朱立倫氏が中国国民党の主席選出馬と総統選不出馬を同時表明

朱立倫氏が中国国民党の主席選出馬と総統選不出馬を同時表明
統一地方選挙の大敗の責任をとって馬英九・中国国民党主席が辞任し、呉敦義・筆頭副主席も主
席選挙に立候補しないと伝えられ、誰が「沈みゆく船」の船長候補に名乗りを上げるのかと注目さ
れていた。

 12月11日、中国国民党は党主席補欠選挙について、12月21日に立候補届出を締め切り、来月1月
17日に投開票すると公示したが、その翌日、新北市長に24,528票差で辛勝した中国国民党のホープ
とされる朱立倫氏が出馬を表明、併せて、2016年の総統選挙に出馬しないことを明らかにした。

 これを受け、メルマガ「台湾の声」の林建良編集長は「これは国民党と一緒に心中する選択だ。
これで生き残った国民党の唯一のホープが葬られる。よかった。今夜の酒が旨くなる」というコメ
ントを発表している。

 統一地方選挙の勢いを駆って、次の総統選挙で巻き返しを狙う野党の民進党にとっては「朗報」
だろう。民進党は、2010年の新北市長選において蔡英文候補が大差で朱立倫氏に破れたこともあ
り、総統選でもっとも相手にしたくないのが朱立倫氏と位置づけ、支持率が低い呉敦義・副総統な
ら組み易しと看做していた。下記に、その詳細を伝える産経新聞の記事を紹介したい。


国民党の総統選有力候補が不出馬表明 「負け戦」を忌避か
【産経新聞:2014年12月12日】

 【香港=田中靖人】台湾の与党、中国国民党の朱立倫新北市長(53)は12日、来年1月17日に投
開票される国民党の主席(党首)選に立候補する意向を明らかにする一方で、「2016年の総統選に
は出馬しない」と表明した。朱氏は次期総統選で国民党の最有力候補とみられていた。同氏による
辞退表明は、中台間の政党交流にも影響を及ぼす可能性がある。

 朱氏は国民党が大敗した11月末の統一地方選で再選され、直轄市の市長ポストを唯一維持した。
朱氏は12日、自身のフェイスブックで、「新北市民が再び与えてくれた機会に感謝し、今後4年
(の任期)を全うする」とし、総統選への不出馬を明言した。主席選には「国民党が最も暗い時期
に責任を放棄できない」として出馬する意向を示した。

 朱氏をめぐっては同党所属の立法委員(国会議員に相当)の過半数の34人が主席選出馬を要請し
ていた。朱氏は、こうした声に応えつつ、苦戦が予想される総統選は出馬見送りへ先手を打った形
だ。主席選の立候補締め切りは22日だが他に有力候補はおらず、朱氏の当選は確実な見通しだ。

 だが、朱氏が言葉通り総統選に出馬しない場合、国民党の候補者選びは難しい選択になる。意欲
があるとされる呉敦義副総統(66)は、野党・民主進歩党の蔡英文主席(58)と比べ、世論調査の
支持率が低い。名前が挙がる●(=赤におおざと)龍斌台北市長(62)も知名度で劣るため、朱氏
に代わる「勝てる候補」を探し出さなければ、政権を失う可能性がさらに高まる。

 朱氏の不出馬表明は中国側にとっても“変数”となりかねない。国民党関係者によると、中国側
は、共産党と国民党の交流の一環として13年以降、朱氏の義父が会長を務めるシンクタンクを通
じ、関係を築こうとしてきたとされる。

 中国側は一方で、民進党を「台湾独立派」と見なして接触を避けてきた。しかし、地方選での同
党の大勝で、「中国側は方針を変え、民進党との接触を図るはずだ」(童振源政治大特任教授)と
の指摘もあり、朱氏の不出馬表明は、中国の民進党接近に拍車をかける可能性が高い。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となってい
 ます。5月1日から消費税対応価格の台湾食品をご案内しております。

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

★沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いた
 だきます。【2014年11月14日】

・台湾点心セット 2,650円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

・台湾産天然カラスミ 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

● 李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,