「撮り鉄」禁止だった時代の台湾鉄道の記憶 南 正時( 鉄道写真家)

「撮り鉄」禁止だった時代の台湾鉄道の記憶 日本と台湾の「鉄」が築いた深いつながり南 正時 : 鉄道写真家【東洋経済:2019年11月24日】https://toyokeizai.net/articles/-/315576

 日本の「撮り鉄」が台湾に遠征するのは今となっては珍しくないが、思えば筆者が初めて台湾の鉄道に接したのは1975年のこと。当時は蒋介石政権の時代で、中国共産党と台湾海峡を挟んでにらみ合いが続いていた。

 その頃、まだ非電化だった台湾の主要幹線・縦貫線には、日本製の蒸気機関車D51形、C57形、C55形などが疾走し、支線にはC12形や大正生まれの8620形などが活躍していた。だが、鉄道は原則撮影禁止、憲兵によって取り締まられる状態だった。

 今でこそ、台湾と日本の鉄道が姉妹鉄道の縁組をするなど鉄道を通じた日台の交流は盛んだが、かつて鉄道の撮影が困難な国情の中にあって、われわれ日本の鉄道愛好者と台湾の鉄道関係者との間に入り、鉄道趣味に理解を示してくれた先人がいたことも忘れられない。日台の鉄道愛好者の友好を築いた先人たちをしのびつつ、台湾の鉄道事情を振り返ってみたい。

◆「森林鉄道」に魅せられて

 台湾における、当時の日本人鉄道ファンの強い関心の対象は「阿里山森林鉄道」であったといっていい。

 同鉄道は日本統治時代、豊富な森林資源の輸送を目的に建設された軌間762mmの鉄道で、1914(大正3)年に現在の本線部分が全線開通した。ふもとの嘉義駅から2250m以上の高さに挑み、ループ線やスイッチバックを駆使して登る本格的な登山鉄道だ。

 私が台湾の鉄道を撮るべく、まず訪れたのも阿里山森林鉄道だった。目的は、ここで活躍していた珍しい「シェイ式(シェイギヤード)」と呼ばれる歯車式駆動の蒸気機関車だった。当時、日本にはすでに相当な「シェイ」ファンの先人がいて、自費出版などで本を刊行していた。筆者もそれらの写真に刺激されて台湾を訪れたのだ。

 1970年代にはシェイのほか、旅客用列車としてはディーゼル機関車牽引の「光復号」やディーゼルカーによる観光特急「中興号」が阿里山まで運転されており、そのほかには各駅停車として、貨車と客車を連結した混合列車がほぼ1日を費やして運転されていた。

 その後、阿里山へは立派な道路が建設され、鉄道は乗客のほとんどをマイカー、観光バスに奪われた。シェイは第一線を退いたが動態保存されており、ヒノキ製の木造客車を使った観光客用列車に用いられている。大井川鐵道や黒部峡谷鉄道との姉妹鉄道縁組も、日本、台湾双方からの集客の一環である。

◆鉄道撮影は禁止だったが…

 今では日本から鉄道ファンが台湾を訪れるだけでなく、台湾にも多くの鉄道ファンがいる。しかし冒頭で述べたとおり、1970年代当時は原則として鉄道の撮影は禁止されていた。

 ある時、筆者が鉄道沿線で列車を撮影していると、警官がやってきてフィルムを出せと迫ってきた。警官の横には密告者と思われる人物がにらみを利かせていた。が、警察官は取り出したフィルムの先を5cmほど引き出してカットし「これでいいです」と事なきを得た。密告者の手前の処置だという。警官も親日的な台湾人だったので「大岡裁き」をしてくれたのだと、ガイドの古仁栄さんは言った。

 古仁栄さんは台湾の鉄道愛好者界の第一人者で、日本人鉄道ファンツアーの案内役としても草分け的存在だった。古さんは熱心な日本の鉄道愛好者でもあり、1980年代に日本の国鉄全線を完乗したというツワモノで、日本人鉄道ファンの心情を深く理解してくれた。

 懸け橋を築くうえでは、古さんの長年の友人であった元鉄道雑誌編集者の故長谷川章氏が果たした功績も大きい。古仁栄さんと組んで、おそらく初の台湾鉄道ツアーを行い、日本人鉄道ファンを台湾の鉄道へ誘った最初の人であろう。筆者も長谷川氏の案内で阿里山森林鉄道を訪れた。また、1986年1月に阿里山森林鉄道と大井川鉄道が姉妹鉄道として提携する際、当時の大井川鉄道副社長、白井昭さんの台湾鉄道関係者との友好にも尽力された。

 現在の台湾と日本の鉄道の密接なつながりを思う時、これらの方々が日台の鉄道、そして鉄道愛好者間の絆を築いてきたことを忘れてはならないだろう。

◆台湾に普及した「鉄道趣味」

 現在では台湾においても鉄道趣味が盛んだが、この1つのきっかけとなったのは2007年に開業した台湾高速鉄道(台湾高速鉄路)といってもいいだろう。「台湾新幹線」の開業により、日本から台湾への観光客や鉄道ファンの訪問もさらに増えた。ただ、日本人鉄道ファンの多くは高速鉄道よりも、台湾に残るローカル線に日本の懐かしい姿を追い求める傾向が強いように思う。

 筆者はこの頃、日本国内の鉄道ガイドブックを3冊刊行し、台湾でも中国語に翻訳されて出版された。高速鉄道の開業直後、台北の出版社を訪れて関係者たちとうたげを共にしたが、そこには台湾の鉄道写真家・呉柏青さんと鉄道ライターの許乃懿さんほか鉄道知識人の3人も同席した。

 そのとき呉柏青さんは、風呂敷包みの中から筆者がかつて執筆した「ケイブンシャの大百科」3冊を取り出した。子どもの頃、この本で鉄道を知り、そして「鉄道写真の撮り方」を学んだというのだ。かつて鉄道にカメラを向けただけで憲兵が飛んできた時代があったことを思うと、台湾にも鉄道趣味が定着したことに歴史の流れを強く感じた。

 現在の台湾を代表する鉄道、台湾高速鉄道は日本の700系をベースとした700Tが走り、「台湾新幹線」ともいわれる。

 台湾高速鉄道は、当初はフランスとドイツの技術で計画が進んでいたが、1999年9月に発生した大地震を受け、地震対策の技術が卓越していた日本の新幹線方式を採用することになった。その結果、日本と欧州(ドイツ・フランス)の3カ国の技術が混在するシステムとなった。

 その際、2002年に台湾高速鉄路から技術顧問の依頼を受けて台湾に派遣されたのが、鉄道技術者の島隆氏だった。「新幹線の父」と呼ばれる鉄道技術者、島秀雄氏の次男で、新幹線0系の台車設計や、東北・上越新幹線の200系の車両設計責任者などを務めた人物だ。

 同氏は技術顧問として3カ国の複雑な技術の混在や人間関係などの調整を図って高速鉄道の開業にこぎ着け、今も台湾の鉄道関係者から尊敬の念を集めている。

◆進む日台の「鉄道友好」

 台湾に「新幹線」が開業すると、国鉄にあたる在来線の台湾鉄路局も近代化を促進した。最近では日本製のTEMU1000型「太魯閣(タロコ)号」やTEMU2000型「普悠瑪(プユマ)号」などの特急車両を導入してスピードアップを図っている。

 だが、2018年10月21日に普悠瑪号がカーブで速度超過による脱線事故を起こし、乗客18人が死亡、215人が負傷する惨事が起きたのは記憶に新しい。事故の起きた区間は高速鉄道と競合はしないものの、熾烈な競争を展開する台湾鉄路局の急激な近代化、高速化への焦りではないか、と思うのは筆者だけであろうか。

 一方で、高速鉄道の登場によって在来線の活性化も進み、鉄道の旅を楽しむ人たちが増えていること、さらに日本の鉄道にも目を向ける台湾人の旅行者、鉄道ファンが増えているのは喜ばしい限りで、かつて鉄道撮影が禁止されていた時代から見れば隔世の感がある。

 高速鉄道の開業からすでに10年以上が経ったが、今後も日本と台湾でお互いの鉄道に関心がより高まることを期待したい。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*『パイナップルケーキ』は11月半ばの入荷予定でしたが、11月末に変更になりました。ご迷惑を
 お掛けします。(2019年11月7日)

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  2,900円+送料600円(共に税込、常温便)[同一先へお届けの場合、10箱まで600円]
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

● 最高級珍味 台湾産天然カラスミのご案内【常時受付】
  4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)[同一先へお届けの場合、10枚まで700円]
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・松本洽盛編著『むかし「日本人」いま「台湾人」』 *new
・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)・(2)』
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)  *在庫僅少
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『台湾人生

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,