李登輝講演を聞いて  如月 隼人(サーチナニュース編集主幹)

李登輝講演を聞いて  如月 隼人(サーチナニュース編集主幹)
総統退任後、5年ぶり6度目の来日となった李登輝元総統は、大阪と東京で「これからの世界と日
本」と題して講演された。同じ演題だが、内容はいささか異なる。

 9月20日の大阪講演では、日本の集団的自衛権の行使容認について評価するとともに、中国大陸
が軍事力を増強して西太平洋の主導権争いが緊張を増していることで日米関係のさらなる強化の必
要性を訴えた。また日本は、憲法を改正して自立すべきと説き、フィリピン、オーストラリア、イ
ンドと軍事関係の結びつきを強めて尖閣列島や南シナ海問題で中国大陸を牽制すべきで、それが台
湾によい影響を及ぼすなどと述べた。

 一方、翌21日の東京講演では大阪同様、集団的自衛権や憲法改正などにも言及されたが、「人類
と平和━アジアの平和を求めて」をテーマに、人間とはなんぞやから説き起こし、トルストイの
『戦争と平和』を援用して平和とは何か、戦争とは何かに言及されている。

 この東京講演の模様を「サーチナニュース」が3回に分けて詳しく伝えている。かなり長いが、
一連のものなので3本すべてを下記にご紹介したい。

 記者も講演に感銘を受けたようで、それが記事にもタイトルにも現れている。講演の写真は下記
からご覧いただきたい。

                   ◇  ◇  ◇

李登輝講演を聞いて(1)「伝える者」としての誠意あふれる姿勢に感銘
http://news.searchina.net/id/1544486?page=1

李登輝講演を聞いて(2)奥の深い「哲人政治家」の本領と誠実さを披露
http://news.searchina.net/id/1544487?page=1

李登輝講演を聞いて(3)平和の問題で「空論」を排除、国を守るリーダーの責任を強調
http://news.searchina.net/id/1544489?page=1


李登輝講演を聞いて(1)「伝える者」としての誠意あふれる姿勢に感銘
【サーチナニュース:2014年9月28日】

 9月21日の、台湾・李登輝元総統の東京講演会に出かけた。李元総統は主に、これからの日本の
あるべき姿について考えを語った。結論そのものは、これまで示してきた考えの方向性に沿ったも
ので、それほど目新しいものではない。しかし、結論に至るまでの思索の過程と、自らの思索を他
者に理解してもらおうという誠意ある姿勢に、大いに感銘を受けた。聴衆も李元総統の言葉を、ひ
とつでも聞きもらすまいと熱心に聴き入った。会場を、さわやかな緊張感が満たした。

 李元総統がまず指摘したのは、米国の力が凋落していることだ。アジアにおいても軍事力を十分
に行使できない状況になったとして「今や世界は、指導する国家なき戦国時代に入った」、「これ
をアメリカの政治学者、イアン・ブレマー氏は『Gゼロの世界』と呼んでいる」と論じ、日本人に
対して「混沌とした時代」の中で自国が生き抜いていくために、何が必要か真剣に考える必要があ
ると説いた。

 そして、安倍首相が7月に、集団的自衛権の行使を認める決断をしたことについて、「アメリカ
は時をおかずして『歓迎する』との声明を発表しました。わたくし李登輝も大歓迎であります」、
「決断した安倍総理には心から敬意を表したいと思います」と述べた。

 李元総統は、日本国憲法を「戦勝国アメリカが、日本を2度と、アメリカに歯向かわせないよう
に押しつけたもの」と主張。第9条で軍事力を持つことが禁止されていることを特に問題視し、
「軍事力を保持することが、すなわち戦争を引き起こすことを意味するものではありません」と繰
り返し主張した。

 さらに「自分の身を自分で守る」ことは国際社会における原則と指摘し、憲法に軍事力の放棄を
盛り込んだ日本が、戦後数十年にわたって国家にとって致命的な問題に遭遇せずに済んだのは「ア
メリカによる支援と幸運あったからにほかなりません」との考えを示した。

