【講演会】「南京大虐殺のニセ写真を徹底的に暴く」

【講演会】「南京大虐殺のニセ写真を徹底的に暴く」
【講演会】「南京大虐殺のニセ写真を徹底的に暴く」

南京のからくりをわかりやすくスライドと写真で解 説。

南京大虐殺は、20世紀最大の“ウソ・捏造”物語です! 歴史の真実を語り、伝えてまいりましょう!

中国と国内にいる「虐殺派」が使用する 南京大虐殺“捏造”写真の巧妙なテクニックを、映像を駆使して徹底的に紹介します。

毛沢東主席でさえ、一度として南京虐殺を口にしたことがありません。理由は簡単、存在しなかったからです。どんな言葉よりも、写真は“正直”です。

名古屋市・河村たかし市長は去る2月20日、中国共産党南京市(名古屋市の友好都市)委員会の代表との対談で、「通常の戦闘行為はあったが、南京事件はなかったのではないか」と語り、さらに「歴史に関する討論会をしてもいい。互いに言うべきことを言って仲良くしていきたい」と呼びかけたところ、中国政府が反発して、日本側に訂正を求めました(人民日報は「必ず代償を払うことになる!」と“恫喝” 2/23付)。

朝日新聞は予想どおり“中国側の立場”から、河村市長の発言を揶揄的に報道しました。
河村市長は、終戦時、南京市を訪問した実父の話から、虐殺は通説だと認識していたのです。学問が明かす、南京虐殺は巧妙な“創り話”という真実南京虐殺は、日本側の過去10年以上に亘る綿密な分析・研究を通して、中国側の“ウソ・捏造”であることが判明、学問的には既に決着済みです。

南京大虐殺を喧伝して“得をする国、得をする国内勢力”がある! 
こういう捏造の背景に、日本をナチスとともにホロコースト国家として永久烙印を押すことで得をする国家が在るのです。さしあたり朝日新聞は、その同調・支援者です!     

とき    5月26日 (土曜日)14:00〜15:30(開場13:45)

ところ   国立商協ビル2階 さくらホール
(東京都国立市東1-4-6]TEL 042-572-1730、国立駅徒歩1分)
      http://www.k-shokyo.com/k-shokyo/access.html

講師    溝口郁夫氏 近現代史研究会会員/南京問題研究家
(『南京事件“証拠写真”を検証する』(草思社)の著者)

演題    テーマ:「南京大虐殺のニセ写真を徹底的に暴く」
映像で、ニセ写真作成の手口を徹底紹介!

入場    無料

主催    新しい歴史教科書をつくる会 東京三多摩支部
(問い合わせ先:鏑木 090-3902-9014)

[RelationPost]
タグ: , , , , ,