許世楷大使らがNHKの「330太陽花学運デモ」参加者数の報道を批判

許世楷大使らがNHKの「330太陽花学運デモ」参加者数の報道を批判
3月30日に行われた台湾の「330太陽花学運デモ」を伝えるNHKは、その参加者数について「11
万人を超える市民が馬英九政権への不満を訴えました」と報じた。これは警察発表の数字だ。

 主催者側は約50万人と発表し、どのメディアも「警察発表で11万人超(学生発表で約50万人)」
(共同通信)など主催者発表と警察発表の参加者数を併記している。警察発表数字のみを報道した
のはNHKだけだった。

 これに対し、メルマガ「台湾の声」は、抗議デモを矮小化し、馬英九政権に肩入れする偏向報道
だと、「一緒に抗議を表明してください」と呼びかける許世楷・元台北駐日経済文化代表処代表な
どからの批判の声を紹介し、さらに具体的に「NHKはウクライナ・沖縄基地反対では主催者の数
字のみ」報じ、警察発表数字は報じていないとして「恣意的で、悪質なダブルスタンダード」と非
難、NHKに対して主催者側の統計を含めたニュースを改めて放送するよう求めている。

 この批判に対し、NHKはグウの根も出ないだろう。弁解や反論の余地はない。速やかに訂正放
送に応ずるしかない。


【NHKに抗議】恣意的報道!ウクライナ・沖縄基地反対では主催者の数字のみ

【メルマガ「台湾の声」:2014年3月31日】

 NHKはウクライナ、沖縄のデモは主催者側発表のみを伝えている。

 2013年12月25日「反政府デモ続くウクライナ」
 http://www.nhk.or.jp/worldwave/marugoto/2013/12/1225.html

 2013年1月27日 17時56分「基地問題の解決求め大規模デモ行進」

 それなのに台湾では政府側である警察の統計のみを発表するのは恣意的であり、悪質なダブルス
タンダードである。

 すでに台湾のメディアでは警察発表の数字に疑問の声が挙がっている。たとえば、アップルデイ
リー(リンゴ日報)の報道である。NHKは報道人に求められる、そういう検証を怠(おこた)った。

 ましてや、今回、政府側は24日に流血の鎮圧を行っているのである。NHKは人権・民主主義の
側に立つのか、独裁的権力の側に立つのか?

 これは客観公平を追求すべき報道人の精神に悖(もと)るものであり、ましてや公共放送として
あってはならないことである。日本を代表する放送局として恥ずかしくないのか?

 30日に行われた台湾の大規模デモについて主催者側の統計を含めたニュースをあらためて放送す
るようNHKに求める。

◆NHKふれあいセンター(NHKの放送した番組についての意見受付窓口)
 TEL:0570-066-066(ナビダイヤル) IP電話などから:050-3786-5000
 (受付時間:午前9時から午後10時 無休)
 FAX:03-5453-4000
 メールフォーム:http://www.nhk.or.jp/css/goiken/mail.html

◆NHK台北支局
 TEL:+886-2-2797-5880  FAX:+886-2-2797-5885

◆問題のニュース

台湾 学生呼びかけ大規模集会
NHK:2014年3月30日 18時00分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140330/k10013361771000.html

 台湾で、中国との間で結ばれた経済協定の撤回を求めて議会を占拠している学生たちの呼びかけ
で大規模な抗議集会が開かれ、11万人を超える市民が馬英九政権への不満を訴えました。

 台湾では、去年6月に中国と結ばれたサービス分野の自由化協定を巡って、与党が協定の発効に
向けた手続きを一方的に進めようとしたことに学生たちが反発し、今月18日から議会を占拠してい
ます。学生たちは、馬英九政権が協定の撤回には応じないとしていることから、運動を拡大しよう
と、30日、総統府の前で大規模な抗議集会を呼びかけました。

 集会には警察の発表で11万人を超える学生や市民が参加して総統府の周辺を埋め尽くし、「協定
を撤回し、民主主義を守れ」などと馬英九政権への不満を訴えました。集会に参加した人たちは、
「このまま協定が発効すれば中国との統一に向かってしまう」などと話していました。

