106歳〜拝啓 台湾の君へ 元小学校教諭、約80年前の教え子に手紙

106歳〜拝啓 台湾の君へ 元小学校教諭、約80年前の教え子に手紙
昨日(5月9日)の朝日新聞の夕刊に、日本人女性教師と台湾人教え子との麗しい交流の話が掲載
された。

 この佳話は以前、本誌(4月6日発行)「日本人教師が台湾人の教え子に出した手紙が届いた『海
角七号』みたいな実話」として紹介したが、記事を書いた鵜飼啓(うかい・はじめ)台北支局長は
映画「海角七号」の魏徳聖監督による女性教師へのメッセージも紹介している。

 日台の間には、このような心温まる交流が少なくない。教え子の近況を知りたいと思って手紙を
書いた女性教師、住所不明の手紙を12日間もかけて探し出して届けた若い台湾の郵便局員、手紙に
感動して約20人の教え子の連絡先を突き止めた高齢で寝たきりの教え子。

 この絆を支えているのはなんだろう。日本と台湾だからある話なのだろうか。朝日新聞の記事を
読んで改めて思いを巡らせている。

 朝日新聞の従軍慰安婦や南京に関する報道はいただけない。報道の名に値しない。しかし、こと
台湾に限っては他紙に抜きんでる秀逸な記事が少なくない。いったいこれはどうした現象なのだろ
う。このことも不思議だ。

◆日本人教師が台湾人の教え子に出した手紙が届いた『海角七号』みたいな実話
 http://melma.com/backnumber_100557_6189994/


106歳〜拝啓 台湾の君へ 元小学校教諭、約80年前の教え子に手紙
宛先不明 局員が探し出す
【朝日新聞:2015年5月9日夕刊】
http://digital.asahi.com/articles/ASH4G4CPZH4GUHBI00K.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASH4G4CPZH4GUHBI00K

 台湾中部・台中の現存しない住所あてに日本から一通の手紙が舞い込んだ。差出人は日本統治時
代の台湾で小学校教師だった106歳の日本人女性。若い台湾の郵便局員が宛先の教え子を探し出
し、「映画のような話」と話題を呼んでいる。手紙を機に女性と90歳前後の教え子たちとの交流が
再び広がっている。

 手紙を出したのは、熊本県玉名市の高木波恵さん。小学生だった大正時代に警察官として赴任し
た父親とともに台湾に移り、約30年間暮らした。中部の台中第一高等女学校を出た後に教師とな
り、1929〜38年の10年間、主に台湾人の子女が通う台中の烏日公学校(現・烏日小学校)で低学年
を教えた。

 手紙のきっかけは、31年に台湾から夏の甲子園に出場し、準優勝した嘉義農林学校を題材にした
映画「KANO」の日本公開だ。高木さんは当時熱心に嘉義農林を応援。中京商との決勝戦は役場
でラジオ中継を聞いて声援を送った。この体験について朝日新聞熊本版の取材を受け、台中の教え
子たちを懐かしく思い出した。

 教え子たちの近況を知りたいとの思いが募り、20年ほど前まで手紙のやりとりがあったという楊
漢宗さん(87)にあてた手紙を娘の恵子さん(76)が代筆した。手紙は2月末に地元の烏日郵便局
まで届いたが、住所表記がその後何度も変わっていて、現在の住所でどこに当たるのか分からなく
なっていた。

 本来なら宛先不明で返送されるところだったが、郵便配達を始めて2年半弱という郭柏村さん
(27)は日本からの分厚い手紙に「大事な手紙に違いない」と直感。上司と相談して、宛先人を探
し始めた。先輩から「大体この辺りのはず」という助言をもらい、配達のかたわら「この人を知ら
ないか」とたずね回った。

■12日かけ配達

 ただ、烏日地区には台湾高速鉄道(新幹線)の駅が出来たことで新住民が急増し、昔のことを
知っている人を見つけるのに手間取った。楊さんが前町内会長の楊本容さん(67)の父親だと知る
人に出会い、12日かけてようやく手紙を届けることができたという。

 楊さん自身は高齢で寝たきりになっていたが、手紙に感動した本容さんらが高木さんの教え子た
ちを探し、約20人を突き止めた。その一人の楊塗生さん(88)は「106歳でお元気だというのを
知ってびっくりした。男の先生はとても厳しかったが、高木先生は優しかった」と懐かしむ。

 教え子らは日本語や中国語で高木さんあてに手紙を書き、写真とともに送るなど師弟の交流が復
活。高木さんも「とてもうれしい」と喜ぶ。ただ、足が不自由で、台湾再訪はかないそうにない。
教え子もすでに高齢で日本に行くのは難しい。このため、台湾側関係者はインターネットを使った
テレビ対面が出来ないか模索。行政当局などに支援を求めている。

 「KANO」を制作した魏徳聖さんは、大ヒットした映画「海角七号 君想う、国境の南
(2008年)の監督としても知られる。この映画は、敗戦で日本に引き揚げた日本人男性教師が離れ
ばなれになった台湾人女性への思いをつづった手紙が、今はない日本統治時代の住所あてに届き、
郵便局員が女性を探すというあらすじ。高木さんの手紙は映画を地で行くような話として台湾メ
ディアでも取り上げられた。

 魏さんは朝日新聞の取材に、「台湾で暮らしたことがある人は、どこの人であっても私にとって
はみんな身内のような存在。お元気ならぜひ再訪して欲しいところだが、台湾のかつての美しい様
子をいつまでも忘れないでいて欲しい」と高木さんあてのメッセージを寄せた。

                                    (台中=鵜飼啓)

                     ◇

日本の台湾統治

 台湾は日清戦争を受けた下関条約で1895年に清朝から日本に割譲され、第2次大戦終戦の1945年
まで日本の植民地とされた。多くの日本人が移り住み、インフラや教育制度の整備が進められた。
台湾人の子どもの多くは日本人が通う小学校ではなく、日本人らしさや日本語の習得を目的に掲げ
た公学校に通った。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変わ
 りました。お急ぎの場合はお申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合、送料が変わ
 ることもあることをご承知おき願います。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・パイナップルケーキ(鳳梨酥) 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・台湾産天然カラスミ  4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』*new
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』*new
・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,