李登輝元総統の仲介により台湾の味王から本会に多額の東日本大震災義捐金

李登輝元総統の仲介により台湾の味王から本会に多額の東日本大震災義捐金
本会への義捐金総額は1641万9169円に! 6月17日に第1次募金を締切

 去る6月10日、李登輝元総統のご仲介により、台湾の大手食品メーカー「味王」から本会
に東日本大震災に対する義捐金300万元(銀行レートにより830万円)が寄贈された。

 味王は調味料、しょうゆ、王子麺で知られるインスタントラーメン、レトルトパック食
品などを製造・販売する1959年創立の総合食品メーカーで、陳建忠社長はかねてから李元
総統などを支援してきた方だそうで、当日は柚原正敬事務局長が訪台して預かってきた。
本来なら、李元総統お立会いの下、陳社長が直接贈呈するという予定だったが、あいにく
体調をくずされたそうで、李元総統から柚原事務局長への贈呈となった。

 柚原事務局長は、義捐金は被災地や被災された方々に直接役立つよう使わせていただく
旨を述べ、ありがたく押しいただいた。

 これで、本会に寄せられた義捐金の総額は1641万9169円(6月15日現在)となる。大変な
額である。これまで募金にご協力いただいた方々に改めて御礼申し上げます。このうち台
湾からは約1400万円(李登輝民主協会:100万元=280万円、台北市李登輝之友会:300万円、
味王:300万元=830万円)と全体の8割強を占めている。

 このお見舞い募金を始めて早々、募金は被災のひどい宮城県、岩手県、福島県の本会各
支部を通じ、被災者に直接役立つよう使わせていただくとお伝えしたが、すでに宮城県石
巻市への自転車8台の寄贈(約26万円)はこのお見舞い募金から拠出したのは既報の通りだ。

 また、これまで宮城県支部(嶋津紀夫支部長)には380万円、岩手県支部(佐々木孝支部
長)には200万円を送っている。福島県支部(林慎平支部長)にはこれから200万円を送る
予定だ。後日、この義捐金がどのように使われたかもきちんとご報告したい。

 なお、東日本大震災3日後の3月14日に開始した本会のお見舞い募金活動は、3ヶ月をすぎ
た。一昨年の台湾八八水害の募金活動でも2ヶ月半ほどで、これまでの募金でもっとも長い
期間の活動となっている。

 ついては6月17日、これまでを第1次募金として締め切りたい。第2次募金を始めるかどう
か、本会で可能なさらに有効な支援策があるかなど、被災地の支部などとも相談して決め
ていきたい。

[RelationPost]


● 月刊「正論」定期購読お申し込み【締切:6月30日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0091.reg

● DVD「野口健講演:台湾からの再出発」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0088.reg

● 増補改訂版 『台湾史小事典』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0076.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 日本李登輝友の会「入会のご案内」
  文化交流を主とした「日本の生命線」台湾との交流を深める本会活動にご参加いただ
  ける方は、ご入会を! 下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、お手軽にお
  申し込みできます。                (日本李登輝友の会事務局)

■ 入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg
■ 入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガです。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)


タグ: , , , , , , , , , , ,