【投稿】鬼の金美齢、仏の周英明[台湾研究フォーラム事務局長 古市 利雄]

【投稿】鬼の金美齢、仏の周英明[台湾研究フォーラム事務局長 古市 利雄]
本日は周英明先生の一周忌です。11月6日発行のメルマガ「台湾の声」に古市利雄・台
湾研究フォーラム事務局長の心温まる投稿が掲載されましたので、転載してご紹介しま
す。                                 (編集部)


鬼の金美齢、仏の周英明

                     台湾研究フォーラム事務局長 古市 利雄

 周英明先生(金美齢氏のご主人)がお亡くなりになって、間もなく一年になる。

 一年前、私はまだ台湾留学中だった。訃報を聞いて、台北の狭い部屋でひとり泣いた。
いや、止めどなく涙が溢れた。嗚咽とはあのことだろうか。誰か人のためにあんなに涙
を流したことはなかった。

 生涯忘れることのできない、すばらしい笑顔を持った方に巡り逢えるものだろうか。
私の場合、それは周英明先生だった。

 初めて周先生にお会いしたのは、2001年12月「金美齢と行く、頑張れ台湾ツアー」と
銘うった、立法委員(国会議員)選挙視察ツアーに参加したときのこと。

 参加者、120人が分乗した3台のバスをまわって、私たちに台湾のことをいろいろとお
話してくれた。私が質問したのは、「第三次国共合作はありえますか?」。当時、台湾
初心者のわりにはいいところをついていたのではないかと思う。

 それから何度となくお話を伺い、教えを受け、初めて日本と台湾がともに歩んだ歴史
を知ることができたのも周先生のおかげだ。

 「日本と台湾のためにがんばりたい」「日台の絆を受け継いでいきたい」──
 そう心に決めた。

 それだけに何か一つでもがんばれたところを、周先生にお見せすることができなかっ
たのが悔しくてたまらなかった。

 先日、金美齢先生にお会いし、一冊の本をお渡しした。

 『李登輝訪日 日本国へのメッセージ』、実は駆け出し編集者の私が初めて担当する
ことになった作品だ。おかげさまで多くの方々からご好評をいただいている。

 金先生からも「いい写真だわ」「こうした記録集は必要よね」と、お褒めの言葉をち
ょうだいすることができた。

 せめてこの本を周先生にお見せしたかった。

 以前、二・二八事件についてご講演された際、金先生との共著『日本よ、台湾よ』に
サインをいただいた。2002年2月28日の日付が入ったこの本は、私の一生の宝物だ。

 金先生からもサインをいただこうと駈け寄ると、「先に周先生よ」とおっしゃられた。
一見すると夫婦ではなく「婦夫」とでもしたくなるくらい、金先生が前に出ている印象
も受けるが、あのとき「なるほど」と、ご夫婦であるお二人の関係を垣間見ることがで
きた気もした。

 「私たち夫婦は結ばれたその日からずっと二人でひとりだった。けれども、夫が先立
ったこれからは、夫のためにもひとりで二人分、がんばって生きていかねばならないの
だ」

 お二人の生い立ち、留学した日本での出会い、台湾独立運動に参加したがために祖国
台湾に帰ることを許されず、いつ強制送還されるかわからない生活、そしてご主人との
最後を綴った『夫婦純愛』(小学館)からの一節。

 生前、周先生は「グラスルーツ(一般大衆)の交流が大切なんだよ。私たち一人ひと
りが繋がっていれば、政府だって何だって動かせる」と、おっしゃっていた。

 その思いに応えていきたい。私にできることはそれくらいだが、それが大きな力とな
ると周先生が教えてくれた。

 周先生、金先生お二人の思いは「台湾の独立建国と日台友好関係発展のために」とい
うことではないだろうか。

「金先生、おひとりではないですよ。私たち日本人は台湾を応援しています」

 私が言えるのはこんな安っぽい言葉。未熟者の証で恥ずかしいが、正直な気持だ。

 そして、周先生──

 「僕、がんばります」


■著者名: 著/金 美齢
■ISBNコード: 9784093877473
■判型/頁 : B5変/224頁
■定価: 1,365円(税込)
■発売日: 2007/10/15『夫婦純愛』(小学館)

■小学館ホームページ
 http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/solrenew_detail?
 isbn=9784093877473


大阪日台交流協会 第6回講演会

■日 時 平成19年11月10日(土)
     14:30受付 15:00開演 17:00懇親会

■場 所 大阪会館 Aホール
     〒541-0053 大阪市中央区本町4-1-52(北御堂下)
     Tel.06-6261-9351 Fax.06-6261-5109
     地下鉄御堂筋線・中央線「本町」駅下車 2番出口から北に徒歩1分

■講 師 金美齢先生(元台湾国策顧問)

■テーマ 台湾に息づく「日本」−世界で最も親日的な国「台湾」
     金美齢先生があなたの台湾認識を新たにします。

■会 費 一般:1,500円 会員:無料(懇親会は別途5,500円)

■主 催 大阪日台交流協会

■後 援 台北駐大阪経済文化弁事処、日本会議大阪、日本李登輝友の会

■問合せ 大阪日台交流協会
     〒587-0012 大阪府堺市美原区多治井289-8 野口金属産業株式会社内
     TEL:072-362-1177/FAX:072-362-3602
     E-mail:n-mic@dream.ocn.ne.jp
     ホームページ http://www.set-inter.com/nittai/event/topics.cgi


『李登輝訪日・日本国へのメッセージ』の目次や割引販売につきましては、本会ホームページでも掲載していますのでご参照ください。           (編集部)

■日本李登輝友の会ホームページ:http://www.ritouki.jp/

■『李登輝訪日・日本国へのメッセージ−2007旅と講演の全記録[完全保存版]』
 日本李登輝友の会編、まどか出版刊
 A5判・上製本・176ページ、定価:1,890円

■割引
・1冊〜9冊のご注文  → 送料サービス
・10冊〜29冊のご注文 → 1割引・送料サービス
・30冊以上のご注文   → 2割引・送料サービス

■お申し込み【代金後払い】
 1)お名前、2)ご住所、3)電話番号、4)注文冊数(『李登輝訪日・日本国への
 メッセージ』と書き添えてください)を明記の上、FAXかメールでお申し込みくだ
 さい。まどか出版より1週間以内にお届けします。代金は後払い。本と一緒に郵便振替
 用紙(払込料:無料)を同封、1週間以内に郵便局でお支払いください。

■お申し込み先
・日本李登輝友の会 FAX:03-5211-8810 E-mail: ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
・まどか出版 FAX:0120-426-855


●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬


[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,