【米国在台協会】台湾防衛で殉職した米軍兵士の記念特設展示場開設

【米国在台協会】台湾防衛で殉職した米軍兵士の記念特設展示場開設
【米国在台協会】台湾防衛で殉職した米軍兵士の記念特設展示場開設

米国在台協会(AIT)は9月2日、台湾で殉職した米兵126名を記念した特設展示場の開設式典を行った。クリステンセン同協会代表は、米台安全パートナーシップは数十年にわたる協力の歴史を顕彰してこそさらに前進できるとし、米台両軍が相互に尊重し信頼しあって共通の利益を守るためにこれからもパートナーシップを発展させていくと述べた。記念特設展示場では1949年から現在までに台湾防衛任務で殉職した126名の米兵の功績を称え、授与された勲章や賞状を展示している。

AITによると、2つの「台湾防衛記念勲章」は馬英九前総統が2016年2月に。1954年に金門の中台砲撃戦で殉職したARFRED
MEDENDORP中佐とFRANK W.
LYNN中佐に授与されたものだという。記念式典には国軍退除役官兵輔導委員会(退役軍人会)の馮世寬(ひょう・せいかん)主任委員長、国防部常務次長の李宗孝(り・しゅうこう)中将、霍守業(かく・しゅぎょう)国防安全研究院会長、羅致政(ら・ちせい)立法委員のほか、米台の退役軍人団体関係者が出席した。クリステンセン代表は、「米台の安全協力というと、多くの人が武器購買を連想するが、実は双方の民衆の間の友情こそが米台安全関係の真の基礎を形成している」と挨拶した。

また、AITは、機密扱いが解除された2件の電報を公開し、アメリカの対台湾政策は常に「6つの保証」に基づいて実施されてきたことを強調した。蔡英文総統は9月2日、この電報公開について、「アメリカ政府が長期にわたって台湾海峡の安定と台湾の安全を重視してきたことを示すもので、とりわけアメリカは台湾海峡の現状が破壊されない政策を支持してきたことが分かる」と述べた。

【関連情報】
米国在台協会ホームページより 
Declassified Cables: Taiwan Arms Sales & Six Assurances (1982)
https://www.ait.org.tw/our-relationship/policy-history/key-u-s-foreign-policy-documents-region/six-assurances-1982/

The first declassified cable below, sent on July 10, 1982, from then U.S.
Under Secretary of State Lawrence Eagleburger to then AIT Director James
Lilley, provides the U.S. interpretation of the 1982 Communiqué as it
relates to ongoing U.S. arms sales to Taiwan. The cable explains that the
U.S. willingness to reduce its arms sales to Taiwan is conditioned upon the
continued commitment of the PRC to a peaceful solution of cross-Strait
differences. Further, if the PRC were to become more hostile, then the
United States would increase arms sales to Taiwan.
The directive indicates that the United States’ chief concern was
maintaining peace across the Taiwan Strait, and thus, the quantity and
quality of arms provided to Taiwan would be conditioned entirely on the
threat posed by the PRC. The memo ends by offering “this final
assurance: U.S. arms sales to Taiwan will continue.”
These same ideas are echoed in an internal presidential memo drafted by
President Ronald Reagan on August 17, 1982, which serves as guidelines for
U.S. interpretation of the 1982 Communiqué.
The second cable, sent on August 17, 1982, from then U.S. Secretary of
State George Shultz to then AIT Director Lilley, offers six assurances to
Taiwan, reinforcing the message above. The United States:

・Has not agreed to set a date for ending arms sales to Taiwan
・Has not agreed to consult with the PRC on arms sales to Taiwan
・Will not play a mediation role between Taipei and Beijing
・Has not agreed to revise the Taiwan Relations Act
・Has not altered its position regarding sovereignty over Taiwan.
・Will not exert pressure on Taiwan to enter into negotiations with the
PRC.
The “Six Assurances” have been a foundational element in U.S. policy
towards Taiwan and the PRC.


台湾の声

バックナンバー
http://ritouki-aichi.com/category/vot

登録/解除
http://taiwannokoe.com/register.html

Facebook
https://www.facebook.com/taiwannokoe

Twitter
https://twitter.com/taiwannokoe

YouTube『Taiwan Voice』藤井厳喜 x 林建良 
※ぜひチャンネル登録をお願いいたします
https://www.youtube.com/channel/UCTzfqkSSN_86JN2yidU2lhQ

※この記事はメルマガ「台湾の声」のバックナンバーです。
講読ご希望の方は下からお願いします。

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , ,