中国の実務協議全面ストップで苦境に立たされた馬英九政権

中国の実務協議全面ストップで苦境に立たされた馬英九政権
これは「太陽花学運(ひまわり学生運動)」の成果だ。台湾でサービス貿易協定の立法院審議が
ストップしたまま1カ月以上経ち、中国側がついに我慢できなくなり、台湾との航空、観光、海運、
郵政などの重要な議題について協議を停止したという。

 今朝の産経新聞は、吉村剛史支局長の後任として6月1日付で赴任している田中靖人支局長が
「サービス貿易協定と並行して進めてきた、関税減免に関する『物品貿易協定』の交渉も日程が決
まらない状態」であり、「経済部(経産省)の事務次官は9日、台湾メディアに対し、物品貿易協
定の交渉中断を認めた上で、年内を目指していた締結は『ほぼ可能性がない』と述べた」と報じて
いる。

 これは、中国お得意の恫喝外交だ。相手が弱いと見れば必ずこの手を使う。

 馬英九政権下の2009年8月、台風による大水害が台湾を襲い700名近い死者を出した「八八水害」
と呼ばれる大参事が起こった。高雄県の小林村が土石流で水没して住民約400人が亡くなった。こ
のとき陳菊・高雄市長ら台湾南部の7つの県と市の首長が連名でダライ・ラマ法王の台湾訪問を招
請、台湾政府がダライ・ラマ法王へのビザ発給を発表するや、中国は「ダライは単純な宗教者では
なく、宗教の旗の下に国家分裂活動を進めている」として断固反対を表明する。表明するだけでな
く、台湾関係イベントへの要人出席を取り止め、高雄など台湾南部への観光客をストップした。

 観光客も恫喝外交に使うのが中国の常套手段で、共産党独裁政権の為せる荒業だ。今回は実務協
議を停止してサービス貿易協定の審議を促そうという腹のようだ。

 馬政権は果たしてどう対応するのか、馬英九総統が指導力と胆力を問われる場面がまた訪れた。
中国の恫喝外交に屈すれば「太陽花学運(ひまわり学生運動)」を支持した民意の反発を買うのは
必至だ。


中国大陸側が各種協議を中断・・・台湾当局、対策に「おおわらわ」
【Searchinaニュース:2014年6月9日】

 台湾紙「経済日報」によると、中国大陸側はこのところ、台湾と進めてきた各種協議を中断して
いる。国民党による馬英九政権が2008年に発足してから初めて事態で、台湾当局は対策に「おおわ
らわ」の状態という。

 台湾では、馬英九総統が大陸側とのサービス貿易協定の締結を強引に進めたとして、学生らが猛
反発。3月18日から4月10日まで、日本の国会に相当する立法院を占拠する異常事態になった。立法
院側(王金平立法院長)が、大陸側との協議を監視する法令を作ると約束したことで、学生らは立
法院占拠を解いた。

 なお、王立法院長は馬英九総統と同じ国民党の所属だが、馬英九総統(党主席)と激しく対立
し、党籍剥奪問題をめぐって裁判で争っている(一審は王立法院長の勝訴で、党籍剥奪は認められ
ず)。

 これまで大陸との各種協定については「外交ではない」との「中華民国としての建て前」にひき
ずられ、行政院(台湾政府)の決定に立法院が影響をもたらすことは難しかった。大陸側との協議
を監視する法令が成立すれば、行政院の動きは大きく制限される可能性がある。

 大陸側は、航空、観光、海運、郵政などの重要な議題についても台湾側との協議を停止した。20
14年後半に「立法院における、台湾・大陸の協定を監視する法令と、サービス貿易協定の議事の進
み方を見て、協議を続けるかどうか改めて決定」との考えを示したという。

 現在は、台湾と大陸を結ぶ航空便の増便、大陸からの旅客についての、台湾側の受け入れ人数
と、「台湾に滞在した後、別地域への移動」するのとの可否、大陸側における「台湾への自由旅行
を向止める地域の拡大」など、多くの協議が中断している。

 台湾・立法院におけるサービス貿易協定の審議は、1カ月以上にわたりストップしたままであ
り、さまざまな分野における中国大陸側と台湾側の協議が再開されるめどは立っていない。

 馬英九政権はこれまで、中国大陸との交流を強化することで、経済水準を維持しようと腐心して
きた。そのため、中国大陸との協議中断という事態を補完するために、さまざまな対策を取りつつ
あるという。

**********

◆解説◆

 馬英九総統と王金平立法院長は、国民党が民進党に政権を奪われた時期から、一致団結して各選
挙戦を戦い抜き、政権奪回に成功させた「黄金のコンビ」だった。

 不仲になったのは、王立法院長が国会運営において、野党である民進党の立場などをよく配慮し
たため、馬英九総統が「通したい法案がさっぱり通らない」とのいらだちを抑えられなくなったか
らだとされる。

 王立法院長は、馬英九総統について「職権乱用をしてまでも、民進党を攻撃する。手段を選ばな
い」と批判的だった。

 馬英九総統は本籍地が湖南省。両親が共産党勢力から逃れて脱出した香港で生まれ、直後に台湾
に移った。台湾で「外省人」と呼ばれる、共産党との戦いに敗れて台湾に逃れた国民党関係者や支
持者とその子孫のひとりだ。

 王立法院長は、台湾南部の高雄市の出身。日本統治下の1941年生まれだ。日本が中国(当時は中
華民国)に引き渡す1945年以前からの台湾住民とその子孫を指す、「本省人」の一員ということに
なる。そのため、馬英九総統と王金平立法院長は「発想の出発点が、そもそも異なる」との指摘が
ある。

 国民党は、「台湾は中国の一部。長期的な視野では大陸との統一を目指す。ただし共産党主導の
統一には反対」との立場だ。

 ただし王立法院長は国民党による「台湾の地位問題についての理解」には必ずしも同調しておら
ず、「台湾独立も選択肢の1つ」と発言したことがある。馬総統は、「中華民国にとって」を基準
に判断しがちになるのに対し、王立法院長は「台湾にとって」が最優先と解釈することもできる。

 台湾の総統には極めて大きな権限があるため、失政を招いても罷免は事実上、不可能とされる。
任期は4年間で、2期までが認められている。そのため、1期目には次の総統選があるために民意に
配慮するが、2期目には自らの考えに固執して暴走しかねず、その場合には歯止めが効かなくなる
との指摘がある。

                                 (編集担当:如月隼人)

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となってい
 ます。5月1日から消費税対応価格の台湾食品をご案内しております。

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 2014年・黒葉ライチお申し込み 【締切:6月16日】
PC用 : https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn
携帯用 : https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn

● 2014年・台湾アップルマンゴーお申し込み 【締切:7月22日】
PC用 : https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz
携帯用 : https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

※現在、パイナップルケーキは在庫切れで、6月下旬に入荷予定です。

・台湾産天然カラスミセット 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
*同一先へお届けの場合、10枚まで700円
・パイナップルケーキ 2,480円+送料600円(共に税込、常温便)
*同一先へお届けの場合、10箱まで600円
・台湾飲茶セット 3,620円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

・『台湾アイデンティティー』 *new
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック *new
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)

●「台湾フルーツビール・台湾ビール(金牌・瓶)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,