中共VS台湾のコロナ戦 ワクチン外交とワクチン開発

中共VS台湾のコロナ戦 ワクチン外交とワクチン開発
中共VS台湾のコロナ戦 ワクチン外交とワクチン開発
台湾のワクチン接種政策を考察する

                 藤
重太:『国会議員に読ませたい 台湾のコロナ戦』著者

新型コロナウイルス感染症(Covid-19)は、ワクチンの開発も進み、ようやく世界中でワクチン接種が進んでいる。変異種の出現やワクチンの効果や安全性など不確定要素は多いが、終息に向けての光が見えてきたのではないだろうか。
日本でも、2月17日から医療従事者、4月12日からは65歳以上の高齢者への接種が始まっている。今後、ワクチンの承認や供給、そして接種が順調に進んで、できるだけ早く接種希望者すべてにワクチン接種の機会がまわってくることを期待したい。
新型コロナウイルスの封じ込め自体に成功している台湾は、海外ワクチンの購入については遅れていた。ワクチンの接種が始まったのは、日本より1カ月以上遅い3月22日である。しかし、海外渡航が必要なビジネスマンなどを対象にワクチンの自費接種(上限1万回分)を認めるなど、経済活動にも配慮。さらに台湾は自国産ワクチンの開発成功にも目処が立ち、年内には接種開始が実現する見通しだ。今回は台湾のワクチン対策について考察してみたい。

海外ワクチン入手に苦労させられた台湾

台湾については、「新型コロナを抑え込もうが」「TSMCなど半導体で優位に立とうが」、しょせん国家ではないと切り捨てようとする人達がいる。また、台湾を支援しようとする国にあからさまに反発し圧力を掛けようとする勢力もある。だから、台湾の政治決断、行政運営には緊張感があり、政治家には覚悟がある。台湾のリーダーには感染症以外に台湾をその脅威から守らなくてはならない責任があるからだ。そして、海外ワクチンの調達交渉などにおいて、その外的圧力の存在が顕著に表れた。

台湾の衛生福利部(厚生省に相当)の陳時中衛生福利部長(厚生大臣)は2月17日、ラジオ局のインタビューで、米ファイザーと独ビオンテック(BNT)が共同開発した新型コロナウイルス感染症ワクチンについて、500万本の購入契約が最終段階で一旦保留されたと明かした。

陳大臣は、その主な理由として、中国の上海復星医薬公司がBNTの中華地区の代理店であり、BNTはその契約を尊重し、その利益を守る必要があったと述べた。しかし、記者からの質問に対し「誰かが台湾を喜ばせたくなかったのではないか」と語り、新型コロナウイルスワクチンを確保する計画が「政治的圧力」により最終段階で頓挫した可能性を吐露した。

翌日18日の中央感染症指揮センターの会見でも、BNT関連のワクチン契約の問題に質問が集中した。その主なやり取りは、以下の通りだ。

Q:BNTの代理店である中国の上海復星医薬公司と交渉する準備はあるか
A:BNTと継続して交渉している、上海側とは接触していない

Q:台湾の半導体を使ったワクチンとの交換交渉はしているのか
A:ワクチンと半導体の交渉は、別々のものである

Q:中国製ワクチンの輸入を考えているか
A:
中国製ワクチンは技術的なデータ不足などの理由で、今のところ中国ワクチン使用の可能性は無い

その後、その後、独BNT社はロイター通信社の取材に対して、メールで回答し、「世界のパンデミックを終わらせるためにも、台湾へのワクチン供給計画は継続している」と声明を出している。

中国から明確な妨害の存在を台湾側は断定していないが、台湾は2003年のSARS禍で、「香港の大学からSARSウイルス株の供与を受けるはずだったが中国が妨害して直前で立ち消えになった」(陳建仁前副総統の昨年のインタビュー)あのあからさまな妨害を思い出したに違いない。台湾にとっては、感染症対策もワクチンの確保も臨戦態勢で臨まなければならないのである。

ワクチン外交で火花 破廉恥な中共外交

中国のワクチン外交による台湾への圧力は、両岸問題だけでは収まらない。3月24日南米で唯一台湾と外交関係を持つパラグアイの外務省は、中国の代理人と称する人間から「新型コロナウイルスの中国産ワクチンの提供を受ける条件として、台湾との国交断絶を要求された」と公表している。

中国側はこの事実を否定しているが、中国産ワクチンの提供を通じて台湾との国交断絶を画策している勢力があるのは確かだろう。台湾外交部(外務省)はすぐに「ワクチンを政治手段に利用すべきでない」とし、台湾の外交に対する攻撃だと中国に反発した。また、パラグアイ外務省も「ワクチン提供を条件に台湾との関係断絶をほのめかすことはパラグアイの主権を侵害しかねない」と非難の声明を出している。

その後の顛末はさらに滑稽を通り越して、破廉恥だ。4月8日に台湾外交部(外務省)はパラグアイがインドから10万回分の新型コロナウイルスのワクチンを入手する交渉を人道的配慮から支援したことを発表した。

すると、同日中国外務省の報道官は記者会見で「ワクチンは政治の道具ではない」「ワクチンはウイルスと闘い、命を救うための薬で、政治利用するための道具ではないと台湾当局に教えたい」批判した。さらに「ウイルスを利用し、金銭外交を行うことで独立を図ることなど、どれにも未来はない」と威嚇する一方、中国の各国へのワクチン提供は「公明正大で清楚だ」と主張している。

