牡丹社事件の説明を巡る遺族の思いが平野久美子さんの仲立ちで台湾側に伝わる

明治に入ってからの日本と台湾の出会いは不幸だった。それは、宮古島の住民ら54人がパイワン
族に殺害された「牡丹社事件」に象徴される。この事件がきっかけとなり、日本の台湾出兵とな
り、日本は清国から台湾を割譲され、台湾は日本の統治下に入る。

 近年になって一度は和解した宮古島のご遺族と台湾側だったが、牡丹社事件の説明に宮古島側が
不満をもっていて、それがノンフィクション作家の平野久美子さんの仲立ちで解決したという。

 一見ささいなことのように見えるかもしれないが、ご遺族にとっては事件の記憶は生々しいよう
で、牡丹社事件から145年の今年、宮古島のご遺族の方々の心がようやく晴れたという。日米との
関係を重視する蔡英文政権が発足する直前に解決できたことを心から祝福したい。地元紙の「宮古
毎日新聞」が伝えているので下記に紹介したい。

 平野久美子さんといえば、『テレサ・テンが見た夢─華人歌星伝説』、『トオサンの桜─散りゆ
く台湾の中の日本』、『水の奇跡を呼んだ男 日本初の環境型ダムを台湾につくった鳥居信平』な
ど、台湾関係者にはなじみ深い作品が少なくない。


錯誤記述の削除が実現/牡丹社事件
「武器持った66人」の箇所/遺族の思い、台湾に伝わる
【宮古毎日新聞:2016年4月8日】
http://www.miyakomainichi.com/2016/04/87341/

 1871年に台湾南東部で宮古島住民ら54人が現地住民に殺害された「牡丹社事件」に関し、台湾の
屏東県政府文化処(所)が、同県の公園内に設置されている説明板に記された事件の経緯の一部を
削除したことが7日までに分かった。削除されたのは「武器を持った66人の成人男性が部落にやっ
てきた」と記述されている箇所の「武器を持った」という記述。遺族らが長年にわたり、書かれて
いる部分の削除や説明板の撤去を求めていた。

 台湾を対象にした作品が多い、ノンフィクション作家の平野久美子さんが、屏東県政府文化処
(所)長の呉錦發さんとのメールのやりとりで明らかになった。

 平野さんは、牡丹社事件を取材中、遺族らが説明板の記述に心を痛めていることを知った。

 平野さんは、以前から屏東県政府や同文化処と取材などを通して親しいことから、「遺族の思い
を少しでも理解してもらえれば」との思いで、現地関係者に伝える役目を引き受けた。

 今年2月25日から現地を訪問。28日には現地関係者や研究者、さらには呉さんに面会し、遺族側
の心情を伝えた。帰国後もメールでやり取りし、台日交流のためにも検証を行うよう依頼してい
た。

 平野さんは「呉さんは、作家でもあり歴史に詳しい。また、牡丹社事件に関心が高いことから、
すぐに動いてくれたと思う」と話した。

 「宮古島と台湾の人たちが、歴史認識をもとに交流を深めることが大切」と平野さん。「不幸な
事件だったが『禍を転じて福と為す』とのことわざにもあるように、宮古島の人たちの遭難事件を
台湾交流の礎として、今後は若者を中心にスタディツアーを計画するなど、台湾との絆をさらに深
めてもらえれば」と期待した。

 牡丹社事件については、2001年に台湾から訪問団が来県。那覇市護国寺に祭られた犠牲者の墓地
に参拝し、遺族側に謝罪したことで「和解」が成立している。

 一方、説明板の記述をめぐっては原住民に殺害された牡丹社事件から140年に当たる2011年、台
湾で開かれた慰霊祭と学術会議で、遺族の野原耕栄さん(上野野原出身、浦添市在)から指摘が
あった。

 会議に出席した学者からも「宮古島住民が武器を持っていたとの文献は存在しない」との発言が
あり、今後、十分な研究や調査が必要だとしていた。

 市議の垣花健志さんは、市議会一般質問で牡丹社事件のことをたびたび取り上げ、市に対し説明
板の撤去や削除を台湾側に要請するよう求めていた。

               ◇    ◇    ◇

牡丹社事件
琉球王国時代の1871年、宮古島民の乗った船が首里王府に年貢を納めた帰り、台風で台湾南部の八
瑶湾(現九棚湾)に漂着。乗員69人のうち3人は水死し、残り66人は原住民族、パイワン族の集落
である高士仏(くすくす)社に助けを求めたが、双方の誤解が重なり54人は殺害された。生き残っ
た12人が助けられ、中国の福建省を経由し那覇に帰った。同事件がきっかけとなり、明治政府は
1874年に「台湾出兵」を行った。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*現在、台湾ビール(缶)の在庫が切れています。台湾ビール(瓶)と台湾フルーツビールの在庫
 は大丈夫です。【2015年7月28日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *new
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,