けた秘書が『来客中です』と答えて切ってしまったそうだ。

 しばらくしてまた電話があった。その電話を受けた秘書が『ともかくも七海からだから』と気を利かせてメモを入れてくれた。それで私は急いで切り上げて総統府を出発したんだ。

 でも到着したとき、すでに蒋経国は亡くなっていた。なので私は蒋経国の遺言を聞くことが出来なかったんだ。一度目の電話を秘書がきちんと取り次いでいたらあるいは、という気持ちはある」

 ともかくも、その夜のうちに副総統の李登輝が総統に昇格することが決まった。そして李登輝は社会の安定を図るため、そして従来の蒋経国路線を踏襲する、という自分の意志を見せるために実践したことがあった。

 それは、毎朝必ず蒋経国の遺体が安置されている栄民綜合病院を訪れ、焼香してから総統府へ出勤するというものだった。蒋介石、蒋経国と二代にわたり強権によって統治されてきた台湾がこれからどうなっていくのか。

 党内部や三軍はもちろんのこと、台湾社会もまた不安を抱えていた。そこで、李登輝は蒋経国の霊前を毎朝欠かさず訪れることによって、無言のうちに「李登輝が総統になっても、これまでの蒋経国路線を継承する。急進的な改革によって社会が不安定になることはない」とアピールすることで人心の安定を図ったのである。

◆「天安門事件」が台湾の民主化に与えた影響

 さて、話を90年3月に戻そう。当時の中国大陸も、台湾も社会の状況は驚くほど似通っていたといえる。双方とも、共産党あるいは国民党による独裁の「党国体制」だし、言論の自由も集会の自由も保障されていなかった。

 ただ、台湾と中国大陸では大きな差がひとつあった。それは、台湾がすでに86年には民進党の結党を黙認し、87年には戒厳令を解除するなど、民主化の階段を一歩ずつ上がり始めていたことだ。

 89年の天安門事件は台湾でもテレビや新聞などで報じられていたという。台湾ではすでに戒厳令が解除されていたとはいえ、まだ民主化の萌芽がかろうじて見えてきた程度だったはずだ。

 実際、白色テロの根拠となっていた「内乱罪」を規定した刑法100条が改正され、言論の自由が保障されるのは92年5月のことである。

 天安門事件で、血で血を洗うような弾圧が行われたのを知る学生たちが、なぜそれでもなお、中正紀念堂に集まって民主化を求めたのだろうか。

 それはやはり、前述したように、台湾はすでに民主化の階段を一歩ずつ上がり始めていたという実績があったからで、中国大陸のように武力によって弾圧することはないだろう、といういささか楽観的ではあるものの、政府に対する期待があったのではなかろうか。もちろん、蒋経国の死後、就任したのが本省人の李登輝だという希望も大きかったのだろう。

 資料によると、6,000人を超える学生が集まった中正紀念堂には、蒋経国の息子である章孝慈が学生たちを激励するために訪問しているし、李登輝自身も「学生たちの様子を見に行きたい」と漏らしたものの、「万全の警備が出来ない以上、身の安全を保証できない」という国家安全局の強い反対で頓挫したそうだ。

 李登輝はこの「三月学運」あるいは「野百合学生運動」と名付けられた学生たちの抗議活動を重視していた。それにはいくつかの理由がある。

 まずは9ヶ月前に起きた天安門事件の影響だ。天安門事件が国際社会にもたらした衝撃は大きく、中国の国際的イメージは最悪であった。

 つまり、こうした学生運動が国家のイメージを作り上げるうえで非常に大きな影響を及ぼす、ということを中国の事例から学び取っていたからである。

 李登輝いわく「従来の国民党であれば、台湾の学生たちも天安門事件と同じように武力で弾圧せよ、という声が大勢を占めたかもしれない。しかし、天安門事件によって中国が蒙った負のイメージは計り知れなかった。それを目の当たりにしたことによって強硬的な意見は鳴りを潜めた」のだという。

◆「民の声」を利用した李登輝

 さらには、学生たちを鼓舞することによって、一般の人々の口から「民主化」を要求する声の高まりを企図することもあったそうだ。学生運動が市民に波及することで、「民主化」への要望が社会全体のものに昇華させる必要があったのだろう。

 そして最も重要なことは、台湾の民主化が李登輝主導のいわゆる「トップダウン」ではなく、社会の要求にこれ以上抗いきれないという体での「ボトムアップ」方式で行われようとしたことだ。

 李登輝が総統に就任してから2年が過ぎていたものの、まだまだ党内には李登輝に懐疑的な目を向ける人間のほうが多かった。そこで民主化を主導するような動きをすれば、たちまちのうちに引きずり降ろされてしまうだろう。

 最大の主眼である「民主化」を進めるためには、総統の座を手放すわけにはいかなかったのである。そのために李登輝にとっては「民の声」である学生運動が必要だったのである。

 李登輝は軍や警察に対し、学生たちに手出しをすることを厳禁した。学生たちとの衝突が万が一起きれば、「第二の天安門事件」として台湾は中国と同列に語られることになるし、国際的イメージは地に落ちる。なにより、扇情事件が起きることになれば、国民党内における強硬派の意見が再び勢いを得る恐れさえあったからだ。

 結局、李登輝は中正紀念堂での座り込みが始まってから5日後に学生代表を総統府に招いて話し合いをしている。その席上、学生たちから示された要望を受け、李登輝はいよいよ民主化に本腰を入れて着手する。

 それによって、翌91年には国家総動員法にあたる「動員戡乱時期臨時条款」が撤廃され、数十年にわたって改選されなかった「万年議員」たちを退職させることに成功した。これによって、いよいよ台湾は民主化の新しい時代に入っていくのである。

◆李登輝が、中国の人々に伝えたいこと

 李登輝は昨年6月、訪問した沖縄での講演で次のように述べている。

「中国の覇権主義は、その政治体制が生み出す問題です。中国は愚民政策を施し、国民の民主的思想を抑え込んでいます。中国の人々は、未だかつて本物の民主主義や自由というものを経験したことがないのです。私たちは中国の人々との交流や協力もまた進めなければなりません。

 とはいえ、中国の独裁政権がその覇権主義的な野心をアジアにまで広げようとする企てには断固として反対します。すでに民主主義を確立し自由を勝ち取った私たちは、人類の文明に対する責任を有しています。

 同時に、中国の人々に民主主義と自由の本当の価値を伝え、民主主義あってこそ本物の自由が手に入る、ということを呼びかけていかなければなりません」

              ◇     ◇     ◇

早川友久(はやかわ・ともひさ)1977年(昭和52年)6月、栃木県足利市生まれ。現在、台湾・台北市在住。早稲田大学人間科学部卒業後、金美齢事務所の秘書として活動。2008年に台湾大学法律系(法学部)へ留学。台湾大学在学中に3度の李登輝訪日団スタッフとしてメディア対応や撮影スタッフを担当。2012年12月、李登輝元総統の指名により李登輝総統事務所秘書に就任。共著に『誇りあれ、日本よ─李登輝・沖縄訪問全記録』『日本人、台湾を拓く。』など。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*本会でご案内してきた台湾の高級調味料XO醤は、このほど台湾メーカーの都合により日本へ出
 荷できなくなったことが判明しました。今後も入荷できない状況となりましたのでご案内を取り
 止めます。ご了承のほどお願いします。【2019年4月16日】

● 2019年:ライチお申し込み【締切=黒葉:6月10日)
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn

● 2019年:特選台湾産アップルマンゴーお申し込み【締切=7月18日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

● 2019年:パパイヤ・マンゴー詰め合わせセットお申し込み【締切=6月28日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fy8rd2eheoo7

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  2,900円+送料600円(共に税込、常温便)[同一先へお届けの場合、10箱まで600円]
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

● 最高級珍味 台湾産天然カラスミのご案内【常時受付】
  4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)[同一先へお届けの場合、10枚まで700円]
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)・(2)』*new
・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』 *在庫僅少
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)  *在庫僅少
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』*在庫僅少
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『台湾人生

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , ,