中共VS台湾のコロナ戦 ワクチン外交とワクチン開発 台湾のワクチン接種政策を考察する                  藤 重太:『国会議員に読ませたい 台湾のコロナ戦』著者 新型コロナウイルス感染症(Covid-19) …

中共VS台湾のコロナ戦 ワクチン外交とワクチン開発 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【台湾通信(第146回):2020年7月24日】 ◆はじめに  武漢肺炎(COVID-19)による足止め生活は4か月を超えました。お陰様で、この期間を利用しての療養は順調に進み、正に「塞翁が馬」を実感しております。  久 …

台湾の武漢肺炎への対応  傳田 晴久 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

【傳田晴久の台湾通信】「台湾の武漢肺炎への対応」                傳田晴久 1.はじめに 武漢肺炎(COVID-19)による足止め生活は4か月を超えました。お陰様で、この期間を利用しての療養は順調に進み、正 …

【傳田晴久の台湾通信】「台湾の武漢肺炎への対応」 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

武漢肺炎対策を契機に日本政府と防衛省は台湾と「有効な情報交換」を!  日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」より転載  武漢肺炎はウイルスを人為的に作ったのではないかという生物兵器説が後を断たない。中国はウイルス を …

武漢肺炎対策を契機に日本政府と防衛省は台湾と「有効な情報交換」を! 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , , ,

 武漢肺炎はウイルスを人為的に作ったのではないかという生物兵器説が後を断たない。中国はウイルスを人為操作し、兵器として使用できる生物兵器を作っていたのではないかという疑いだ。  このような細菌やウイルスを用いた生物兵器や …

武漢肺炎対策を契機に日本政府と防衛省は台湾と「有効な情報交換」を! 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , ,

 武漢肺炎の封じ込めに成功している台湾の国際的な評価が高い台湾で、その中心的な人物の一人が陳建仁・前副総統だ。国立台湾大学動物学科卒業後、医学部の大学院「公共衛生研究所」で修士号を取得し、米国のジョンズ・ホプキンス大学公 …

陳建仁・前副総統が英国下院の公聴会に招かれ台湾の武漢肺炎対策を披露 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , ,

 世界保険機関(WHO)から排除されている台湾が武漢肺炎の封じ込めに成功していることが世界から高く評価されている。その迅速かつ的確な対応ができた要因の一つに人材が挙げられる。陳時中・衛生福利部長をはじめ公衆衛生専門家の陳 …

台湾はWHO専門家調査チームより1ヵ月以上も前に武漢を調査 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , , , ,

 武漢肺炎を巡っては行政の効率性が問われ、中国のような専制独裁国家の方が民主主義国家に優るのではないかという見方が示されたことがある。効率性という点ではその通りだろう。独裁国家では、基本的人権や言論の自由などとは無関係に …

台湾が武漢肺炎への民主的取り組みに成功しているワケ  鄭 仲嵐(編集者) 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【産経・正論】台湾のコロナ対策と後藤の遺訓  産経新聞2020年4月6日                井上 和彦(ジャーナリスト)  「ありゃ、日本はどうしちゃったんだろう? すぐ脳裏に浮かんだのが後藤新平のことでした …

【産経・正論】台湾のコロナ対策と後藤の遺訓 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【産経新聞「正論」:2020年4月6日】  「ありゃ、日本はどうしちゃったんだろう? すぐ脳裏に浮かんだのが後藤新平のことでした」  そう言って日本の感染拡大対策に首を捻(ひね)ったのは、台湾出身の知己の内科医だった。 …

台湾のコロナ対策と後藤の遺訓  井上 和彦(ジャーナリスト) 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,