沼田幹夫代表が中央通信社のインタビューに「台湾は私の第二の故郷」と深い感謝の念

今月半ば、日本台湾交流協会台北事務所の沼田幹夫代表が5年3ヵ月にわたった任期を終えて離任する。

 日本台湾交流協会台北事務所は10月1日に沼田代表の離任レセプションを国賓ホテルで開催し、同事務所によれば、お世話になった皆様に感謝の意を表しつつ「台湾は今や第二の故郷」などと述べ、最後に下記のように締めくくったそうです。

<5年3か月、これをやったと胸をはれる物は特に何もありませんが、これは何としてもやりたかったと思うものは未だたくさんあります。新しい代表によって、私が果たせなかったことを一歩一歩進めてもらえるものと今は思っています。  5年間本当にありがとうございました。老兵は死なず、ただ去りゆくのみ。台湾の今後の隆盛を切に願い、本日ご参集頂いた全ての皆様のますますのご健勝を祈念し、私のお別れの挨拶とさせていただきます。>

 この離任レセプションの翌日、中央通信社がインタビューし、沼田代表は改めて「台湾が世界保健機関(WHO)に参加できない状況は異常だ」と指摘し、心残りは「日本食品の輸入制限措置を解決できなかったこと」で「台湾の方々の中には大きな問題と認識されていない方もいるかもしれないが、台湾がCPTPPに参加することを歓迎している日本の意欲をそいでいることになる」とも苦言を呈したという。

 とは言え「これまで中国や米国、ミャンマーなどで生活したが、台湾は本当に優しい、安全な社会で、私の第二の故郷だ」とも述べ、深い感謝の念を示したという。

—————————————————————————————–駐台代表、沼田幹夫氏インタビュー 「真剣勝負」で日台関係深化に尽力【中央通信社:2019年10月6日】http://japan.cna.com.tw/news/apol/201910060001.aspx

 (台北中央社)日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会台北事務所の沼田幹夫代表(大使に相当)が2日、中央社のインタビューに応じた。「外交の世界は真剣勝負で、相手を尊敬し、要望を達成するためには本当の友情が必要」と語る沼田氏。5年3カ月にわたった任期中この精神を貫徹し、今月中旬で離任する。日台関係や台湾への思いなどを聞いた。

▽日台関係

 着任した2014年当時、日台間の人的往来は年間300万人強であったが、今では700万人に近づこうとしている。こうしたこと自体が日台関係の緊密さを表している。日台関係は馬英九前総統と蔡英文総統の下で大きく発展した。特に馬政権下では、当協会と台湾日本関係協会との間でオープンスカイ(航空自由化)取決めや日台漁業取決めなど、その後の日台関係の基礎となる協力文書に署名した。こうした関係が将来に引き継がれることに期待する。

▽台湾が切望する環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP)参加に対 する日本の姿勢

 菅官房長官はこれまでに2回、台湾の参加について歓迎を表明している。だが、CPTPPはコンセンサス方式が取られているため、全加盟国が合意しなければ実現が難しいこと、また、CPTPPが目指す関税撤廃が招くリスクに対する十分な準備と覚悟が必要であることは理解してもらいたい。

▽台湾が国際機関から排除されている問題について

 台湾の国際空間が狭まっている件は深刻な問題と認識している。空の安全や公衆衛生、防災などの諸問題は世界中の人に影響をもたらすにもかかわらず、台湾が排除されている。特に感染症などは外交問題ではなく人命に関わる問題で、台湾が世界保健機関(WHO)に参加できない状況は異常だ。

▽任期中に最もうれしかったことと心残り

 うれしかったのは、3年前に「台湾高校生日本留学事業」を開始したこと。われわれの未来は若い人が担うもの。親日とまでいかなくとも、彼らに日本を知ってもらうことは大変大事だ。これまでに約60人の高校生が日本へ留学した。心残りは日本食品の輸入制限措置を解決できなかったこと。日台双方で政治問題になってしまった。台湾の方々の中には大きな問題と認識されていない方もいるかもしれないが、台湾がCPTPPに参加することを歓迎している日本の意欲をそいでいることになる。残念だ。

▽台湾に対する印象、好きな場所

 これまで中国や米国、ミャンマーなどで生活したが、台湾は本当に優しい、安全な社会で、私の第二の故郷だ。以前、台北メトロ(MRT)に乗った時、女子高生が席を譲ってくれた。日本ではもうないことで、感激した。好きな場所は総統府。5年間本当によく足を運び、馬前総統、蔡総統に大変お世話になった。総統府は日台関係の象徴だ。今年は築100年を迎える。日本人が建てた建築物を100年間台湾の人が守り続けてくれたことに、感謝しかない。

             ◇    ◇     ◇

 沼田氏は2014年7月に着任。任期中には日台間で、経済や漁業、防災、教育などの取決めや協力覚書が20項目締結されたほか、17年1月には同協会の名称が従来の「交流協会」から現行の「日本台湾交流協会」に改められた。これらの功績が高く評価され、先月27日に外交部(外務省)の褒章「特種外交奨章」が、今月1日に中華民国の勲章「大綬景星勲章」が授与された。同2日には北部・桃園市から名誉市民の称号が贈られた。

                                      (塚越西穂)

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキは在庫がなくなりました。ご迷惑をお掛けしますが、入荷できるまでしばら
 くお待ちいただきますようお願いします。【2019年9月13日】

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  2,900円+送料600円(共に税込、常温便)[同一先へお届けの場合、10箱まで600円]
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

● 最高級珍味 台湾産天然カラスミのご案内【常時受付】
  4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)[同一先へお届けの場合、10枚まで700円]
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・松本洽盛編著『むかし「日本人」いま「台湾人」』 *new
・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)・(2)』
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)  *在庫僅少
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『台湾人生

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , ,