【日本会議】政府による天皇陛下の「政治利用」に断固抗議する

【日本会議】政府による天皇陛下の「政治利用」に断固抗議する
【日本会議】政府による天皇陛下の「政治利用」に断固抗議する

 政府は十二月十一日、十四日来日する中国の習近平国家副主席が、十五日に天
皇陛下に会見すると発表した。外国要人が天皇陛下との会見を望む場合には、一ヵ月前
までに文書で正式に申し込むという確立した「一ヵ月ルール」が存在する。それを破っ
て行われようとする今回の会見は、鳩山首相自らこのルールを破り、中国側の強い要請
を受けて現政府が政治主導で実現しようとする異例な措置である。

 この特例措置について、鳩山首相は、「一ヵ月ルール」を「しゃくし定規で駄
目だというようなことで国際親善の意味で正しいのか」と疑問を呈し、今回は「政治利
用という言葉は当たらない」と発言した。はたして今回の措置は、そう断言できるのか

 中国からの要請は十一月二十六日とされており、日本外務省は「一ヵ月ルール
」を理由に会見を断った。しかし中国側は納得せず「習副主席訪日の成否がかかってい
る」となおも会見を要求し、首相は、会見の実現に向け平野官房長官を通じて、宮内庁
側に「日中関係の重要性」の一点張りで会見を求めたとされる(羽毛田長官の発言)。
国際親善のみが目的なら、常識的に考えてこのような要求を強引にするであろうか。「
訪日の成否がかかっている」とまでいうのは、何らかの政治的意図があるからこその中
国の強引な要求であり、それを敢えて官邸が受け入れた「政治判断」もまた、天皇会見
の「政治利用」にほかならない。

 従来、現実の国際政治を超えたところで行われる皇室の友好親善は、国の大小に
関わらず、公平平等に行われてきた。また、この「一ヵ月ルール」は、ご多忙な中で準
備をなされなければならない天皇陛下の健康面を配慮して、前立腺がんの摘出手術を受
けられた後の平成十六年以降、世界の国々の理解のもと、厳格に運用してきたものであ
る。一度でも、中国のみへの特例を認めることになれば、他の国々から同様の要求がな
された場合、政府はどのように対応するのか。その度に、陛下にご負担をおかけするの
か。

 天皇陛下は、外国ご訪問や外国要人とのご会見にあたっては、細心の準備で臨
まれ、相手国との友好親善を図ってこられた。こうしたご努力を通して世界各国の友好
親善が大きく進展してきたことは周知の事実である。
今回の政府の行為は、強引な中国政府の要求をルールを破って唯々諾々と受け入
れ、陛下のご健康を顧みず、これまでの天皇陛下の国際親善へのご努力を軽んじ、天皇
陛下を「政治利用」しようとする以外のなにものでもないと断ぜざるを得ない。

 ここに我々は、政府に強く抗議するとともに、直ちに会見の白紙撤回を求める
ものである。

平成二十一年十二月十四日
日本会議国会議員懇談会 会長 平沼赳夫
日 本 会 議     会長 三好 達

タグ: , , ,