厚顔無恥、盗人猛々しい、開いた口が塞がらないとは、このことを言うのではないだろうか。AFPフランス通信社は米シンクタンクのアジア専門家の意見として、「中国は新型コロナウイルスの流行に乗じて中国が台湾に圧力をかけたことが過去にもある」「本来政治と無関係であるべき人々の健康を、中国が継続して政治化していることは、驚くべき事である。」とも報じている。

ワクチン接種をITでサポート
安全性のデータ分析と情報公開

3月3日、最初のワクチン11万7000回分が製造国の韓国から台湾に到着した。独ビオンテック(BNT)製ではなく、英アストラゼネカ製であった。台湾が他国の妨害を恐れ、秘密裏に交渉を進め、搬送経路も伏せられていたと報道されている。台湾がどれだけ緊張感、危機感を持ってワクチン獲得に動いていたかがここからも伺える。
そして、3月22日からようやく台湾でも正式に新型コロナワクチンの接種が始まった。中央感染症指揮センターは、新型コロナウイルスのワクチン接種の接種開始と同時に、COVID-19ワクチン(Vaccine)接種後の健康状態を把握するためのシステム「Taiwan
V-Watch」(以下、「Vシステム」)の運用をスタートさせた。

ワクチンの接種を受けた人が「Vシステム」に、自分のデータを登録すると、定期的に健康状態や症状を記録して行くシステムだ。接種後の一週間は毎日、その後は週に一回、月一回、半年一回の頻度になり、一年半のあいだ記録の追跡が続くという。回答内容によって、適切なアドバイスなども行ってくれる。トップページにはワクチンに対する様々な情報が掲載されている。さらには2度目のワクチンの接種日の通知などもしてくれる優れものだ。

なお、この「Vシステム」のインストールは、強制ではなく任意だ。今のところ58.4%の人がこのアプリをインストールして、自己の経験した副反応など報告している。今後このデータは複数のワクチンが採用され、接種人数が増えていくに連れ、それぞれのワクチンの副反応の状況を収集して、安全性と効果を分析し、ビックデーターとして活用されることは間違いない。

さらに優れているのは、台湾政府がこのデータによる統計資料を定期的に一般公開している点だ。ワクチン接種から1週間以内にどんな症状(患部の痛み、倦怠感、筋肉痛、頭痛など)がどう現れるかなどの統計を知ることができる。また、10%の人が接種当日、仕事が充分にできない状態になっていることなども赤裸々に報告されている。さらに優れているのが、台湾政府はこのデーターの統計資料を定期的に一般公開している点だ。

経済活動重視の自費接種解禁と
国産ワクチンの開発成功

台湾では、新型コロナウイルスワクチンの自費接種が4月21日から台湾全土31の病院で始まった。自費接種の対象は、ビジネス、海外就労、留学、海外での医療機関受診など人道的配慮が必要な人としている。経済活動を停滞させない目的が明らかだ。
自費接種と聞くと、さぞ高額ではないかと考えるかもしれないが、たった600元(約2350円)でアストラゼネカ製のワクチン接種が受けることが出来るのである。衛生福利部(厚生省に相当)が、ワクチン代金は無料、「診察料」「注射手技料」などの自己負担の上限を600元と定めたからだ。日本ではすぐに、高額のワクチンビジネスが横行しそうだが、国民に均等に利益を享受させようとする素晴らしい対応だ。

今回、1万回分のワクチンを自費接種分に回したが、中央感染症指揮センターは今後も接種状況を見て、自費接種機会を増やしていきたい考えのようだ。国内感染を食い止めている台湾だから出来る対応かもしれないが、ぜひ日本でも取り入れて頂きたい。

台湾は海外ワクチンの調達に尽力する一方、購買への妨害工作などのリスクを予想し、昨年の早い段階から国産ワクチンの開発を進めていた。

現在、台湾バイオ大手の4社の内2社が、第二相臨床試験(フェーズⅡ)を昨年末から志願した国民約2万人を対象に続けている。陳時中衛生福利部長(厚生大臣)は4月5日の会見で、国産ワクチンが7月にも量産可能になると見通しを明らかにしている。もし、それが実現すれば月産2000万本の生産が予想されワクチン問題が一気に解決される。蔡英文総統も、国産ワクチンの開発が成功し接種が始まった際は、副総統共に最初に接種するとも報道されている。

なお、一部報道によれば、台湾産ワクチン二種は、イギリス変異株(B.1.1.7)と南アフリカ変異株(B.1.351)に対しても効力を持つとされている。

もちろん、台湾で開発されたワクチンが世界ですぐに受け入れられるとは考えにくい。しかし、台湾産ワクチンが素晴らしい効果を発揮し、世界に認められていけば、台湾は半導体産業に続いて、バイオ産業で大きな柱を得ることができるだろう。今後の台湾のバイオ産業に注目したい。

(この記事は、5月13日にダイヤモンドオンラインに掲載された「「台湾のワクチン接種」に、日本が学ぶべきこととは」http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=4/aBheOzfdK1M4zay7/9Wh3YpJ2ydaHKsnLiOCci4hrRhX6i/pPCNI5qjVXnRVCv


台湾の声

バックナンバー
http://ritouki-aichi.com/category/vot

登録/解除
http://taiwannokoe.com/register.html

Facebook
http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=wI9//qmdTkOIIFQ2b6bEEh3YpJ2ydYHKsnLiOCci4hrRhX6i/pPiNI5qjVXnRVCv

Twitter
https://twitter.com/taiwannokoe

YouTube『Taiwan Voice』藤井厳喜 x 林建良 
※ぜひチャンネル登録をお願いいたします
https://www.youtube.com/channel/UCTzfqkSSN_86JN2yidU2lhQ

※この記事はメルマガ「台湾の声」のバックナンバーです。
講読ご希望の方は下からお願いします。

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,