中間層取り込み躍起 与野党、かすむ対立軸 台湾総統選 22日告示

中間層取り込み躍起 与野党、かすむ対立軸 台湾総統選 22日告示
【2月22日 西日本新聞】

 【台北21日小山田昌生】3月22日投開票の台湾総統選は22日告示され、民主進歩党(
民進党)政権の維持を図る謝長廷・党主席代行と、8年ぶりの政権奪回を目指す最大野
党・中国国民党の馬英九・前党主席による一騎打ちの選挙戦が本番を迎える。統一・独
立といった従来の対立軸がかすむ一方で、両陣営はともに「経済重視」「中国との交流
拡大」を政策の中心に掲げ、中間層の取り込みに躍起となっている。

■経済重視共に訴え 国民党・馬氏 民進党・謝氏 対中交流も前向き

■陳政権への失望

 「年間経済成長率6%(2007年は5.7%)」「12年の失業率3%以下(同3.9%)」
─。馬氏は経済政策の目標として具体的数値を提示。さらに8年間で2兆6500億台湾元
(約9兆円)の公的投資を実施し、交通網整備や新産業育成、農村再生などを進める
「十二大建設」を掲げ、過去の国民党政権下で成し遂げた高度成長の再来をアピールす
る。

 馬陣営幹部は「民進党政権の8年間は『経済鎖国』の状態だった。台湾の資金や人材
は中国市場を活用できず、台湾経済は衰退した」と指摘。国民党が政権を握れば、中国
との関係も改善し「目標は必ず達成できる」と自信を込める。

 対する謝氏は、公平な社会や環境とのバランスのとれた「幸福経済」をスローガン
に、「若者向け低価格住宅建設」「被雇用者の税負担軽減」などを提示。弱者への配慮
や中小企業対策に重点を置く姿勢を強調する。

 両陣営が「経済」を最重点に掲げるのは、陳水扁政権が「脱中国化」「蒋介石の権威
否定」などを強引に進めた一方、経済政策で実績を示せず、1月の立法委員(国会議員)
選挙で民進党の歴史的惨敗を招いたことが背景にある。

■地位は現状維持

 対中関係についても、両陣営は共に「中台直行便の拡大」「台湾企業の対中投資規
制緩和」などを掲げ、程度の差はあるが、経済交流拡大は既定路線となっている。謝氏
は今週、台湾支配下の金門島(福建省沖)に中国の胡錦濤国家主席を招請する考えを表
明し、陳政権下で途絶えていた対話の再開にも意欲を示す。

 台湾の地位については謝氏が「事実上独立している」との認識を示す一方、馬氏は「
(任期中は)統一も、独立も、武力行使もしない」と主張しており、スタンスは異なる。
だが、両氏とも統一や独立に向けた具体的行動を起こすことには慎重で、「当面の現状
維持」を望む台湾世論の大半の意向に沿った形だ。

■馬氏なおリード

 地元紙・蘋果日報が今月中旬に実施した世論調査によると、馬陣営の支持率36%に対
し謝陣営は19%と、17ポイントの開きがある。だが、地元テレビが伝えた民進党内部の
データでは、その差は7ポイントまで縮まっているという。

 謝陣営は、馬氏が過去に取得した米国永住権について具体的説明を避けていることを
追及するとともに、台湾土着政党の候補として有権者の「台湾人意識」に訴え、最後の
逆転に望みをかける。24日から始まるテレビ討論では、両候補の政策の具体論や「指
導者の資質」についても、論戦が繰り広げられそうだ。


●日本李登輝友の会へのご入会─入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。
 ■入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 このところ、本誌「メールマガジン日台共栄」が届かなくなったという方が続出して
 います。通常は週に3回以上発行しております。購読を解除したわけでもないのに届
 かなくなったという場合は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!

 現在登録しているマガジン名やマガジンIDが分からない方は、下記アドレス宛に空
 メールをお送りください。折り返しメルマ!事務局からご登録マガジンの一覧が送ら
 れてきます。
 ■登録マガジンお取り寄せアドレス ⇒ maglist@melma.com


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬


[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,