映画「KANO」が描く日台の絆  池井 優(慶応大学名誉教授)

映画「KANO」が描く日台の絆  池井 優(慶応大学名誉教授)
1月24日に日本公開の台湾映画「KANO」が順調にヒットしているようだ。東京で最初に上映
した「新宿バルト9」では、3週間目となったいまも18時40 分から上映している。

 慶応大学名誉教授の池井優(いけい・まさる)氏が昨日の産経新聞「正論」欄でこの映画を取り
上げ、これまでになくとても上手に紹介しつつ「なぜ現在、台湾の人々がこの映画に共感するの
か、ぜひ見て考えてほしい」と結んでいる。

 この映画の魅力や映画製作舞台裏に迫った特別番組「甲子園台湾代表?! KANO(カノ)感動の歴
史秘話」 が、明日2月15日、BSフジで全国放送される。

 まだまだ上映は続く。この映画を通じて、台湾と日本の歴史的つながりを見直すきっかけとして
いただきたいものだ。

◆BSフジ14:30〜14:54「甲子園台湾代表?! KANO(カノ)感動の歴史秘話」
 http://www.bsfuji.tv/top/pub/kano_kan.html

◆映画「KANO」公式サイト
 http://kano1931.com/


映画「KANO」が描く日台の絆 慶応大学名誉教授・池井優
【産経新聞:2015年2月13日「正論」】

 台湾全島が熱狂した。昭和6年、全国中等学校優勝野球大会に台湾代表として出場した嘉義農林
が、内地の代表を次々と下し、決勝戦に進出したのだ。現在、夏のビッグイベントとなった甲子園
球場を舞台に繰り広げられる高校野球の大会に、当時日本の統治下にあった台湾から代表としては
るばる海を渡ってやってきた台湾南部の嘉義のチームの健闘は、台湾のみならず、全国の人々に感
動を与えた。日本人、台湾人、台湾先住民からなる混成チームの善戦、健闘が大きな要因であっ
た。

◆忘れられた嘉義農林の活躍

 日清戦争の結果、台湾を領有した日本は、植民地統治の一つとして野球を利用した。野球を普及
させると同時に、満州、朝鮮とともに外地の中学の代表を日本で行われる全国大会に参加させ、内
地との一体化を図ったのである。

 だが、やってくるチームの選手はほとんどが日本人であった。現地で生活する日本人子弟が通学
する学校が予選を勝ち抜いて出てくるのが通例だったのだ。

 台湾代表も大会参加以来、台北一中など日本人選手で構成される台北のチームが8年連続して甲
子園にやってきた。しかし、近藤兵太郎が南部の嘉義にある農林学校の監督を引き受け、民族にこ
だわらず選手を集め、猛練習で鍛えた結果が台湾の地方大会を勝ち抜き、代表として海を渡って甲
子園への道へとつながったのである。

 この嘉義農林の活躍は戦後の台湾ではほとんど忘れられた出来事であった。50年にわたって統治
した日本に代わって台湾を統治することになった国民党政権は、日本時代の遺産を払拭するため、
野球もその対象とし、ましてや3民族結束がもたらした甲子園の成果など消し去りたかったのだ。

 だが、リトルリーグの世界選手権優勝など、野球が台湾の一体化に効果があると判断した政権の
方針変更で、ついにはプロ野球まで創設されるに至った。こうした状況の変化の中、先住民が日本
に対し反乱をおこした霧社事件を扱った映画「セデック・バレ」を制作した魏徳聖(ウェイダー
ション)監督が、この映画のリサーチ中に資料を見つけ、「これは!」と思い、存命中の出場選手
はじめ関係者にインタビューするなどして脚本を仕上げた。

◆徹底した人選と演技指導

 野球のみならず、ダムを建設し嘉義と台南の平野部を一大穀倉地帯に変え、今日でも台湾で尊敬
されている八田與一を登場させるなどストーリーを作っていった。

 問題は監督と演じる俳優の人選であった。魏は野球経験があった「セデック・バレ」の俳優を監
督に抜擢(ばってき)し、一番のキーとなる近藤兵太郎監督役には香港映画にも出演したことのあ
る演技派の永瀬正敏を起用した。

 野球をテーマとする映画で難しいのはフォームやプレーがひどいとしらけることだ。約千人の野
球経験者の中から13人が選ばれた。特に嘉義農林のエース兼4番の呉明捷役には名門輔仁大学の現
役外野手、曹佑寧(ツァオヨウニン)が抜擢され徹底的な演技指導を受けた。

 企画から4年、2014年2月に完成した映画「KANO」は、全島優勝時を再現して台北から特別列
車を仕立て、関係者一同が嘉義に向かい、駅からかつての嘉農の練習場へとパレードした。6万人
以上が参加し、冒頭から大変盛り上がった。上映開始にあたり「日本の植民地支配を美化するの
か」「あんな映画は見るな」といった声も聞かれた。関係者は「見てから批判してほしい」と訴
え、一度上映されると大変な人気を呼んだ。

◆人々に広がる感動と共感

 台湾では映画のエンディングマークが出ると、配役、制作関係者、協力者の名がスクリーンに
映っている最中でも、観客はどんどん帰ってしまうのが普通だが、「KANO」に限って「終」と
同時に場内から拍手が起こり、主題歌が終わるまで誰も席を立たなかったという。

 3民族が協力して近藤監督のもと必死のプレーを見せる、特に甲子園にきて決勝進出まで3連投、
決勝の対中京商業戦では右手人さし指の爪が割れ血染めのボールを投げ続ける呉投手と、それを励
ます監督とチームメートの姿に台湾の若い層は感動のあまり涙を流し、目をぬぐいながら映画館を
出てくるありさまだった。

 史実とは若干時期のずれがあるが、ダムの完成で水田に水が流れていくもようと嘉義農林の甲子
園出場決定をダブらせる手法も効果的で9月に再上映となった。昭和6年の台湾と日本を舞台とする
ため、近藤監督と選手の会話はじめ住民の話す言葉のほとんどが日本語で観客は字幕で理解する以
外ないのだが、青春ドラマ、人間ドラマとして純粋に楽しめる内容が共感を呼んだ大きな要因で
あった。

 日本でも1月末から限られた映画館とはいえ、全国で上映が開始された。中国、韓国との関係が
ぎくしゃくする昨今だが、戦前の台湾でこうした出来事があったこと、なぜ現在、台湾の人々がこ
の映画に共感するのか、ぜひ見て考えてほしい。             (いけい まさる)

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/
ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム *new
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm

●パイナップルケーキの入荷再開まで案内を中止します!
台湾で起きている食品安全問題で、台湾からの輸入食品全般に対する日本の税関の検査が厳しく
なった関係で入荷がストップしています。入荷再開まで案内を中止します。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

★沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・台湾点心セット 2,650円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

・台湾産天然カラスミ 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・李登輝著『新・台湾の主張』 *new
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』 *new
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,