【李登輝元総統】新憲法制定し、台湾正名を

【李登輝元総統】新憲法制定し、台湾正名を

【李登輝元総統】新憲法制定し、台湾正名を
李登輝元総統の発言メモ

台湾の声編集部

李登輝元総統は、2010年10月、台湾基督長老教会が新竹
聖経学院で行った国是会議に招かれ、その初日(26日)の講
演で、「2012年(の総統選挙)に能力がある人が出てくること
を期待する。それでこそ転機が訪れ、政治制度を変え、台湾
自身の憲法を持つことが出来る。そのとき中華民国はなくなり、
台湾共和国を立てることが出来る」と語った(自由時報2010
年10月27日)。
http://www.libertytimes.com.tw/2010/new/oct/27/today-p4.htm

また月刊WiLL、2011年2月号の特集で次のように語っている:

「 台湾が直面する問題の解決は、二○一二年の総統選
挙にかかっています。目標を達成するためには、人民が
大団結し、「馬」を乗り捨てて台湾を守ることが急務です。

そして、日本との関係、アメリカとの関係、そして中国と
の関係における台湾の態度を明確にさせたうえで「台湾憲
法」を出す。同時に、国名も「中華民国」から「台湾」に変え
る。」(p.44)

さらに、総統在任時の1990年3月21日、総統府で野百合学生
運動の代表53名と話し合って民主化を進めた21周年目の今
2011年3月21日、当時話し合った学生で現在学者になってい
る数名と対話し、「台湾の憲政にはまだ解決しなければならない
問題がたくさんある。あらためて「台湾基本法」を制定すべきだ」
と語った。また次のように語っている:

「名目的には中華民国という国名を何度も言っているが、世界で
は中華民国はほとんど存在していない。だから「正名運動」が、
今後、重要なことになってくる。台湾人民とリーダーの国家アイ
デンティティーおよび主体的な認識を強化すべきであり、これが
台湾の二十一世紀における極めて重要な課題である。」(自由
時報2011年3月22日)
http://www.libertytimes.com.tw/2011/new/mar/22/today-p9.htm

[RelationPost]
タグ: , , , , ,