日本人教師が台湾人の教え子に出した手紙が届いた「海角七号」みたいな実話

日本人教師が台湾人の教え子に出した手紙が届いた「海角七号」みたいな実話
こういうことが日本と台湾の間では起こる。約80年も前、台湾で教鞭を執っていた106歳になる
先生がかつての生徒に手紙を送った。しかし、それは戦前の住所。郵便教員が探し回って、ようや
く届けた……。

 映画「海角七号」を地でゆくようなこの奇跡の物語を、日本と台湾の懸け橋になる会世話人の喜
早天海(きそう・たかひろ)氏がメルマガ「はるかなり台湾」で「台湾映画『KANO』と『海角
七号』」と題して紹介しています。

 なお、106歳になる先生、高木波恵さんが出された実際の手紙、楊漢宗さん宛の表書きなどの写
真は「自由時報」で紹介されたのですが、その写真などを紹介した「Pen-Box」というブログもあ
りましたので併せてご紹介します。まさに「映画みたいな実話」です。

 ちなみに、喜早さんが紹介している高木波恵さんが記事として紹介された「全国紙」とは朝日新
聞です。高木波恵さんの写真も掲載していますので、この記事も併せてご紹介します。

◆日本と台湾の間で起きた「映画みたいな実話」【Pen-Box:2015年3月23日】
 http://blogs.yahoo.co.jp/bakumatsu1/13101917.html

◆日本と台湾の間で起きた「映画みたいな実話」 その2【Pen-Box:2015年3月25日】
 http://blogs.yahoo.co.jp/bakumatsu1/13105654.html

◆台湾球児の甲子園V、ラジオに祈った 高木さん【朝日新聞:2015年2月20日】
 http://digital.asahi.com/articles/ASH2L5QNQH2LTLVB00N.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASH2L5QNQH2LTLVB00N


台湾映画「KANO」と「海角七号」
【メルマガ「はるかなり台湾」:2015年3月26日】

 いま甲子園では選抜高校野球大会が行われていますが、テレビ中継に夢中になっている人も多い
かと思います。

 熊本に住んでいる今年106歳になる高木波恵さん(以下おばあちゃんと呼びます)もその一人
で、おばあちゃんは大の高校野球ファン。

 熊本で先月21日に「KANO」の映画が公開される前日に、全国紙の県内版におばあちゃんのこ
とが紹介されました。彼女は、戦前台湾で暮らしており、女学生のころから高校野球に夢中になっ
ていると言いますから、もう一世紀に及ぶファンなのです。

 そして、おばあちゃんが若かりし頃、いまの台中市内にある烏日公学校(現烏日国民小学校)の
教諭として台湾の子供たちに約10年間教えていたのです。

 日本で新聞記事になった5日後の25日、烏日郵便局に日本から一通の手紙が寄せられました。そ
して今月23日にこの手紙のことが台湾でも新聞に大きく載ったのです。以下、現地の新聞によって
その内容を記しましょう。

                  *   *   *

 106歳の高齢の日本人高木波恵先生が映画「KANO」に関する報道を読んでいるうちに76年
前、烏日で教壇に立っていた時の思い出がよみがえり、教え子のみんながまだ元気かどうか知りた
くて、娘さんに代筆してもらって教え子の楊漢宗さん(89歳)あてに手紙を出したのでした。

 でも、封筒に書かれた宛先は古い住所だったために、今は昔の住居表示と変わっており、郵便屋
さんは届けることができずにいました(このあたりは海角7号の映画とそっくりです)。

 郵便配達員の郭柏村さんは同僚の廖さん、李さん、陳さんらと相談して差出人に返すかどうか検
討していると、陳さんは「この手紙は厚くてかつ毛筆で書かれているのできっと大事な手紙に違い
い」と判断し、みんなで協力し合って受取人に何とか届けようとなったそうです。

 その後、役場などに行って問い合わせるも、個人情報保護法に阻まれ教えてもらえず、結局、時
間がかかっても一軒一軒あたって聞くほかになく、郵便屋さんの苦労が報われたのは3月8日のこと
でした。それは、烏日区栄泉里のもと里長だった楊本容さんの父親が受取人の楊さんだということ
が分かったからです。

配達員の郭さんが楊さん宅を訪れた時、

「ごめん下さい。お母さん、こんにちは。ちょっと伺いますが、こちらに楊漢宗さんという方い
らっしゃいますか?」と、聞いたら「いますよ。」との返事。

 この瞬間、郭さんは「ああ、よかった。やったあ!」と思ったことでしょう。

 この辺の気持ちを、郭さんは「何度も探したけど、この住所は現存しない古い住所だったので、
探し当てるまでの過程が「海角7号」と同じストーリーで、自分でも何か妙な感じがしていた」と
言っていました。

 それにしても台湾の郵便屋さんはすごいですよね。後日のネットの書き込みにも「彼らは本物の
プロだ」とありましたが。全くそのとおりだと思います。

 受取人の楊さんは病気のため療養中で、応対に出た息子さんは「高木先生は2,3年生の時の担任
の先生で、ぼくの親父は当時級長だったので、先生は特に印象に残っていたのかも。それで親父に
連絡してきたんじゃないかな」と語っていました。

 この手紙は、2枚の便せんに毛筆で書かれてあり、ラジオで嘉義農林の決勝戦を聞いたことなど
の思い出や先生が教え子を思う心にあふれており、烏日公学校の卒業写真2枚も同封されていて、
楊さんを通じて他の教え子さんたちの消息も知りたいと記されておりました。

 病の父親に代わって、楊本容さんは手紙の中に書いてあるリストから8名のクラスメートと連絡
がとれ、先生に手紙を出すようにお願いしたそうです。お父さんの同級生だった蔡さんも楊さん宅
を訪れ、高木先生は美人でまじめな先生だったと思い出を語り「必ず手紙を出しますよ」と言った
そうです。

 時あたかも桜の季節に、教え子さんから近日中に手紙が届くことでしょう。おばあちゃん、いや
高木先生にとって今年の春は最良の春になるようです。

 どうか健康に留意して、日本一いや世界一を目指して長生きされることを心から望んでいます。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変わ
 ります。お急ぎの場合、お申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合は送料が変わる
 こともあることをご承知おき願います。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム *new
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm

●パイナップルケーキの入荷再開まで案内を中止します!
台湾で起きている食品安全問題で、台湾からの輸入食品全般に対する日本の税関の検査が厳しく
なった関係で入荷がストップしています。入荷再開まで案内を中止します。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

★沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・台湾点心セット 2,650円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

・台湾産天然カラスミ 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , ,