タグ: 福田赳夫

「中国の時代がきた」と舞い上がり…習主席の勘違いで日本は救われた!?  加瀬 英明(外交評論家)

【夕刊フジ「日本を守る」:2019年8月16日】  日本は72年前に占領下で強要された“平和憲法”と引き換えに、独立の気概を失って、北朝鮮から、ホルムズ海峡の安全航行まで、米国に頼っている。  日本は北朝鮮によって拉致さ

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

【西村眞悟の時事通信】口先の抗議で済む相手ではない

【西村眞悟の時事通信】口先の抗議で済む相手ではない              西村眞悟  中共は、種の開いた手品を繰り返して目的を達成しようとしている。  その目的は、尖閣諸島獲得。  手品とは「海の便衣兵」つまり漁船船

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

【西村眞悟の時事通信】一歩を踏み出す

【西村眞悟の時事通信】一歩を踏み出す                  西村眞悟  国会内も、国会の外も、そこに群れる連中、見るに耐えなかった。何という劣化か。  そして、この群れを煽る許し難い一部のマスコミ、  それに

タグ: , , , , , ,

【真実】尖閣領有権に「棚上げ」はあったか?

【真実】尖閣領有権に「棚上げ」はあったか?(註1) 「霞関会」会報7月号より転載         元(財)交流協会台北事務所代表・元外務省アジア局長 池田 維  目下、中国の公船が尖閣諸島沖の領海内に頻繁に侵入し、日中間

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

尖閣領有権に「棚上げ」はあったか?  池田 維(元交流協会台北事務所代表)

日中平和友好条約の締結にも携わった元外務省アジア局長で、交流協会台北事務所代表 (駐台湾日本大使に相当)をつとめた池田維(いけだ・ただし)氏は、10月5日付けの読売 新聞「論点」に「尖閣諸島問題─『棚上げ』合意存在せず」

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【眞悟の時事通信】日中間の信頼関係」は可能か

【眞悟の時事通信】日中間の信頼関係」は可能か 眞悟の時事通信より転載             「                           )                                西村

タグ: , , , , , , , , , , , ,

【産経記事】第2期オバマ米政権 第2のニクソン・ショックはあるか

【産経記事】第2期オバマ米政権 第2のニクソン・ショックはあるか 2013.4.10 産経新聞                岡崎久彦  第2期オバマ米政権の外交チームの最近の言動を見ていると、かつてのニクソン・ショック

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【歓迎すべき外交方針転換】安倍晋三―日本外交の新たな5原則―

【歓迎すべき外交方針転換】安倍晋三―日本外交の新たな5原則― ◆開かれた、海の恵み ―日本外交の新たな5原則―  http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/2013

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

安倍首相の決意を示す「対ASEAN外交5原則」と台湾

安倍晋三首相は第2次安倍内閣発足後初めての外遊先として東南アジアを選び、1月16日 から18日にかけベトナム、タイ、インドネシアを訪問した。最終日の18日、「安倍ドクト リン」というべき「対ASEAN外交5原則」を発表し

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

【西村真悟】中共の日本侵略の手口とそれを誘い入れる日本の政局

【西村真悟】中共の日本侵略の手口とそれを誘い入れる日本の政局                                    西村真悟  尖閣を「点」としてだけで観ていてはならない。  東シナ海から南シナ海にわたる

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,
Top