馬・総統:東シナ海油田は共同開発・利用が解決策

馬・総統:東シナ海油田は共同開発・利用が解決策
【7月21日 Radio Taiwan International】

 台北では20日、中華欧亜基金会主催の第7回、「台湾・日本フォーラム」が開かれた。
馬英九・総統は21日、この会議に参加した日本の代表団と会見。

 馬・総統は、5月に総統に就任して以降の東アジアの情勢と台湾海峡両岸関係に言及、
中国大陸との関係は過去の衝突から徐々に和解に向けて進んでおり、将来的には和解と
繁栄の「ウィンウィン」の局面が実現する可能性もあると説明した。

 東シナ海の油田開発をめぐる争いについて、馬英九・総統は、日本が最近、中国大陸
側と合意したことは「すばらしい成果」と評価した。馬・総統はまた、欧州諸国が北海
油田を共同開発したモデルを参考にすることを提案。

 馬英九・総統は、「40年近く前、ヨーロッパの北海油田も各国が争っていた。1970年
代に共同開発で合意して以来、北海ブレントは世界の重要な指標となっている。つまり、
このような問題の最良の解決方法は共同開発と共同利用だ」と述べた。

 馬英九・総統は、台湾海峡両岸が衝突する可能性が大幅に低下していることは、日本
が両岸双方と同時に良好な関係を保てることにつながると述べている。

 なお、20日に行われた「台湾・日本フォーラム」で、蕭万長・副総統は、「台湾と日
本は外交関係こそ無いものの、経済や貿易面など実質的な関係は一般の外交関係より緊
密だ」と述べた。蕭・副総統はその上で、日本が履行する京都議定書の定める環境保護
措置は、台湾と日本が将来協力していかねばならない重要な項目だとの考えを示した。


●本誌の転載転送を歓迎
 日本人及び台湾人の台湾問題への認識を深め、本会などの活動をより多くの方々にご
 理解いただきたく、本誌の転載転送をお願いします。また、本誌へのご意見・ご感想
 はバックナンバーの「このメルマガへのコメント」にお寄せ下さい。

 ■http://www.melma.com/backnumber_100557/

●日本李登輝友の会へのご入会−入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。

 ■入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 このところ、本誌「メールマガジン日台共栄」が届かなくなったという方が続出して
 います。通常は週に3回以上発行しております。購読を解除したわけでもないのに届
 かなくなったという場合は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬


[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , ,