敲山震虎━台独に習近平があらためて警告した  迫田 勝敏(ジャーナリスト)

敲山震虎━台独に習近平があらためて警告した  迫田 勝敏(ジャーナリスト)
【エコノタイワン:9月号】

 中国共産党総書記の習近平が台湾に対して改めて「平和統一、一国二制度」を呼びかけた。なん
でいまさらという感じもするが、山を敲いて虎を驚かす「敲山震虎」だともいう。その「虎」とは
「台独」(台湾独立)。太陽花学生運動などもあって広がりつつある台湾人の独立意識に対する警
告だというのだ。だが、この時機での警告にいったいどんな意味があるのか。

◆一国二制度の統一を再確認

 習近平の「警告」は、中国との統一を目指す台湾の統一派団体との会談の中で行われた。習近平
は、平和的方式で統一を実現することは台湾同胞を含む中華民族の全体の利益に最も適っていると
したうえで、「一国二制度」は台湾同胞の利益に十分、配慮したものだとの趣旨の発言をした。

 一国二制度は、社会主義・中国の中で資本主義など異なる政治、経済制度を認めるというもの
で、1983年6月、当時の共産党中央顧問委員会主任の鄧小平が米国の学者と会見した際に初めて公
言した。軍事と外交は中央政府、つまり北京が握るが、その他は現状のまま。実は台湾解放、つま
り中国への統一のために提唱されたが、台湾より先に香港、さらには澳門(マカオ)で実施され
た。

 その意味では習近平発言はなんの新鮮味もないものだが、習近平が2年前、中国のトップの座に
就いてからは、初めての発言。つまり習近平政権になっても、一国二制度で台湾を統一するという
政策に変わりはないことを再確認したということになる。それがなんで警告になるのか。

◆反中感情の広がりに苦慮

 一つには今の中台関係がある。国民党の馬英九は2008年に政権を握ると、対中交流を急激に拡大
してきた。観光の自由化、直航便の往来、投資制限の緩和、そして中台窓口機関のトップ会談の再
開…。その成果として四年前、関税撤廃を目指し、自由貿易協定(FTA)に相当する経済協力枠
組み協定(ECFA)を締結した。

 さらに馬英九は、2012年、総統選再選を果たすと、サービス業の市場開放となる服務貿易協議も
調印し(立法院で審査中)、今は貨品貿易協議の締結を急ぐ。元総統・李登輝は8月の講演で「こ
の3つの協議が通過すれば、中国は軍隊を出動させなくても台湾を掌握できる」と指摘。武力を使
わず、台湾統一だ。中国にとってこんないいことはない。

 だが、台湾はどうか。急速な対中接近に多くの台湾人は不安を抱き、李登輝が指摘したようにい
ずれは中国に呑み込まれると懸念する。そんな懸念が今春の太陽花学生運動の議場占拠を成功させ
た。太陽花を手にした多くの学生は台湾独立を明言している。そこへ中国政策を管轄する大陸委員
会のナンバー2の中国スパイ疑惑。台湾人が中国嫌いになるのも当然だろう。中国は台湾人の反中
感情の広がりに苦慮、これ以上の台独ムードの拡大を食い止めるため「敲山震虎」の警告になっ
た…。

◆馬英久も受け入れを拒否

 もっともこの時機に台独に警告というのは、適切ではないのではないか。台湾は前述のように反
中感情が広がっている。そこへあくまでも統一するぞという脅しのような警告では火に油を注ぐよ
うなもの。しかも時は「九合一」の統一地方選挙間近。強面警告に、国民党、民進党のどちらに投
票しようか迷っている有権者はどう反応するか。親中国民党への投票が減りはしないか。

 とくに一国二制度を持ち出したのには首を傾げる。対岸、香港では行政長官の選挙制度を巡って
大騒ぎだ。現在の事実上の間接選挙を市民が直接選ぶ民主選挙にせよと香港島のセントラル(中
環)占拠運動が続いている。香港は一国二制度が初めて適用されてはいるが、中国化が進み、とく
に「香港の民主化が危うい」、「一国二制度はうそだ」と多くの市民が占拠運動に立ち上がってい
る。その一国二制度を持ち出して台湾に警告というのでは、台湾人の反感を買うだけだろう。だか
ら、中国が頼みとする馬英久でさえ「一国二制度は受け入れられない」との談話を発表せざるを得
なかった。

◆習近平、台独阻止手詰まり

 といって中国は台湾人の中国離れ、独立意識が進展するのを指をくわえて見ているわけにはいか
ない。九合一で野党が勝てば、2016年の総統選での政権交代の可能性が強まる。そこで中国に絶対
に逆らわず、過剰反応しない統一派の団体を通じて警告したのだろう。

 ただ、中国が言い古された一国二制度を持ち出して警告したのは、台湾の独立意識の拡大を止め
る打つ手がないことを示している。一方、台湾の馬政権も市民の批判を浴びながら傾中路線を推進
してきたが、結局は統一すれば、中台対等の立場ではなく、台湾はあくまでも香港と同じ特別行政
区の地位でしかないことを思い知らされたのではないか。

                          (敬称略、ジャーナリスト・迫田勝敏)

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となってい
 ます。5月1日から消費税対応価格の台湾食品をご案内しております。

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾ビール&フルーツビール【12本セット・24本入り】お申し込みフォーム *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze【携帯用】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

・台湾産天然カラスミセット 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円
・パイナップルケーキ 2,480円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円
・台湾飲茶セット 3,620円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」*new
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , ,