2月20日、映画「多桑/父さん」の呉念真監督を招いて特別講演会

2月20日、映画「多桑/父さん」の呉念真監督を招いて特別講演会
日本台湾医師連合、在日台湾婦人会、日本李登輝友の会が共催

 皆さんは10年前の台湾映画「多桑/父さん」を覚えていらっしゃるでしょうか。
 戦前の日本教育を受けた主人公の「父さん」は、東京オリンピックのテレビ中
継を熱心に見、台湾と日本の対戦試合では日本を応援する。調子が悪くなったラ
ジオを叩き、「安物ばっかり買って……。日本製なら10年は保つのに」と愚痴を
言う。そのような日本びいきの「父さん」の姿は、恐らくまだ記憶に新しいので
はないでしょうか。実はこの「父さん」こそ、この作品の監督、呉念真氏のご尊
父がモデルでした。
 その後も台湾の映画界、テレビ界で大活躍する呉念真監督がこのたび日本を愛
し続けた「父さん」の記憶を胸に来日され、ご自身の日本観、あるいは真の台湾
文化とは何であるかについて講演していただくことになりました。【使用言語:
日本語】
 つきましては、ご多忙のこととは存じますが、ぜひご出席くださいますようこ
こにご案内申し上げます。
    主催者一同[日本台湾医師連合、日本李登輝友の会、在日台湾婦女会]

■日 時  平成17年2月20日(日)午後5時〜7時
■会 場  センチュリーハイアット東京 B1F 天平の間
       東京都新宿区西新宿2―7―2  TEL:03−3349−0111
       【交通】JR「新宿駅」西口より徒歩9分、
           東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩4分、
           都営大江戸線「都庁前駅」から直接連絡
■演 題  生きて行く台湾―人々の暮らしの観点から(日本統治時代〜現在)
■講 師  呉念真先生
      1952年、台湾・台北県生まれ。輔仁大学夜間部会計学部卒後、1980
      年、中央電影公司製片企画部編審。1993年、映画「多桑」、1995年
      、映画「太平天国」を監督制作。ヒューストン映画祭金賞、アジア
      太平洋映画祭最優秀編集賞2回受賞、金馬奨最優秀編集賞5回受賞、
      金馬奨最優秀作詩賞、聯合報小説奨、呉濁流文学奨、金曲奨最優秀
      作詩賞などを受賞。「台湾念真情」「台湾百年」「強盗與天使」「
      箱子」、また「台湾百合」「阿祖的児子」など多数のテレビドラマ
      、ドキュメンタリー映画を制作。テレビ番組キャスターもつとめ、
      作家として『特別的一天』『台湾念真情』(1・2)『台湾頭家』など
      があり、映画脚本家としても「恋恋風塵」「悲情城市」「戲夢人生
      」「多桑」などの作品がある。
■懇親会  同ホテル B1F 飛鳥の間 午後7時〜9時
■連絡先  日本台湾医師連合(丘)
      TEL:048-881-7333 FAX:048-881-7222
      Eメール:tehaino@nifty.com
      日本李登輝友の会(柚原、片木)
      TEL:03-5211-8838 FAX:03-5211-8810
      Eメール:ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
      在日台湾婦女会(張信恵)
      TEL&FAX:0424-22-4604


呉念真監督特別講演会申込書

1、ご氏名:
2、人 数:  名 
3、TEL:
4、FAX:
5、講演会 出席 欠席(いずれかに〇をつけて下さい)
6、懇親会 出席 欠席(いずれかに〇をつけて下さい)

[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,