児玉神社100年祭に参加して【神奈川県支部長 石川公弘】

児玉神社100年祭に参加して【神奈川県支部長 石川公弘】
李登輝さんを「建国の父」と仰ぐ台湾少年工の誇らしげな顔が次々と浮かんだ

児玉神社100年祭に参加して

                      神奈川李登輝友の会支部長 石川 公弘

 今年は児玉源太郎大将が、明治39年(1906年)7月23日に没してから、ちょうど100年と
なる節目の年です。児玉源太郎大将をご祭神として祀る江ノ島の児玉神社では、7月23日、
その100年祭が盛大に行われ、私たち日本李登輝友の会神奈川支部も役員が参加しました。

 児玉源太郎大将は、日本陸軍の中枢として、また政治の柱石として、大活躍された明治
の偉人です。陸軍大臣、文部大臣、内務大臣などの要職を歴任しましたが、その名を最も
高めたのは、総参謀長として、日露戦争を見事勝利に導いたことです。

 その一方、児玉源太郎将軍は、台湾総督を9年間にわたって務められ、植民地経営の天才
・後藤新平などを登用して、台湾の近代化を促進し、多くの台湾人に慕われました。江ノ
島は、児玉源太郎大将がこよなく愛されたゆかりの地で、創建に当っては、台湾の方々か
ら多額の奉賛があり、建築には全て台湾檜が用いられました。

 今次大戦中、8.400名の台湾少年工なる人たちが、当時の神奈川県高座郡(今の大和市や
座間市)にあった高座海軍工廠で、戦闘機製造に従事しました。働きながら中学校卒業の
資格を得ようと、志願して来た彼らの唯一の楽しみは、休日に江ノ島へ行くことでした。

 食物の豊かな台湾から、食糧不足の内地へ来た少年たちにとって、江ノ島は当時つぼ焼
きが食べられる数少ない場所でした。つぼ焼きを食べること、児玉源太郎元台湾総督を祀
る児玉神社に参拝すること、故郷に続く海を見ること、それが楽しみでした。

 “この海が台湾につながっている”、“海のむこうに故郷台湾がある”、そう思うと心
が和んだといいます。平均14〜5歳の少年たちにとって、望郷の念はたいへん強いもので
した。島崎藤村の「椰子の実」を口ずさんで、涙したという話も聞きました。

 名も知らぬ遠き島より
  流れ寄る椰子の実一つ
   故郷の岸を離れて
    なれはそも波に幾月

 敗戦により、8.400名の台湾少年工の人たちは、志半ばで台湾へ帰りました。そして、幾
多の試練に遭いながら、逞しく生き抜きました。彼らはその技術で、台湾の工業化に貢献
しただけでなく、李登輝さんの目指す台湾民主化に、その尖兵として活躍しました。

 李登輝さんの書かれた扁額「兒玉神社」が除幕されたとき、私には、李登輝さんを「建
国の父」と仰ぐ彼らの誇らしげな顔が、次々と浮かんできました。そして、日本と台湾が
、特に神奈川と台湾が、強い絆で結ばれていることを感じたのです。

[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , ,