【良書紹介】歪められた古代天皇 『古事記』『日本書記』に隠された真実

【良書紹介】歪められた古代天皇 『古事記』『日本書記』に隠された真実
【良書紹介】歪められた古代天皇
『古事記』『日本書記』に隠された真実

(宝島社新書) (日本語) 単行本 – 2020/3/10

家村 和幸 (著)

2020年は『日本書紀』が成立して1300年の節目の年です。
初期の混乱を脱した天皇は大王の地位を獲得しますが、雄略天皇後は、皇族内の争い、
そして、外部からの血の輸入、豪族の乗っ取り等々、様々な権力闘争と血の争いをしてきました。
その真実の姿を『古事記』と『日本書紀』から読み解きます。
大和の血を引いていない継体天皇、現在の天皇の血の源流と言われる欽明天皇、
初の女帝・推古天皇、さらに乙巳の変(大化の改新)の天智天皇と、古代史を彩る天皇の真の姿を、
中国の歴史書や竹内文書の良質な部分も参考にしながら、明らかにします。

著者について
兵法研究家。防衛大学校卒(国際関係論)。中部方面総監部兵站幕僚、幹部学校戦術教官、研究本部教育訓練担当研究員などを歴任し、平成22年10月退官、予備自衛官(予備二等陸佐)となる。2017年現在、日本兵法研究会会長として、兵法及び武士道精神を研究しつつ、軍事や国防について広く国民に理解・普及させる活動を展開している。著書に『真「日本戦史」』(宝島SUGOI文庫)、『真説
楠木正成の生涯』(宝島社新書)など多数。

https://www.amazon.co.jp/%E6%AD%AA%E3%82%81%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%9F%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E5%A4%A9%E7%9A%87-%E3%80%8E%E5%8F%A4%E4%BA%8B%E8%A8%98%E3%80%8F%E3%80%8E%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%9B%B8%E8%A8%98%E3%80%8F%E3%81%AB%E9%9A%A0%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E7%9C%9F%E5%AE%9F-%E5%AE%9D%E5%B3%B6%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%AE%B6%E6%9D%91-%E5%92%8C%E5%B9%B8/dp/4299003543/ref=sr_1_3?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2DBPFXET6ZYKC&keywords=%E5%AE%B6%E6%9D%91%E5%92%8C%E5%B9%B8&qid=1583216348&sprefix=%E5%AE%B6%E6%9D%91%2Caps%2C228&sr=8-3


台湾の声

バックナンバー
http://ritouki-aichi.com/category/vot

登録/解除
http://taiwannokoe.com/register.html

Facebook
https://www.facebook.com/taiwannokoe

Twitter
http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=pYeGDPO0NUWPiscVReTya00rWMcmJBKfuGdHuCXZnrnRhX6i/pMCNI5qjVXnRVCv

※この記事はメルマガ「台湾の声」のバックナンバーです。
講読ご希望の方は下からお願いします。

[RelationPost]
タグ: ,