第7回対日世論調査の結果について  日本台湾交流協会台北事務所

第7回対日世論調査の結果について  日本台湾交流協会台北事務所

【日本台湾交流協会台北事務所:2022年3月18日】https://www.koryu.or.jp/Portals/0/culture/%E4%B8%96%E8%AB%96/2021/202203_seron_press_JP.pdf

 当協会は、台湾の「東方線上股?有限公司」に委託し、2022 年 1 月 5 日から 20 日にかけて、台湾に居住する 20 歳から 80 歳までの台湾の方を対象に、日本に対する見方等についての世論調査を行いました(サンプル数 1,068、標本誤差±3.06%、信頼度 95%、49 歳以下はネット調査、50 歳以上は電話調査、離島含まず)。

 前回 2019 年の調査結果と比べ、日本に対する好感度や信頼度、現在及び今後の日台関係に対する肯定的な評価等はいずれも上昇しています。また、当協会に対する認知度も向上し、当協会が昨年来実施している台湾に向けた広報活動(「日台友情」シリーズ)についても、比較的広く認識されていることが分かりました。

 日台関係の更なる発展のため、当協会としても引き続き尽力する所存です。

【主な調査結果】(詳細はこちら→ https://www.koryu.or.jp/business/poll/

*pt=ポイント

最も好きな国・地域1位:日本(60%、+1pt)、2位:中国(5%、−3pt)、3位:米国(4%、±0)

今後台湾が最も親しくすべき国・地域1位:日本(46%、+9pt)、2位:米国(24%、+9pt)、3位:中国(15%、 −16pt)

台湾に最も影響を与えている国・地域1位:米国(58%、+25pt)、2位:中国(25%、−20pt)、3位:日本(13%、−2pt)

日本に親しみを感じるか感じる:77%、+7pt(感じる:24%、+5pt どちらかというと感じる:53%、+2pt)感じない:6%、−2pt(感じない:2%、±0 どちらかというと感じない:4%、−2pt)

現在の日台関係をどう思うか良い:70%、+17pt(大変良い:21%、+10pt 良い:49%、+7pt)悪い:2%、−2pt(大変悪い:0%、−1pt 悪い:2%、−1pt)

現在の日台関係は、以前と比べどう変化したか ※今回初調査項目良くなった:65%(大変良くなった:15%、良くなった:50%)悪くなった:2%(大変悪くなった:0%、悪くなった:2%)

日本は信頼できる国か信頼できる:60%、+10pt(非常に信頼できる:9%、−1pt 信頼できる:51%、+11pt)信頼できない:8%、−1pt(非常に信頼できない:3%、+1pt 信頼できない:5%、−2pt)

日本台湾交流協会を知っているか知っている:26%、+4pt(よく知っている:6%、±0 知っている:20%、+4pt)知らない:26%、−4pt

日本台湾交流協会による広報「日台友情」シリーズを知っているか ※今回初調査項目知っている:37%(知っている:11%、聞いたことがある:26%)知らない:63%

※この記事はメルマガ「日台共栄」のバックナンバーです。

タグ: , ,