【楠木正成の統率力第35回】智仁勇の武人・楠木正成

【楠木正成の統率力第35回】 智仁勇の武人・楠木正成
         

家村 和幸

 こんにちは!日本兵法研究会会長の家村です。

 大楠公・楠木正成こそ、我国の歴史上「最高の統率
力」を発揮して、最強の軍勢を育てた人物でした。そし
て、その秘訣は、「人の心を見抜き、それを思いやる」
能力にあったといえます。特に、苦しい立場にいる者、
失意にある者、悲運ゆえに貧しき者などの弱者の気持
ちを察し、深く配慮し、誰一人として見捨てることなく、
「活かす道」を共に見出そうとしたのでした。

 それゆえ、楠木の郎従を始め、兵卒や民衆の全てが、
心の底から楠木正成を慕い、尊敬し、そして自らの命を
懸けて支えていこうと考えたのでした。親方様・楠木正
成の為に生き、親方様と共に死す。皆が「人生意気に
感じて」自発的に動く。これこそが最高の統率力の発露
と云えましょう。

 今回は、この楠木正成の生い立ちについてご紹介い
たします。それでは、本題に入りましょう。

【第35回】 智仁勇の武人・楠木正成

▽ 楠木正成の死が意味するもの

 (「太平記巻第十六 正成兄弟討ち死にの事」より)

 後醍醐天皇が笠置山で挙兵されてから鎌倉幕府が滅
亡するまでの戦い(元弘の戦い)では、天皇からありが
たいことにも厚く信頼され、忠義を守り通しながら大きな戦
功を上げ、その功績を誇っていた者は、数えきれぬほどで
あった。しかし、建武中興が挫折して戦乱の世となるや、仁
義を知らない者は天皇の恩を忘れて敵に従属し、武勇に
自信のない者は、少しでも命を長らえようとして、逆に処刑
されたりした。また、知恵のない者は、時代が移り変わりつ
つあるのを知らないため、正しい道を歩むことができなかった。

 こうした中にあって、大楠公・楠木正成のように智恵と仁
愛と勇気の三つの徳を兼ね備えた人物が、死ぬことによっ
て人として道義にかなった生き方を貫いたというのは、過去
から現在に至るまで、これにまさる例を見たことも聞いたこと
もない。つまり、正成ほど立派な人間はいなかったのである。

 このように優れた人が、兄弟ともに自害しなければならな
かったのは、結果として後醍醐天皇が京都を追われ、逆臣
である尊氏が横暴な権威を振りかざすようになる、その前触
れだったのであろう。

▽ 多聞天の申し子として生まれた正成

 (以下、「太平記秘伝理尽鈔巻第第十六 正成兄弟討ち死にの事」より)

  「正成はただの人ではない」

  当時の人々はこのように言っていた。その理由は、父の
正玄(まさすみ)が31歳まで子を持たず、母はこれを歎(なげ)
いて志貴の毘沙門(びしゃもん)堂に百日詣でしたところ、あ
る夜に金色の鎧(よろい)を着ている人が口の中に入った夢を
見て、生まれたのであるというからには、ただごとではない。

  「多聞天王が我が子と化されたのだ」

として多聞丸と名づけられた。幼かった時からたいへん賢く、
気が利いており、ものを言うにも言語が明瞭であった。

▽ 勇猛果敢な幼年・少年時代

 6歳の頃から友達であった児童と相撲を取っていたが、12、3
歳くらいの相手でも思うがままに勝つことができた。7歳になっ
た時には、世の普通の成人男子の力量にも少し勝っていた。

 正玄(まさすみ)が矢尾の別当と戦うのに御供して、12歳にし
て戦場に出て敵一人を討ち捕ったのであった。

 その後は成長するにつれて学問を好んで物の意を弁(わきま)
え、16歳にして矢尾の兵・数百騎を追い散らし、首を取ること17。
それ以降というもの、毎回大敵をなぎ倒し、勝ちに乗らないという
ことがなかった。

 矢尾との所領争いも正玄までは、ある時は矢尾別当が勝って
これを領し、ある時は楠木が勝ってこれを領していたが、一年は
領しても、三年ともたなかった。このように度々変化していたので
あったが、正成が16歳にして戦に勝ってから後は、三十年に及
んでその領地を別当に取られることがなかった。先祖からの領地
2000余貫が、正成の時代には3700余貫になっていた。

▽ 鎌倉幕府からの信任も厚かった青年時代

 「東国には宇都宮公綱、西国には楠木正成あり。この両人
は日本無双の弓取り(武士)である。」

 鎌倉幕府執権・北条高時もこのように語り、人々もそのよう
に申していたという。これにより、西国に鎌倉幕府の敵が挙兵
した時も、楠木に命じてこれを退治した。

 紀州の安田は、鎌倉幕府に対する最大の敵であったので、
高時は正成に命じてこれを倒し、安田の所領3000貫を与え
たのであった。

▽ 天皇を護るために戦って大活躍

 その後、後醍醐天皇に頼まれ奉りて、竜が雲に昇るかのよう
に、一門は全部で四箇国(河内・紀伊・摂津・和泉)もの国を賜
わったのである。位は従五位上となった。

 これも皆、正成の武勇のなせるものである。しかしながら、
今(湊川の戦いがあった当時をさす)となって正成が亡んだとい
うことは、いよいよ尊氏が天下を奪うその時がすでに至ったから
ではないのか。

 今年、正成四十三歳、正氏三十二歳であった。

▽ 楠木正成は聖人か、ただの人か

 ある人は、楠木を評してこう語った。

 「多聞天王が化けて生まれたというのではないだろう。人並み
はずれて気転が利いて、謀の才がある男が、書物を学んで道理
に通じていたのである。しかも、勇気があって力量も人に勝れ、
仁政を施した人なのである。」

 これに対して、ある人はこう申していたという。

 「それこそ多聞天王ではないか。それこそ聖人ではないか。
智のない人でも、学問を好めば智者と言われるようになる。敵
を払って皇室を守護し奉ったということは、つまり多聞天が帝を
守護なされたということ、そのものではないか。」

(「智仁勇の武人・楠木正成」終り)

(以下次号)

(いえむら・かずゆき)

ご意見・ご感想は、このURLからお届けください。

http://okigunnji.com/1tan/lc/toiawase.html

▼バックナンバーはこちら
http://okigunnji.com/nankoleader/

● 著者略歴

家村和幸 (いえむら かずゆき)
1961年神奈川県生まれ。元陸上自衛官(二等陸佐)。
昭和36年神奈川県生まれ。聖光学院高等学校卒業後、
昭和55年、二等陸士で入隊、第10普通科連隊にて陸士長
まで小銃手として奉職。昭和57年、防衛大学校に入学、
国際関係論を専攻。卒業後は第72戦車連隊にて戦車小隊長、
情報幹部、運用訓練幹部を拝命。
その後、指揮幕僚課程、中部方面総監部兵站幕僚、
戦車中隊長、陸上幕僚監部留学担当幕僚、第6偵察隊長、
幹部学校選抜試験班長、同校戦術教官、研究本部教育
訓練担当研究員を歴任し、平成22年10月退官。

現在、日本兵法研究会会長。

http://heiho-ken.sakura.ne.jp/

著書に

『真実の日本戦史』
⇒ http://tinyurl.com/3mlvdje

『名将に学ぶ 世界の戦術』
⇒ http://tinyurl.com/3fvjmab

『真実の「日本戦史」戦国武将編』
⇒ http://tinyurl.com/27nvd65

『闘戦経(とうせんきょう)─武士道精神の原点を読み解く─』
⇒ http://tinyurl.com/6s4cgvv

『兵法の天才 楠木正成を読む (河陽兵庫之記・現代語訳) 』
⇒ http://okigunnji.com/1tan/lc/iemurananko.html

がある。

【過去の連載】いまでもメルマガで読めます。

●本土決戦準備の真実ー日本陸軍はなぜ水際撃滅に帰結したのか(全25回)
http://okigunnji.com/1tan/lc/iemurahondo.html

●戦う日本人の兵法 闘戦経(全12回)
http://okigunnji.com/1tan/lc/tosenmm.html

《日本兵法研究会主催イベントのご案内》

【第20回 家村中佐の兵法講座 −おもしろいほどよく分かる孫子兵法−】

 演題 『孫子』の全体像と第一篇「始計」

 日時 平成27年2月14日(土)13時00分〜15時30分(開場12時30分)

 場所 靖国会館 2階 田安の間

 参加費 一般 1,000円  会員 500円  高校生以下 無料

【第23回 軍事評論家・佐藤守の国防講座】

 演題 東南アジアの戦力分析 = 東シナ海における航空優勢の推移 =

 日時 平成27年3月21日(土)13時00分〜15時30分(開場12時30分)

 場所 靖国会館 2階 偕行の間

 参加費 一般 1,000円  会員 500円  高校生以下 無料

 お申込:MAIL info@heiho-ken.sakura.ne.jp
     FAX 03-3389-6278
     件名「国防講座」又は「兵法講座」にて、ご連絡ください。

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,