台湾人の運転、19日解禁 道内旅行をレンタカーで

台湾人の運転、19日解禁 道内旅行をレンタカーで
全日空、JTBパック商品続々

 6月14日、衆議院で道路交通法が改正された。台湾の運転免許証を持っていれば日本国
内で自動車運転ができるようになる。いよいよこの9月19日から施行される。一昨年9月
の台湾人観光客へのノービザ実施に続く措置となり、日台の交流はますます盛んになる
だろう。

 台湾の観光客が27万人も押し寄せる北海道では、全日空が往復航空券にホテルとレン
タカーを付けた商品の予約販売を始め、JTBも、ホテルとレンタカーをセットにした
商品を19日に発売することを北海道新聞が報じている。

 この改正道交法の施行により、許世楷代表(大使に相当)が「もう一つの平等互恵原
則の具体的な進展となる。わが方も速やかにこれに対する措置を講ずる」と、日本の運
転免許証が台湾で使用できるようになることを示唆していたように、台湾側も早々の施
行を目指している。                         (編集部)


台湾人の運転、19日解禁 道内旅行をレンタカーで
全日空、JTBパック商品続々
【9月14日 北海道新聞】

 台湾の自動車運転免許証が十九日から日本国内でも使えるようになるのに合わせ、全
日空とJTBの両グループは、ホテルとレンタカーをセットにした道内旅行パック商品
を全国に先駆けて投入する。道内への台湾人の入り込み数は年間約二十七万人と人気は
根強く、リピーターも増加傾向にある。車で自由に周遊する個人旅行の潜在需要は高い
とされ、両グループは新商品を通じて、新たな客層の掘り起こしを目指す。

 全日空では系列旅行会社のANAセールス(東京)が、台湾−新千歳直行便を運航す
るエバー航空などと提携、八月末から台湾で、往復航空券にホテルとレンタカーを付け
た三泊四日の商品の予約販売を始めた。

 商品は登別・富良野・札幌、登別・洞爺湖・札幌の二ルートで、中国語の話せるスタ
ッフが新千歳空港で旅行者を出迎え、レンタカー手続きなどを手助けする。また、旅行
期間中のトラブルなどにも、電話を通じて助言を行う。

 料金は日本円で一人八万円台から用意。今回は試験販売とし、期間を二十五日から十
月三十一日までの約一カ月間に限定したが、同社は「結果を分析したうえで、本格商品
として売り出していく」としている。

 一方、JTBでは、アジア専門のJTBエイティーシー(東京)が京王プラザホテル
札幌などと提携し、同ホテル一泊(二人分)とレンタカー(十二時間使用)をセットに
した商品を十九日に発売する。

 車種が小型車からワゴン車まで、十五種類から選べるほか、日程の延長にも応じる。
料金は一泊の基本商品で三万円弱(閑散期)から用意。同社も中国語が話せるスタッフ
が電話で相談に応じることにしており、来年三月末までに「千人分は販売したい」と目
標を掲げている。

 台湾は、国際運転免許証交付に必要な国際条約に加盟していないが、観光立国を推進
する国の方針により、規制緩和された。


●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬


[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,