【反ECFAデモ】李登輝元総統も参加

【反ECFAデモ】李登輝元総統も参加
【反ECFAデモ】李登輝元総統も参加

           台湾の声

 6月26日、一中市場(一つの中国市場)に反対し、台中ECFA(両岸経済協力枠
組協定)の可否を問う国民投票実施を求めるデモが、台湾の首都・台北で雨が降
るなか行われ、約15万人が参加し、総統府前のケタガラン大通りに集結した。

 同デモには最大野党・民主進歩党(民進党)の蔡英文主席のほか、李登輝・元
総統(元大統領)、呂秀蓮・前副総統、蘇貞昌・元行政院長(元首相)、謝長廷
・元行政院長、陳菊・高雄市長らが勢ぞろいし、6月29日にECFA締結を強行しよ
うとする馬英九政権を非難した。

 李元総統は、中国政府が「台湾に利益を譲った」と言っているのは嘘であり、
もし調印してしまえば、台湾の一般市民が不利益な影響を被ることになると批判
した。

 民進党の蔡主席は、ECFA締結による経済的利益は大企業に吸収されるだけで、
貧富の差が広がり、社会が団結できなくなると指摘し、このような重大な政策は
国民投票による決定が必要であり、それを認めないなら選挙で馬政権に教訓を与
えなければならないと訴えた。

 また、年末の台北市長選挙に民進党から出馬する蘇貞昌氏は、台北市はサービ
ス業が最も集中している地方であり、中国からカネ、モノ、ヒトが入ってくると
台北市も大きく影響を受けると主張し、ECFA反対を訴えた。

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,