【新刊紹介】喜安幸夫氏原作の『日中激戦!!東シナ海−日・中・台震動2010』

【新刊紹介】喜安幸夫氏原作の『日中激戦!!東シナ海−日・中・台震動2010』
今や『大江戸番太郎事件帳』、『献残屋』はたまた『菅原幻斎怪異事件控』などの時代
小説作家として名を馳せている喜安幸夫(きやす・ゆきお)氏は、一方で『台湾の歴史』
や『台湾島抗日秘史』の著者として、あるいは「台湾週報」の前編集長として台湾関係者
にはよく知られた方だ。また、これまでに『日本中国開戦−激震襲う台湾海峡』や『新日
中戦争−尖閣諸島を奪回せよ!!』(いずれも学研の歴史群像新書)など、日中が軍事衝突
する近未来シミュレーション小説も発表している。

 昨年7月末、その第3弾として『日中激戦2010−東シナ海艦隊決戦』を出版した。

 上海万博の開催を目前にした2010年4月、尖閣諸島近海で遭難しかかった自衛官が見か
けた怪しい光から物語ははじまり、中国が尖閣諸島へ侵攻を企て、迎える日本は自衛隊を
真に戦える組織とするための新兵器の量産に入る。「鷹」と称される無人戦闘機(UAV)
や「鮫」と称される無人潜航艇(UUV)など日本の最新兵器として登場する。そして、
日本に新政権が樹立され、日本と中国の間で戦端が開かれる……。

 この『日中激戦2010−東シナ海艦隊決戦』を原作に、このたび学研の歴史群像コミック
スとして『日中激戦!!東シナ海−日・中・台震動2010』(作画:細井雄二)が出版された。

 小説と違ってかなり単純化されているので、読みやすい。なぜ日本は中国の覇権主義、
膨張主義に立ち向かうのかがよくわかる。

 このシリーズには小崎原英敬(おざきばら・ひでたか)なる代表が率いる「日台フォー
ラム」なる台湾研究フォーラムを模したと思われる民間団体が出てきて、日台関係を結ぶ
重要な役どころを担っているのも見逃せない。

 下記に原作の『日中激戦2010−東シナ海艦隊決戦』も併せてご紹介したい。 (編集部)

■著者 喜安幸夫、細井雄二
■書名 日中激戦!!東シナ海−日・中・台震動2010
■体裁 四六判、並製、174ページ
■版元 学研(RGC歴史群像コミックス)
■定価 1050円(税込)
■発売 平成21年7月10日
 http://shop.gakken.co.jp/shop/order/k_ok/bookdisp.asp?code=1960705300

■著者 喜安幸夫
■書名 日中激戦2010−東シナ海艦隊決戦
■体裁 新書、256ページ
■版元 学研(歴史群像新書)
■定価 980円(税込)
■発売 平成20年8月1日
 http://shop.gakken.co.jp/shop/order/k_ok/bookdisp.asp?code=1340385300

[RelationPost]

タグ: , , , , ,