牡丹社事件の「大日本琉球藩民五十四名墓」で催される日台交流会で芸能を奉納

牡丹社事件の「大日本琉球藩民五十四名墓」で催される日台交流会で芸能を奉納
ノンフィクション作家の平野久美子さんに、牡丹社事件をテーマとする「145年の時空を超えて
─牡丹社事件遺族の気持ちが、台湾に届いた!」を本会の機関誌「日台共栄」6月号に寄せていた
だいた。

 牡丹社事件は狭義には、1871年(明治4年)、首里の琉球王府に年貢を納め終わった宮古島と八
重山の貢納船が10月半ばに那覇を出港したあと台風に遭い、宮古島船1艘が台湾南東部の八謡湾に
漂着。11月上旬、乗組員69名のうち、溺死した3名を除いた66名が山中をさまよった末にパイワン
族の村へたどり着いたものの、54名が首をはねられて殺害された事件を指す。琉球漂流民殺害事件
とも宮古島民台湾遭難事件とも称される。

 ただし、その後の台湾出兵と日清戦争により台湾が日本に割譲されることとなり、この一連の歴
史も広義的に牡丹社事件と称されている。

 台湾に出兵した日本軍は、殺害された54名の宮古島島民を自国民として現地に「大日本琉球藩民
五十四名墓」(屏東県車城郷統埔村統埔路39号)建立している。

 来る6月26日、このお墓の前で屏東県政府が主催する日本と台湾の交流会が開かれ、八重山台湾
親善交流協会沖縄支部の方々が芸能を奉納するという。地元紙の琉球新報が伝えているので下記に
紹介したい。

 なお、この記事に2012年に石垣市名蔵に「台湾農業者入植顕頌碑」が建立されたとある。この顕
頌碑は、戦前の1935年(昭和10年)、台湾の農業者が石垣市名蔵に入植してパイン産業と水牛耕作
という技術革新をもたらし、農業に多大な貢献をしたことから、それを讃えるための碑で、2012年
8月10日に除幕式が行われている。

 来る7月30日から石垣市を訪問される李登輝元総統は、この「台湾農業者入植顕頌碑」を訪問さ
れる予定だという。


台湾遭難犠牲者を慰霊 八重山交流協が芸能奉納へ
【琉球新報:2016年6月15日】

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-298198.html
写真:芸能を奉納する八重山台湾親善交流協会沖縄支部の宮野照男支部長(前列中央)、安里國昭
   副支部長(後列左)、与儀徹事務局長(同右)、舞踊家の川井民枝さん(前列右)、喜舎場
   慶子さん=13日、琉球新報社

 1871年に台湾屏東県に漂着し、先住民に殺害された宮古住民を慰霊しようと、八重山台湾親善交
流協会沖縄支部(宮野照男支部長)が26日、「大日本琉球藩民五十四名墓」で催される交流会(屏
東県主催)で芸能を奉納する。現地の人々も芸能を奉納する。宮野支部長は「この痛ましい事件が
日台関係史の出発点だ。犠牲者を慰霊し、未来に向けて交流を進めたい」としている。

 2012年に石垣市名蔵に「台湾農業者入植顕頌(けんしょう)碑」が建立されたことを機に、同協
会が13年に発足した。今回は芸能団24人を中心とする計37人で台湾を訪れる。26日夜には屏東県芸
術館でも公演する。

 墓前では「とぅばらーま」「無蔵念仏節」などの歌や踊りを奉納する。「とぅばらーま」は顕頌
碑建立に関わった三木健さんが「肝(くぃむ)やふぁやふぁとぅ すらし給(た)ぼり(心安らか
に癒やされてください)」などといった慰霊の歌詞を書いた。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*現在、台湾ビール(缶)の在庫が切れています。台湾ビール(瓶)と台湾フルーツビールの在庫
 は大丈夫です。【2015年7月28日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,