 写真はサーチナ編集部が21日の講演会場で撮影。李元総統はときおり「もう91歳です」などと語
りながらも、明晰な論理と際立つ情熱で、健在ぶりを示した。

                 **********

 李元総統は、日本語で講演を行った。生まれは1923年。周知のように、日本統治下の台湾出身
だ。京都帝国大学で学んだ。終戦時、21歳だった。若き頃に磨きをかけた日本語は流暢だ。しか
し、今回の講演で驚いたのは、その日本語のレベルではない。聴衆に語りかける情熱だ。生本番の
講演ということで、口ごもったりすることは時にある。しかしそれは問題ではない。

 手元の原稿に目を落とすことはあるが、できるかぎり聴衆の目を見つめ、自分の考えを伝えよう
と、力強く語る。聴衆も李元総統の言葉を、ひとつでも聞きもらすまいと熱心に聴き入る。伝えよ
うとする者、受けとめようとする者が真剣に向かい合った。会場を、さわやかな緊張感が満たし
た。(続く)

                                 (編集担当:如月隼人)


李登輝講演を聞いて(2)奥の深い「哲人政治家」の本領と誠実さを披露
【サーチナニュース:2014年9月28日】

 9月21日の、台湾・李登輝元総統の東京講演会に出かけた。李元総統は主に、これからの日本の
あるべき姿について考えを語った。李元総統は、自らの結論に至るまでの思索を、かなり詳細に説
明した。聴衆に対する「私の語ることを理解していただきたい」、「自分自身でしっかりと考えて
いただきたい」という伝え手としての誠意を強く感じた。そして、李元総統に続く世代の政治家
で、ここまで物事を掘り下げて、思索を重ねている人が、どれだけいるだろうと考え込んでしまっ
た。

 李元総統は、講演の冒頭部分でまず、日本国憲法、とくに軍事力を持つことを禁止する第9条
を、「戦勝国アメリカが、日本を2度と、アメリカに歯向かわせないように押しつけたもの」と主
張。自らの国を自らで守るという国際社会における原則を放棄した日本が、これまで危機的状況に
遭遇することがなかったのは米国の支援と「幸運」があったからと論じた。

 そして、米国が凋落し、指導者たる国家がなくなった現在の国際情勢のもとで、日本は自らが生
き残ろうとすれば「真の自立した正常な国家となる」ことが不可欠であり、そのためには憲法修正
という問題に、向かい合わねばならないとの考えを示した。さらに軍事力を持つことと戦争をする
ことは同じではないと、繰り返し主張した。

 結論を論じた次に、李元総統の話はいよいよ、論点の中核となった。人類の平和、アジアの平和
を求めるには、まず「人間とはなんぞや、から始めねばなりません」と主張。そして、人とはこの
世に生まれてから、からならず「他者との分離」を通じて自我を形成すると指摘した。

 李元総統は旧約聖書の創世記から多く引用した。例えば、天地創造についての記述だ。「神の天
地創造は『分離と区分』とにもとづいて混沌に道筋を与えることによって、なしとげられている」
と指摘。「神は光と闇を分け、大空のもとに上と下に水を分けて天を作り、最後に乾いたところか
ら水を分けて海と陸を作った」、「それまでおたがい溶けあったものを分かつことによって、初め
て時間が成立する」、「光と闇、上と下、男と女、といった分離過程こそは、生まれると同時に飲
み込まれる永遠の一体性に終止符を打つものである」などと説明した。

 政治の話の中で、なじみの薄いキリスト教関連の説明が続いたことで、やや戸惑いを感じた聴衆
がいたのも事実だ。しかし、李総統の論旨は、その後に続く部分で、極めて明確になっていった。

 まず、人とは、生まれた当初は周囲の世界をすべて「混沌」としたものとしか認識できていない
が、やがて「自我」と「他者」を異なったものと認識するようになるという事実だ。さらに言え
ば、他者を自らとは異なったものと認識することこそが、「自我」の出発点だということだ。

