李登輝元総統が靖國神社のみたま祭に「成仁護國」のぼんぼりを奉納

李登輝元総統が靖國神社のみたま祭に「成仁護國」のぼんぼりを奉納
本会や李登輝民主協会、李登輝学校日本校友会が大型献灯を奉納

 靖國神社では昭和22年から毎年7月に「みたま祭」を斎行している。ご祭神として祀る
246万余(台湾出身戦歿者は27,864柱)の御神霊(みたま)を慰霊し顕彰するためだ。

 境内には、各界著名人から絵や文字を書いて奉納された「懸ぼんぼり」(約300点)やご
遺族や崇敬者から奉納された大小3万灯を超える献灯が掲げられる。参道の両側には、10メ
ートルを超そうかという高さまであかりの灯った提灯が連なる光景にはただただ圧倒され
る。それはなんとも言えない美しい光景で、東京の夏の風物詩として定着している。期間
中は数万人が訪れる。

 昨年、李登輝元総統は初めて「懸ぼんぼり」を奉納された。揮毫された文字は「誠實自
然」。李元総統は靖國のご遺族でもある。実兄の岩里武則命(台湾名:李登欽)が祀られ
ている(詳しくは2007年来日記録『李登輝訪日 日本国へのメッセージ』参照)。一文字
一文字に魂が込められているような丁寧な書きぶりが印象的だった。今年も「懸ぼんぼ
り」を奉納され、「成仁護國」と揮毫されたそうだ。

 ちなみに、昨年の「誠實自然」と揮毫された「懸ぼんぼり」は、今年の「ぼんぼり揮毫
選集」(絵葉書10枚セット)の1枚に入っている。

 本会は今年も大型の提灯を献灯したが、今年は、本会の台湾側カウンター・パートの李
登輝民主協会(蔡焜燦理事長)が初めて献灯している。また、毎年12月、靖國神社で台湾
出身戦歿者慰霊祭を斎行している「李登輝学日本校校友会」(天目石要一郎理事長)も献
灯している。

 みたままつりは7月13日から16日まで行われる。期間中は「江戸芸かっぽれ」が披露され
たり、歌手の「つのだ☆ひろ」氏による特別野外コンサートや日本歌手協会有志による歌
謡特別公演が行われ、青森ねぶたや地元の神輿振りも奉納されるなど、盛りだくさんのイ
ベントが組み込まれている。

 境内には、たこ焼きや焼きそばなど200店を超える「夜店」がズラリと立ち並び、台湾の
夜市の雰囲気もたっぷり味わえる。ぜひお出かけください。

◆ 靖國神社ホームページ「第65回みたままつりのご案内」
  http://www.yasukuni.or.jp/news_detail.php?article_id=0084

◆『李登輝訪日 日本国へのメッセージ』(本会編、まどか出版)
  http://www.madokabooks.com/isbn978-4-944235-37-7.html

[RelationPost]


● DVD「野口健講演:台湾からの再出発」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0088.reg

● 増補改訂版 『台湾史小事典』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0076.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 日本李登輝友の会「入会のご案内」
  文化交流を主とした「日本の生命線」台湾との交流を深める本会活動にご参加いただ
  ける方は、ご入会を! 下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、お手軽にお
  申し込みできます。               (日本李登輝友の会事務局)

■ 入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg
■ 入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガです。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)


タグ: , , , , , ,