台湾で神になった日本兵「飛虎将軍」 その気概は今も自衛隊のパイロットに受け継がれている

ちょうど20年前になる。当時、高千穂商科大学教授だった名越二荒之助(なごし・ふたらのす
け)氏と日華交流教育会専務理事で東方国際学院院長だった草開省三(くさびらき・しょうぞう)
氏の編纂により、96編に及ぶ日本と台湾の心温まる交流の歴史に、260枚の関連写真を添えて『台
湾と日本・交流秘話』(展転社、1996年4月刊)が出版された。

 この96編の中に、神様として祀られた日本人として義愛公こと森川清治郎(もりかわ・せいじろ
う)巡査や飛虎将軍の杉浦茂峯(すぎうら・しげみね)海軍兵曹長も紹介している。

 その他にも、芝山巌事件で犠牲となった六士先生や、蓬莱米の父と母と慕われている磯永吉(い
そ・えいきち)と末永仁(すえなが・めぐむ)、最後の台南市長として敬愛されている羽鳥又男
(はとり・またお)、大甲の聖人と言われる志賀哲太郎(しが・てつたろう)などの事績を紹介し
ている。八田與一ももちろん取り上げられ、高砂義勇隊記念碑や潮音寺についても取り上げてい
る。ほとんどの物語が日本で初めて紹介されたと言ってよい。

 今朝の産経新聞「産経抄」は、昨日、杉浦命の神像の里帰りが実現し、水戸市の護国神社で慰霊
祭が行われたことを伝え、台湾の富安宮に神として祀られている森川清治郎の事績と併せて紹介し
ている(下記)。

 杉浦命は水戸市の五軒尋常小学校、三の丸尋常高等小学校を卒業していることから、水戸市では
ホームページに「『飛虎将軍』故杉浦茂峰氏について」というコーナーを開設し、生家である茨城
県信用組合農林水産部ビルに飛虎将軍を紹介するパネルを設置したという。

 『台湾と日本・交流秘話』を編纂し、本書で杉浦命の事績を紹介した名越二荒之助氏は2007年に
亡くなっている。出版から20年という節目の年に、杉浦命の神像が里帰りし、水戸市が杉浦命を慰
霊顕彰していることに、名越氏も泉下で嘉されていることだろう。

 飛虎将軍廟は台南市内にあり、明日から頼清徳市長が来日する。台南市は仙台市との姉妹都市を
2006年に結んで以来、5つの自治体と都市間提携を結んでいる。杉浦命を機縁に、水戸市と台南市
の本格的交流がはじまることを期待したい。

 ちなみに、杉浦茂峯命は靖國神社に祀られているご祭神。水戸市のホームページなどでは杉浦茂
「峰」と表記しているが、靖國神社のご祭神票では杉浦茂「峯」と表記している。

◆「飛虎将軍」故杉浦茂峰氏について[水戸市ホームページ:9月21日]
 http://www.city.mito.lg.jp/000271/000273/000284/bunka/p015801.html


台湾で神になった日本兵「飛虎将軍」 その気概は今も自衛隊のパイロットに受け継がれている
【産経新聞:2016年9月23日「産経抄」】

台湾では南部を中心にあちこちで、日本人が神として祭られているらしい。日本の統治下に入って
まもなく、嘉義県(かぎ)の村に赴任した森川清治郎巡査もその一人である。森川巡査は学校を造
り、飢饉(ききん)の際は村人に食べ物を配った。役所が増税を決めると、軽減を訴えた。

▼そのため懲戒処分となった森川巡査は、自ら命を絶った。約20年後、村の周辺でコレラが流行す
る。「環境衛生に注意しなさい」。ある晩、村長の夢に出てきた森川巡査のお告げに従うと、混乱
が収まった。村人たちは「義愛公」の尊称をつけ、ご神体を造るに至る。

▼先の大戦末期に台南市で戦死した杉浦茂峰(しげみね)少尉は、現地で「飛虎将軍」として、祭
られている。杉浦少尉もまた今年春、廟(びょう)を訪れた日本人作家の夢枕に立った。「故郷の
水戸に帰りたい」。このお告げが契機となって、杉浦少尉の神像の里帰りが実現する。昨日、水戸
市の護国神社で慰霊祭が行われた。

▼零戦の搭乗員だった当時20歳の杉浦少尉は、来襲する米軍機を迎撃中に被弾した。脱出が遅れた
のは、集落への墜落を避けようと、できるだけ遠ざかろうとしたためだ。空中爆発の直前にパラ
シュートで降下する途中、米軍機の機銃掃射を浴びた。地元の守り神となった所以(ゆえん)であ
る。

▼平成11年11月、航空自衛隊の練習機が、埼玉県狭山市の入間川河川敷に墜落し、2人の自衛官が
殉職する事故があった。原因は、エンジントラブルである。操縦していた2人は、住民の巻き添え
を避けるために、危険回避のコースを最後まで取ろうとした。

▼墜落直前に脱出したときは、高度が足りず、パラシュートが十分開かなかった。「飛虎将軍」の
気概は、今も自衛隊のパイロットに脈々と受け継がれている。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*現在、パイナップルケーキの在庫が切れご迷惑をお掛けしております。入荷は9月中旬となる予
 定です。【2016年8月10日】

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟─第四次産業革命は東アジアで爆発する』 *new
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』 *new
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,