49年4ヵ月ぶりに3.6%を示した米国の失業率と日本と台湾の失業率比較

米国の労働省は5月3日、失業率や非農業部門就業者数、週労働時間、平均時給など米国の雇用統計を発表、「4月の失業率は3・6%となり、1969年12月以来、49年4カ月ぶりの低さだった。景気動向を敏感に反映する非農業部門の就業者数が前月から26万3000人増加し、好不調の目安とされる20万人を上回った。賃金上昇率も前年同月比3・2%のプラスと高い伸びを維持した」(産経新聞)と伝えられている。

 この雇用統計は今後の景気動向や金融政策の決定にも大きな影響を与えると言われ、「ペンス米副大統領は3日、米CNBCテレビで、連邦準備制度理事会(FRB)は『金利を引き下げるべきだ』と述べた」とも報じられた。

 確かに、100人中、失業者は3.6人だから低い。米国の雇用統計で失業率を追ってゆくと、トランプ氏が大統領に就任した2017年1月は4.8%とかなり高かった。1年後の2018年1月には4.1%に減り、4月には3.9%とさらに低くなっている。2019年1月には4%となったものの2月は3.8%、3月も3.8%、そして4月には3.6%と1969年12月以来だという低さに改善している。失業率を3.6%まで下げたトランプ大統領の手腕は高く評価されるだろう。

 では、日本と台湾の失業率はどうか。

 日本の失業率は、総務省統計局が「労働力調査」として発表していて、第二次安倍政権が発足した2012年が4.3%、2013年が4.0%、2014年が3.6%、2015年が3.4%、2016年が3.1%と下がり続け、2017年には3%を切って2.8%、2018年はさらに下がって2.4%となっている。

 今年に入ってからは、1月が2.5%、2月が2.3%、そして4月26日発表の3月は2.5%という低さで安定している。ほぼ完全雇用と言ってもいい状況だ。

 一方、台湾は行政院主計総処が「人力資源調査統計」を発表していて、蔡英文氏が総統に就任した2016年5月以降、7月(4.02%)と8月(4.08%)に4%を超えたものの、9月に4%を切って3.99%と減じてからは徐々に下がり始め、これまで4%を超えたことはない。

 今年に入ってからは、1月が3.64%、2月が3.72%、4月22日発表の3月は3.68%とほぼ米国並みの水準となっている。

 では、世界の主だった国々の失業率はどうか。総務省統計局によれば2018年12月時点において、高い順からイタリア:10.5%、フランス:8.5%、カナダ:5.6%、イギリス:4.0%、米国:3.9%、韓国:3.8%、ドイツ:3.2%となっている。

 中国の2018年の失業率は3.8%(IMF)と推計されているというが、一方で20%を超えているという報道もあり、毎年「史上最悪」を更新していると言われる大学生の就職率や米国の経済制裁などを勘案すると、どうやら報道の数値の方が現実に近いようだ。

 このように米国、日本、台湾の失業率を主要先進国と比較してみると、日本の失業率が際立って低いことが分かる。また、これまでの米国がいかに高い失業率だったかとともに、台湾の失業率が主要先進国よりも低いことも分かる。

 とはいえ、経済指数は失業率ばかりでなく、国内総生産(GDP)や生産指数、物価指数、株価指数などがあり、総合的に判断しなくてはならない。

 台湾では来年1月11日に総統選挙と立法委員選挙のダブル選挙が行われる。一代で巨大企業の鴻海精密工業を築いたテリー・ゴウこと郭台銘氏が国民党からの出馬を表明し、経済問題が焦点になるのではないかとの予測もある。

 郭氏は、ひまわり学生運動が起きたとき「民主主義ではメシは食えない。民主主義はGDPには何の役にもたたない」と言い放って批判を浴びたことを思い出す。

 また、経済成長率6 %、失業率3%以下、国民所得3万米ドル以上という経済復興公約を掲げて2008年の総統選で当選した前政権の馬英九氏は、2期8年の任期中、リーマンショックなどのグローバル金融危機にも見舞われ、遂に3つの公約を実現できなかった。

 その点で蔡英文政権は、民主や法治など日本や米国などと同じ価値観を共有し、失業率を3%台に押し下げ、国民所得を2万5,000ドルまで引き上げた。どうも台湾ではこの点に目が向いていないようだが、トランプ大統領が評価されるように評価されてよいのではないだろうか。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*本会でご案内してきた台湾の高級調味料XO醤は、このほど台湾メーカーの都合により日本へ出
 荷できなくなったことが判明しました。今後も入荷できない状況となりましたのでご案内を取り
 止めます。ご了承のほどお願いします。(2019年4月16日)

● 2019年:ドラゴンライチ、黒葉ライチお申し込みフォーム *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn

● 2019年:特選台湾産アップルマンゴーお申し込みフォーム *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキ・マンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「鳳梨酥」「芒果酥」 2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)・(2)』*new
・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』 *在庫僅少
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)  *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』*在庫僅少
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『台湾人生

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,