 李元総統は、このような「自我」の確立には勇気が必要とも述べた。さらに「自我」と「他者」
の存在をはっきりと認めてこそ、「人間の生は戦いであるのみでなく神から許されたよろこびでも
あり、苛酷な労働であるのみでなく、神の贈り物でもある」、「生きることを喜び、ほろびゆく人
間ははじめて、自己と異なる他者の存在とも連携・連帯していける」と説明。

 李元総統は聖書の引用に加えて、「人類の古い神話はそのシンボルとして個人の生活史の中で繰
り返される生命の原理を示すゆえに、きわめて実際的な意味を持っていることがわかる」と述べ
た。つまり自らの信仰とは別に、聖書の記述を「人類の古い神話」、「シンボル」と説明すること
で、議論を「キリスト教(あるいはユダヤ教)信者でなくとも、多くの人が納得できる」ものにす
るように努めた。李元総統はさりげなくつけ加えただけだが、発言のこういった部分からも、台湾
に民主的社会をもたらしたリーダーとしての「深み」を感じた。

 このあたりで、李元総統がなぜ、平和の問題を語るのに聖書の引用を行ったかが、明らかになり
はじめた。人は、自我とは異なる他者の存在をしっかりと認めねばならないということだ。国際社
会の問題を考える上でも、自国とは立場も利益も主張も発想も異なる他国が厳然と存在しているこ
とを認識せねばならない。

 相手が自分と同じように考え行動すると無条件かつ安直に信じることは、むしろ甘えでしかな
い。そして自己が存在する喜びを知り、同時に他者の存在をしっかりと認識してこそ「自己と異な
る他者の存在とも連携・連帯していける」との考え方だ。

 日本などでは、キリスト教的な発想について「人と自然を対立的にとらえている」、「人が自然
を支配することが前提」との批判的見方がある。はなはだしい場合には「自然破壊の元凶となる発
想」との主張すらある。

 李元総統は、「自己」と「他者」のそれぞれの存在をしっかりと認めることにより、自然との共
生にも目を開かざるをえなくなると主張。自然を他者であるとしっかり認識せねば、「自然の生命
の無限性に甘える」ことになりかねず、むしろ、「自然もまた同じ神の被造物であり、有限の生命
を持つ」と認識することが重要であり、「自然の権利を守るためには、自覚的人間の管理の責任が
問われる」と主張した。

 李元総統の自然観は、日本人の伝統的な自然観とは異なる面がある。日本人の多くは「人と自然
は一体のもの」と考えてきた。しかし考えてみれば、人類の産業活動がこれほど活発になった現
在、「人と自然は一体」と無頓着に“感じて”いるだけでは、人の都合を自然の側に安直に押しつ
けかねないとも言える。その意味で、李元総統の「自然を他者と考え、自然の側が持っている権利
をしっかりと守る」という自然観は傾聴に値する。

 写真はサーチナ編集部が撮影。李元総統は平和と戦争の問題を「人間とは何か」という思索から
説き起こし、哲人政治家としての本領を改めて示した。

                **********

 日本人には、周囲との一体感を重視する発想が強いとされる。もちろん、「一体感重視」という
日本人の傾向が、よい結果をもたらした事例は枚挙にいとまがない。例えば、東日本大震災発生直
後に多く見られた「団結心」だ。自らが何らかの「チーム」に属していると感じた時、日本人は自
らを「チーム」と一体と感じ、突出した底力を発揮することが多い。

 しかし、周囲との一体感ばかりを重視したのでは、「甘え」というよくない現象が発生しやすい
のも事実だ。李元総統は、「自己」と「他者」の関係で、対決だけが存在すると説いたわけではな
い。むしろ、他者との連帯・連携・共生を得るに至る心のメカニズムを強調した。

 李元総統の主張をさらに延長すれば、同じチーム内に「異なる自己と自己、つまり自分自身と他
者が存在する」と認識していても、それがチームの結束を減じる原因にはならないことになる。
チームの結束が崩れるのはむしろ、他のメンバーに甘えあうことで蓄積された矛盾が表面化した場
合に起こるが多い。つまり、甘えを先行させるのではなく「同じチーム内であっても、他者には他
者としてきちんと向き合わざるをえない」との李元総統の考え方はむしろ、日本人が持つ団結心や
他人を思いやる心をより上質なものにしていくための、大きなヒントとなるものだ。

 李元総統の「自己・他者観」、「世界観」は講演の続きの部分の、「母との“別れ”」、さらに
「平和と戦争の問題」の部分で、いよいよ明らかになる。(続く)

                                 (編集担当:如月隼人)


李登輝講演を聞いて(3)平和の問題で「空論」を排除、国を守るリーダーの責任を強調
【サーチナニュース:2014月9月28日】

 9月21日の、台湾・李登輝元総統の東京講演会に出かけた。李元総統はこれからの日本のあるべ
き姿について「人の本質とは何か」という問題から説き起こした。まず、人とは「自己」と「他
者」という異なる存在の分離という現実にかならず向き合わねばならないと主張。つぎに「自己」
と「他者」の分離が、どのような様相をもたらすかについて説いた。そして、「他者」という存在
に向き合わねばならない国際政治において、自らを守る戦力はそれぞれの国に必要なものとの論説
を展開。「日本と台湾は運命共同体」と主張した上で、「日本が真の自立した国家として歩むこと
を心より期待」すると述べた。

 「自己」と「他者」の問題について李元総統は次に「自分史」を披露した。李元総統の母は、李
元総統を溺愛していたという。李元総統は母の愛情に感謝しつつも、「このままでは、自分がなく
なってしまう」と直感し、「中学校受験のためにはどうしても必要」との理由で家族を説得し、12
歳の時に家から離れて淡水の街で生活することにしたという。

 そして、教師や友人の家で「居候」の生活を始めた。実家にいた時には食事になれば何も言わず
とも、母が豚肉の一番美味しいところをどっさりと盛ってくれるような生活だったが、家を出てか
らはまさに「3杯目には、そっと出し」という状況だったという。

 しかし李元総統は、居心地のよい家を出たことは自らの成長過程において必要不可欠であると感
じたからこその「人間としての本能的な選択」だったと表現し、人間の生涯の過程では「分離と結
合」、「自由と不自由」が繰り返されると説いた。

 李元総統は話を「戦争と平和」の問題に進めた。まず、「戦争はいけない」、「戦争はやむをえ
ない」といった「価値判断ばかりが先走った議論」が多いと批判。そうではなく、現実の世界にお
いて「平和がどのように可能となるか」を考えねばならないと主張した。引用したのはトルストイ
の「戦争と平和」だ。

 「戦争と平和」は、ナポレオンによるロシア侵略の時代を描いた作品だ。李元総統はトルストイ
の言葉を引き、「数百万もの人間が互いに殺し合う」という事態が、「肉体的にも精神的にも悪だ
と分かっている」にもかかわらず発生した現実を踏まえ、戦争は人間の本能が必然的に起こすもの
とのトルストイの考えに対する同感を示した。

 李元総統は一方で、「平和を求めたい、というのは大部分の人間の希求」とも説いた。しかし、
争いを始め戦争を起こしてしまうという人間の本質にもとづいて考えれば、「首尾一貫した原理原
則の適用は不可能なことと言わざるをえません」、「可能なのは、具体的な状況の中から、平和の
条件を探ることにすぎません」と主張した。

 李元総統は、人間というものが戦争を起こすという本能を持っているからには「平和のためにす
べての武器を廃絶すべきだと言う考えは、実現不可能なユートピア」、さらに、戦力放棄とは自ら
侵略に身をさらす事態を招く「愚かな行為」と批判した上で、「平和についての議論は実は、平和
そのものではなく、それと実現する方法をめぐる争いの歴史なのです」と指摘した。

 また、国際社会の主体は国家と説明し、「各国がその存続のために権力を行使するかぎり、国家
間の協力関係はごく限られたこの範囲にしか成立できません」、「国と国との関係は、非常にせま
い範囲の利益関係のもとにしか結局、共存関係は作られません」との現実を、聴衆に突きつけた。

 さらに、国内政治の場合には政府が「その暴力を背後に法を執行することも可能」だが、国際社
会では国連を含め「それぞれの国家に対して強制力を行使することができる法執行の主体は存在し
ません」と断言した。

 李元総統は続けて「国境を超えた交易や人の行き来がどれほど拡大しようとも、武力にたよらな
い国防を実現する保証は、決してないのです」、「国際政治の安定を考える上で、各国の間の抑
止、威嚇、力の均衡を無視することができないかぎり、政策の手段としての武力の必要性を排除す
ることは考えられません」、「古今東西の別なく、人類の歴史は異なる組織集団の分離・統合の繰
り返しです」と主張した。

 李元総統の話は次に、「リーダー論」となった。「組織や共同体の幸・不幸、繁栄・滅亡は指導
者によって強く影響される」、「指導者の持つ力と使用できる条件が、組織の盛衰を左右し、興隆
と滅亡を決定づける鍵となる」と指摘し、1996年に台湾で歴史上初めて実施した総統の直接選挙の
際の状況を例に説明を続けた。

 中国は民主化実現という台湾の動きに猛反発し、選挙期間中にミサイル数発を演習と称して台湾
沖に打ちこんだ。李元総統は、中国の台湾に対する「戦争をも辞さないという恐喝」だったと説
明。李元総統は中国によるミサイル発射という事態を受け、テレビ演説で「弾頭は空っぽだ。こち
らはいくつものシナリオを用意し、いつも応対できる。心配する必要はない」と国民に訴え、選挙
を無事に実施することができたと紹介した。

 李元総統は「もし私があの時、中国のミサイルの威嚇におじけづいて、動揺したり戒厳令をしい
たりしたら、中国の思う壺だったばかりか、国民からの信任も得られなかったでしょう」と語り、
「私が強い信念と手段をもって対抗からこそ民主政権は実現したと、信じています」と述べた。

 李元総統は改めて日本の憲法問題に触れ、「国の根幹をなす、(国のあり方を)規定する憲法
で、戦力を保持しないということを規定していることは、自らの生存を放棄している、もしくは他
者の手にゆだねていると取られかねません」と、日本の現状は極めて危ういと指摘。「戦力を保持
することが、すなわち戦争をするということではありません。この言葉は大切です」と改めて強調
した上で、「日本では、国が戦力を持つことは戦争をすることだ、などということを言う人が非常
に多い」と批判した。

 そして再び、米国は日本をこれ以上支持する力を失ったと主張。さらに「正直に言えば、日本が
アメリカに頼る以上に、アメリカは日本に何か頼み込んでおります。こういうことを感じ取らねば
なりません」と、国際情勢の変化に敏感に気づくことの重要性を訴えた上で、「日本人ひとりひと
りが志を持って行動することが不可欠なのです」と述べ、誇りと自信こそが日本精神との持論を披
露した上で「日本人が持つ日本精神、これに待たなければなりません」と、日本人に対して改めて
覚醒を求めた。

 李元総統は日本について、「どこに向っていくか、その規模はどこに置くか(どの程度にする
か)、どういうことをやるべきか、そういう状態に置かれております」と主張。単に戦力を持てば
よいというわけでなく、方向性や目指すべき規模、すべきことなど、国家としての方針を明確に定
める必要があるとの考えを示した。