 馬英九総統は29日夜、中国と新たに協定を結ぶ際には内容を議会などで事前にチェックする制度
を法制化する方針を示し、学生側の要求に歩み寄りをみせましたが、学生たちは協定そのものの撤
回を求める姿勢を崩していません。

 台湾のテレビ局の世論調査では、「協定は撤回すべき」と答えた人が63%に上っていますが、仮
に協定を撤回すれば中国との経済連携に大きな影響が出ることは確実で、馬英九政権は難しいかじ
取りを迫られています。

香港では台湾学生支援デモ

 一方香港では、中国との経済協定に反対する台湾の学生たちを支援しようとおよそ800人がデモ
行進を行い、「香港と台湾が団結して民主主義を守ろう」などと訴えました。

 これは香港の学生団体が呼びかけたもので、学生などおよそ800人が参加し、横断幕などを持っ
て香港の中心部を3キロにわたってデモ行進しました。

 参加者たちは、中国本土との間で経済面での一体化が進めば、中国共産党による政治的な影響力
が強まり、台湾や香港の民主的な制度が損なわれるおそれがあるとして、「香港と台湾が団結して
民主主義を守ろう」と訴えました。

 香港では中国本土との一体化に根強い反発があるほか、2017年に予定している香港トップの行政
長官を選ぶ市民による直接選挙を巡って、中国政府が影響力を行使してくるのではないかと懸念が
高まっているだけに、中国本土との関係を巡って台湾の学生たちの行動に共感が広がっています。

 デモ行進に参加した香港の男子学生は、「香港では1国2制度が50年間続くはずなのに、徐々に中
国との一体化が進み、民主主義の制度が影響を受けているので、台湾の学生たちを支持したい」と
話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140330/k10013361771000.html

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となります。

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』(会員:1,300円 一般:1,500円)
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』(会員:1,600円 一般:1,750円)
・喜早天海編著『日台の架け橋』(会員:1,100円 一般:1,260円)
・李登輝元総統対談掲載の『月刊「MOKU」9月号』(会員:1,500円 一般:1,700円)
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』(会員:1,500円 一般:1,700円)
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』(会員:1,400円 一般:1,500円)
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』(会員:1,300円 一般:1,400円)
・盧千恵著『フォルモサ便り』』[日文・漢文併載](会員:1,200円 一般:1,500円)
・廖継思著『いつも一年生』(会員:1,000円 一般:1,200円)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』(会員:850円 一般:900円)
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』(会員:1冊=2,000円 一般:2,500円)
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』(会員=1,000円 一般=1,300円)

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

・『セデック・バレ(豪華版)』(会員:6,500円 一般:7,000円 送料:1枚290円)
・『セデック・バレ(通常版)』(会員:4,700円 一般:5,200円 送料:1枚160円)
・『海角七号 君想う、国境の南』(会員:4,000円 一般:4,500円 送料:1枚160円)
・『台湾人生』(会員:3,150円 一般:3,360円 送料:1枚160円 5枚セット:無料)
・『跳舞時代』(会員:3,500円 一般:3,980円 送料:1枚160円)
・『父の初七日』(会員:3,100円 一般:3,300円 送料:1枚160円)

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

・「集団的自衛権の確立と台湾」渡部昇一先生講演録(2013年3月24日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)
・「台湾の将来と日本」中嶋嶺雄先生講演(2003年6月1日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」盧千恵先生講演(2004年12月23日)
・「台湾の現状と日台関係の展望」許世楷先生講演(2005年4月3日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・「二二八記念台湾問題講演会」阮美妹先生・西村眞悟先生講演(2009年2月28日)
・「台湾からの再出発」野口健先生講演(2010年12月23日)

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

・『台湾産うなぎセット』5,250円(税・送料込)
・『台湾飲茶6袋セット』4,200円(税・送料込)
・『台湾産天然カラスミセット』4,200円+送料600円(共に税込)
*同一先へお届けの場合、10枚まで600円
・『パイナップルケーキ』2,300円+送料500円(共に税込)
*同一先へお届けの場合、10箱まで500円

●「台湾フルーツビール・台湾ビール(金牌・瓶)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , ,