【良書紹介】アングラマネータックスヘイブンから見た世界経済入門

【良書紹介】アングラマネータックスヘイブンから見た世界経済入門
【良書紹介】アングラマネー タックスヘイブンから見た世界経済入門

著者 藤井厳喜

新書
出版社: 幻冬舎 (2013/7/28)
言語 日本語
ISBN-10: 4344983130
ISBN-13: 978-4344983137

価格: ¥ 840

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%BC-%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%B3%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%81%9F%E4%B8%96%E7%95%8C%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%85%A5%E9%96%80-%E5%B9%BB%E5%86%AC%E8%88%8E%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E8%97%A4%E4%BA%95-%E5%8E%B3%E5%96%9C/dp/4344983130/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1374719457&sr=1-1&keywords=%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%BC

内容紹介

各国が規制強化!
しかし、もはや裏金・闇資金が、世界経済の中心にある。

世界各国の税収が極端に減少している。税金は表の経済にしか、かけられないからだ。タックスヘイブン(租税回避地)やシャドーバンキング(影の銀行)を使った、いわゆる脱税や資産隠し、麻薬や売春や賭博によって生まれ蓄えられた金をアングラマネーと呼ぶ。世界の年間総生産70兆ドルの約25%がタックスヘイブンに流れ、シャドーバンキングの規模は約67兆ドルにまで拡大。もはや中央銀行やIMFも制御できない闇資金の環流が世界経済を揺さぶっている。その歴史と仕組み、各国最新事情を詳細に解説した画期的な書。

・世界の3大脱税国はアメリカ、ブラジル、イタリア
・アップルが開発し、世界のグローバル企業が軒並み利用する合法的脱税スキームとは!?
・脱税の規制を強化をするアメリカ自体が、巨大な脱税とマネロンのメッカ
・世界で最も複雑なロンドン「シティ」とイギリス領ケイマン諸島の仕組み
・国際的な規制強化で追い詰められた銀行国家スイス
・バチカンとマフィアが中心!? イタリアはGDPの35%がアングラ経済
・取り締まり強化でヴァーチャル化するアングラマネー ほか

著者について

藤井厳喜

1952年、東京都生まれ。国際政治学者・未来学者。1977年、早稲田大学政治経済学部政治学科を卒業後、クレアモント大学大学院で政治学修士号取得。ハーバード大学政治学部大学院にて政治学博士課程修了。ハーバード大学国際問題研究所日米関係プログラム研究員・政治学部助手を経て帰国。現在は拓殖大学日本文化研究所客員教授、ケンブリッジ・フォーキャスト・グループ・オブ・ジャパン代表取締役、呉竹会アジア・フォーラム代表幹事、日米保守会議理事兼事務局長などを務める。近著『米中新冷戦、どうする日本』『日本人が知らないアメリカの本音』(ともにPHP研究所)、『バカで野蛮なアメリカ経済』(扶桑社新書)等。

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , ,