台頭する「仇日」思想 尖閣で強硬姿勢の台湾・馬政権

台頭する「仇日」思想 尖閣で強硬姿勢の台湾・馬政権
【6月16日 MSN産経ニュース】

 【台北=長谷川周人】尖閣諸島・魚釣島(中国語名・釣魚台)近海の日本領海で日本
の巡視船と接触した台湾の遊漁船が沈没した事故で、台湾の馬英九政権は強硬姿勢を強
めているが、背景には5月の政権交代後に台頭する「中華民族主義」に根ざす反日的な
「仇日(きゅうにち)」思想がありそうだ。

 事故発生から2日後の12日、遊漁船の母港がある台北県の周錫●(=偉のにんべんを
王に)県長(知事)が、日本の在台代表機関、交流協会台北事務所前で抗議デモを展開。
反日団体メンバーら60人前後とともに日本政府に謝罪と賠償を求め、馬英九政権の対日
姿勢を「軟弱」と批判した。

 外省系(中国大陸籍)で中国国民党出身の周県長は2006年、台湾先住民出身の元日
本兵「高砂義勇兵」の戦没者らを祭る記念碑を、「日本の軍国主義をあおっている」と
決めつけ閉鎖。無関係の慰安婦問題まで持ち出して強硬姿勢を示すなど、厳しい対日史
観を持つ急進的な中華民族主義者と指摘される人物だ。

 一方、馬英九総統は周県長らの突き上げに押される形で、尖閣は「中華民国の領土」
とする総統府声明を発表した。これより先、交流協会の池田維代表が欧鴻錬外交部長
(外相)に日本の立場を説明していたが、その後も劉兆玄行政院長(首相)の「開戦も
排除しない」との発言が飛び出し、欧部長は台湾の在日代表機関、台北駐日経済文化代
表処の許世楷代表の召還と、外交部内に対日関係強化部門として設置された「日本事務
会」の廃止を決めた。

 駐日代表の召還をめぐっては、過激な対日批判を繰り返してきた台湾メディアの中に
も、外交戦術として「無謀」(中国時報)との指摘も出始め、野党・民主進歩党の蔡英
文主席は15日、「やりすぎだ」と冷静さを取り戻すよう呼びかけた。

 しかし、15日夜には反日市民団体の「保釣行動連盟」が尖閣上陸を目指して台湾を出
発。一部立法委員(国会議員)は18日に海軍フリゲート艦で尖閣周辺海域に向かう姿勢
を崩しておらず、状況はなお予断を許さない。


●本誌の転載転送を歓迎
 本会活動をより多くの方々にご理解いただきたく、転載転送をお願いします。その際、
 本誌からの転載転送である旨を記していただければ幸いです。

●日本李登輝友の会へのご入会─入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。

 ■入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 このところ、本誌「メールマガジン日台共栄」が届かなくなったという方が続出して
 います。通常は週に3回以上発行しております。購読を解除したわけでもないのに届
 かなくなったという場合は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬


[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,