映画「海角七号」の日本公開がついに決定!

映画「海角七号」の日本公開がついに決定!
2010年新春ロードショー! シネスイッチ銀座 他全国順次公開

 本会が今年の3月末に試写会(日本語版)を開いた映画「海角七号(かいかくななご
う)」の日本公開が待たれていましたが、ついに決定しました!「2010年新春ロードシ
ョー」として銀座の「シネスイッチ銀座」でまず公開されます。

 李登輝元総統も推薦するこの映画の日本語字幕の翻訳などを本会がお手伝いした関係で
試写会を催した次第ですが、今後、前売券などのご案内も順次してまいります。

 昨日、配給元から日本公開のリリースが届きましたので、下記にご紹介します。また、
この映画に出演している奄美大島在住のシンガー中孝介(あたり・こうすけ)氏が所属す
るエピックレコードからも映画公開がリリース、その報道の中から「リッスンジャパン」
のニュースも併せてご紹介します。                   (編集部)


台湾で、世代を超えて爆発的大ヒットとなった話題の映画が遂に日本公開決定!
海角七号 君想う、国境の南

観客を切ないノスタルジーに包み込んで、
台湾で『タイタニック』に次ぐ歴代興収第2位の大ヒット!
日本人の心にも沁みる、優しくて、あたたかい“想い”…

 2008年8月に台湾で公開されて以来、日を追うごとに動員数を伸ばし大ロングランを記
録した本作は、最終的に5億台湾ドルを超える興収を記録して、台湾映画としては歴代ナ
ンバーワン、外国映画を含めても『タイタニック』に次ぐ歴代2位の大ヒットとなりまし
た。

 普段映画を観ない中高年層から愛され、若い観客からはリピーターが続出するほど熱狂
的に支持されて「ハイジャオチーハオ(海角七号)を観たか?」が挨拶代わりとなるほど
の社会現象と化しました。

 噂は日本にも飛び火。公開を望む声の高まりを受け、遂に『海角七号』の日本公開が、
2010年新春に決定しました!

 主演は人気歌手で映画初出演の范逸臣(ファン・イーチェン)。ヒロインに日本人女優
・田中千絵。二人は本作のヒットで一躍時の人となりました。“地上で最も優しい歌声”
と謳われる歌手の中孝介が本人役、物語のキーとなる日本人教師役の二役で共演するのも
話題です。

 マスコミ向け試写は、9月上旬より開始予定。9月下旬には、魏徳聖(ウェイ・ダーショ
ン)監督、主演の范逸臣(ファン・イーチェン)、田中千絵の来日も予定されています。
詳細が決定しましたら、追ってお知らせ申し上げます。

■STORY

60年前の悲恋。現代の淡い恋。
二つの物語を結ぶのは、届かなかったラブレター。
そして、浜辺に響くシューベルト「野ばら」の美しい歌声。

 1940年代、日本統治下の台湾。若い日本人教師が、日本名を友子という台湾人の教え子
と恋に落ちた。しかし、間もなく迎えた敗戦によって教師は帰国することになる。港に佇
む友子を残して引き揚げ船に乗った彼は、日本に着くまでの7日間、海上で尽きせぬ想い
を手紙に綴るのだった…。

 60年後の現代。台北でプロ・ミュージシャンになるという夢に敗れ、台湾最南端に位置
する恒春に帰省した青年・阿嘉(アカ)は、嫌々郵便配達のバイトをしている。ある日、日
本人歌手によるコンサートの前座を務める地元バンドが結成されることになった。無理矢
理一員に加えられた阿嘉だったが、メンバーはキャリアも年齢もバラバラでトラブルが絶
えない。おまけに、イベントのマネージャーとして雇われた日本人女性・友子とは衝突し
てばかりだ。

 そんなある日、阿嘉は郵便物の中に、今は存在しない住所・海角7号宛ての小包を見つ
ける。中には1枚のモノクロ写真と、日本語で書かれた7通の手紙が入っていた。それは
60年前、日本人教師が恋人・友子に綴ったあの手紙だった…。

監督・脚本:魏徳聖(ウェイ・ダーション)
音楽:呂聖斐(リュ・ションフェイ)/駱集益(ルオ・ジーイー)
撮影:秦鼎昌(チン・ディンチャン) 
出演:范逸臣(ファン・イーチェン)/田中千絵/中孝介/林暁培(シノ・リン)/梁文
   音(レイチェル・リャン)

2008年・台湾・130分・カラー・シネマスコープ・Dolby SR 提供:マクザム 配給:ザ
ジフィルムズ/マクザム
©2008 ARS Film Production. All Rights Reserved.

■配給・宣伝問い合わせ
 ザジフィルムズ TEL:03-3490-4148 FAX:03-3490-4149

■シネスイッチ銀座 http://www.cineswitch.com/
 東京都中央区銀座4-4-5 旗ビル TEL:03-3561-0707
 【交通】地下鉄銀座駅A10番から徒歩1分(和光ウラ通り)
     JR有楽町駅銀座口から徒歩10分
 地図 http://www.cineswitch.com/map.jpg


中孝介が出演する台湾歴代No.1映画、日本公開決定!
【7月27日 リッスンジャパン】
http://listen.jp/store/musicnews_27460_all.htm

 雑誌ニューズウィーク日本版(7/8号)の特集で、「世界が尊敬する日本人100人」に選
出された奄美大島在住のシンガー、中孝介(あたりこうすけ)。その中孝介が本人役で出
演し大きな話題となった台湾映画『海角七号』の日本公開が決定した。

 映画は、昨年8月に台湾で公開されて以来、日を追うごとに動員数を伸ばし大ロングラ
ンを記録。最終的に5億台湾ドルを超える興収を記録して、台湾映画としては歴代ナンバ
ーワン、外国映画を含めても『タイタニック』に次ぐ歴代2位の大ヒットとなったという。
台湾では「ハイジャオチーハオ(海角七号)を観たか?」が、挨拶代わりとなるほどの社
会現象と化したこの映画の噂は日本にも飛び火。公開を望む声の高まりを受け、遂に来春
(2010年)、日本でのロードショーが決定した。

 中孝介は、2006年3月に日本国内でメジャーデビューして以来、国内と並行してアジア
での音楽活動を積極的に展開してきたが、この映画の出演がキッカケで、“2008年台湾で
最も売れたJ-POP男性アーティスト”となった。現地での爆発的な人気を受けて、遂には
今年2月に台北最大級の多目的ホール『台北国際会議中心』での単独公演を行った。

 ここ日本においても、5月に東京明治神宮で創建以来初めてとなるポピュラー音楽の野
外コンサートを開催し、2000人の観客を集めるなど、高い人気を誇る。

 今年の夏は「情熱大陸 SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA ’09」や「Slow Music Slow
LIVE ’09 in 池上本門寺」などの野外イベントに多数出演するので、その歌声を生で聴け
るチャンス。また、9月には映画『火天の城』(9/12全国公開)主題歌である新曲「空が
空」のリリースも控えており、今後の活躍がますます期待される。

[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,