 李元総統は講演の最後の部分で、日本が正しい道を歩むことが「結果的にアジアの一層の安定と
平和につながり、日本と台湾のさらによい関係をもたらすことになるでしょう」と主張。「日本と
台湾は運命共同体です。日本がよくなれば台湾もよくなり、その反対もしかりです」との見方を示
し、「日本が真の自立した国家として歩むことを心より期待して、私の今日の話を終ります」との
言葉で講演内容を締めくくった。

 写真は講演を終えて、主催者側に向い会心の笑みを浮かべる李登輝元総統。左側は夫人の曽文恵
さん。今回の来日には、娘さん2人も同行した。一家そろっての来日は初めてと説明する李元総統
に、会場の聴衆は惜しみない拍手を送った。

                 **********

 平和と心の関係に触れた有名な文言としては、ユネスコ憲章冒頭の「戦争は人の心の中で生まれ
るものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」がある。李元総統は、人
間の本性と国際社会の現実から判断すれば、理念面からの平和を希求するだけではまったく不足で
あり、日本を含む国家という存在は、実際に戦争を抑止する手段を持たねばならないと主張した。

 また、「国を守る。人民を大切にする」ことは指導者としての責任であり、自らが総統を務めて
いた時期にも強く意識していたと述べた。

 李登輝元総統の主張については、全面的に賛同する人、部分的にしか賛同できない人、全面的に
否定する人など、さまざまだろう。ただ、李元総統は長い人生におけるさまざまな体験や知見によ
り、日本と現実に生きる日本人の長所も短所も熟知している。しかも中国と対峙しながら台湾の指
導者として民主化を実現させたという実績がある。それだけに李元総統の発言は極めて重い。仮に
反論するにしても、李元総理に匹敵するだけの思索や経験が背景になければ、表面的な反発の言葉
を並べることに終始してしまうことになりかねない。

                 **********

 中国政府で台湾問題を扱う国務院台湾事務弁公室は、李元総統の日本における発言を取り上げ、
「この人物の演技は再び、彼の一貫した本性を暴露することになった」と主張。台湾の一部メディ
アの言説を取り上げ、「よいことを言っている。日本の右翼勢力は台湾独立の命を救うことはでき
ないということだ。両岸関係を不断に推進してこそ、手をたずさえて中華民族の偉大な復興を実現
することができる。それこそが台湾同胞の利益のある場所だ」などと表明した。

 また中国の一部メディアは李元総統の訪日について「(日本における台湾や中国に対する見方
を)撹乱(かくらん)することはできないだろう。日本はさして熱意を示していない」などと、李
登輝元総統が日本で冷たくあしらわれているように報じた(19日付中国新聞社)。

 一方で、台湾メディアは「講演2カ所。申し込み殺到」(14日付自由新報)、「情熱込めた『万
歳』の声で出迎え! 李登輝旋風が東京を吹き荒れた」(21日付三立新聞網)などと、日本に多く
の李元総統の熱烈な支持者がいることを伝えた。

 現実に即して考えてみれば、元首職を退いてから約15年もが経過する外国の政治家の言動に、こ
れだけの注目が集まることは異例だ。9月20日の大阪講演は1600人、東京では600人という定員だっ
たが、申し込みが殺到し定員に達したため、受け付けは打ち切られた。また李元総統の今回の来日
は、国際交流団体の日本李登輝友の会の招きだった。外国の元指導者への共感と尊敬を軸に、継続
的にこれだけ活発な活動を続ける団体は、他に例を見ない。

 中国大陸当局は、李元総統に徹底的に反発している。しかし、大陸側が今もなお、李元総統に対
して批判や非難を続けざるをえないことは逆に、李登輝元総統の存在の大きさを示していると言え
る。

                                 (編集担当:如月隼人)

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となってい
 ます。5月1日から消費税対応価格の台湾食品をご案内しております。

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾ビール&フルーツビール【12本セット・24本入り】お申し込みフォーム *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze【携帯用】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

・台湾産天然カラスミセット 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円
・パイナップルケーキ 2,480円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円
・台湾飲茶セット 3,620円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

・李登輝『李登輝より日本へ 贈る言葉
・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,