林志昇集団の日本参詣  アンディ・チャン

林志昇集団の日本参詣  アンディ・チャン
林志昇の黒幕、金主は中国なのかと疑問に思わずには居られない 

【AC通信:No.508 Andy Chang:2014年8月18日】

 6月のAC通信501号と502号で「林志昇の嘘を検証する」を書いたが、続いて8月10日に多田恵氏が
「台湾の声」に「台湾民政府の実態」を発表した。多くの人が林志昇に疑問を感じている

 林志昇の台湾民政府新聞は8月17日に、「台湾民政府(TCG)は内閣の62名を日本に派遣して靖国
神社に参拝した。靖国には39100柱の台湾人英霊が祀られている」と発表した。39100柱と言う数字
は日本の公式発表の27864柱とかなり違う。嘗て石戸谷氏は林志昇にこの数字の違いの説明を求め
たが、今回もこの数字を使っている。

 林志昇集団は靖国参拝だけでなく、毎年の皇居一般参賀に黒いユニフォームでTCGの旗を持った
集団で参拝し、天皇陛下に認められたと宣伝している。

●「台湾米属論」から「台湾日属米占論」へ

 林志昇はなぜ皇居参賀や靖国参拝をするのか。理由は「台湾は今でも天皇の神聖不可分の領土」
と主張し、天皇に認められたから日本国籍を取得する「権利?」があると台湾人を騙すためだ。

 初めは「台湾は米国の属領である」。サンフランシスコ平和条約(SFPT)の第23条に米国は(日
本の)主要占領国であると書いてあったから台湾も米国の占領地区である。SFPTの締結後でも占領
権は継続しているから(台湾は米国の属領)と主張していた。「台湾米属論」で林志昇は米国政府
を告訴して米国の居住権を要求した。

 この訴訟は地方法院で却下されて高等法院に持ち込んだが、この時の弁論で林志昇の弁護士は
「米国はフィリッピンを50年統治し、フィリッピン人に米国居住権を与えた。米国は台湾の占領権
を持っているからフィリッピン人同様、台湾人に居住権を与えるべきだ」と主張したが、ブラウン
裁判官は言下に「台湾とフィリッピンの状況は根本的に違う」といって却下した。これは法廷記録
に残っている。

 米国の訴訟で居住権が却下されたので林志昇は次に「国際法と占領法によれば台湾は日本天皇の
神聖不可分の領土である」と主張し始めたのである。台湾は日本の領土であるが、米国が占領権を
握っている、つまり「台湾は日本属領で米国が占領」と言う新論である。

 皇居に参賀したら天皇が手を振った、天皇が主張を認めたと言って台湾人の台湾民政府に加入を
促すのだ。皇居の参詣を続ければ台湾人は日本人だとわかる、日本の国籍を申請する時に有利にな
ると言う幻想は、米国の訴訟が却下されたから日本に鞍替えしたのである。

●国際法と占領法

 林志昇は、SFPT第2条で日本は台湾澎湖の主権放棄をしたが、国際法と占領法によれば台湾は日
本の領土であり、天皇の神聖不可分の領土を勝手に放棄することはできないという。そうすると
SFPTは違法(?)そしてSFPTに署名した日本政府も米国を主体とする48カ国も違法(?)と言うこ
とになる。

 林志昇理論の根拠は、台湾澎湖は日本の植民地だったが1945年に新南群島(南沙群島と西沙群
島)と共に日本領土に編入された。国際法と占領法によれば戦勝国が占領した領土を自国領土に編
入することは許されない。台湾澎湖と新南群島は日本の不可分領土で、戦勝国がSFPTで勝手に処分
できないと言うのである。

 だがこの主張には大きな欠陥がある。1945年と言えば戦争の最中であるから、占領法、国際法に
よれば日本が勝手に台湾澎湖と新南群島を日本領土に編入することはできない。つまり林志昇は自
分の主張を自ら否定する結果となるのである。

●米国は台湾の占領権を持っていない

 前にも詳述したが、米国は台湾を占領した事実がなく、SFPTの発効で戦争は終結し、占領軍、占
領国は共に解消した。つまり米国は台湾の占領権を持っていない。

 日本はSFPT第2条で台湾澎湖の主権を放棄したが、中国に主権を移譲したのではない。台湾の国
際的地位は未定であり、台湾の主権は台湾人が持っている。米国は中華民国と断交したが、台湾お
よび台湾人民の安全を防衛するとして台湾関係法を制定した。

 台湾関係法では中華民国と言う呼称はなくなり、その後はTAIWANと呼ぶようになった。しかし米
国の曖昧政策では台湾の主権のありかを確認せず台湾を統治している政府を台湾当局と呼ぶ。今の
台湾当局は中華民国政府と呼ぶが米国はTAIWANと呼ぶ。

 米国は台湾の現状維持を主張し、中国の武力進出を防ぐだけで主権問題に介入しない。もしも米
国が台湾の占領権を持つなら台湾独立とか、米国領に編入など方法はいくらでもあるはず、それが
出来ないのが事実なのだ。

●林志昇の最近のビデオ広告

 林志昇は最近でもいくつかのビデオをユーチューブに発表している。新しく発表された「70年間
隠されてきた台湾の真相をアメリカが自ら明かした」と言うビデオは私が6月に配信した記事の後
に作ったと思われるが、ビデオのナレーターはアメリカ人らしい男で、中国語と日本語の説明文が
ついている。幾つか興味ある発見があった。

 第一の発見は私が疑問を呈した部分をボカしていること。例えば、これまでの主張で「SFPT第23
条によると米国は主要占領国である、だから米国は台湾の主要占領権を持っている」と何度も主張
した箇所は「SFPT第23条によると米国は主要占領国である」とだけで後がない。台湾の主要占領国
であるとは言っていない。なぜ米国は台湾の主要占領国であると言う説明がなくなった。

 ビデオの結論部分でナレーターは、「米国の方針は台湾の地位を未定であると考えています。台
湾は中国の属領ではありません。台湾は米国に占領された領域です。しかしこれは台湾が米国の領
土(belong to America)と言うのではありません。台湾は米国の軍事政府の下での一種類似の信
託統治です」と米国の占領統治が続いているとしている。「天皇の神聖不可分の領土」とは言って
いない。

 更に注意すべき点は中国語の説明文は簡体漢字を使っていることだ。台湾で製作したビデオなら
繁体漢字を使うはずだ、簡体漢字だから中国か、香港で製作したのだろうと思われる。だが簡体漢
字を使ってこのビデオを作った林志昇の黒幕、金主は中国なのかと疑問に思わずには居られない。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となってい
 ます。5月1日から消費税対応価格の台湾食品をご案内しております。

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾ビール&フルーツビール【12本セット・24本入り】お申し込みフォーム *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze【携帯用】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

・台湾産天然カラスミセット 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円
・パイナップルケーキ 2,480円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円
・台湾飲茶セット 3,620円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

・李登輝『李登輝より日本へ 贈る言葉
・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , ,