周英明先生が11月9日に逝去!

周英明先生が11月9日に逝去!
通夜:14日午後6時、告別式:15日午前11時、於:幡ヶ谷・代々幡斎場

 昨夜、周英明先生(夫人は金美齢先生)が11月9日(木)夜、大腸癌のため亡くなられて
いたことが報じられました。また大事な方を亡くしてしまいました。謹んでお悔やみ申し
上げますとともに、心から哀悼の意を表しご冥福をお祈りいたします。

 下記に、通夜と告別式の日取りを、また、周先生を偲ぶ縁(よすが)といたしたく、簡
単なプロフィールを掲載します。詳しくは金美齢先生との共著『日本よ、台湾よ−国を愛
し、人を愛すること』(2001年、扶桑社)をご覧ください。それを報道するニュースも掲
載します。

                     メルマガ「日台共栄」編集長 柚原 正敬
                                   編集部一同


■斎 場 代々幡斎場
 〒151-0066 東京都渋谷区西原2-42-1 TEL(03)3466-1006
 京王新線 幡ヶ谷駅下車、南口出口より6分
 小田急線 代々木上原駅下車、北口1より6分
 http://www.yoyohata-saijyou.jp/

■通 夜 11月14日午後6時〜

■告別式11月15日午前11時〜

■周英明(しゅう えいめい)先生
 1933年(昭和8年)、福岡県八幡市に生まれる。1946年(同21年)、台湾に帰国。1956
 年(同31年)、台湾大学電気工学科卒、「歯を食いしばって兵役(空軍少尉)を終え」、
 1957年、台湾大学助手。1961年(同36年)、「激烈な競争を勝ち抜き」27歳にて日本文
 部省国費留学生として東京大学大学院修士課程に留学。同時に台湾独立運動に従事。19
 64年、早稲田大学留学中の金美齢氏と結婚。1968年、東京大学大学院博士課程修了(工
 学博士、マイクロ波工学専攻)。1975年、台湾独立建国連盟日本本部委員長。月刊「台
 湾青年」発行人(孫明海)。東京理科大学講師、助教授、教授を経て、1996年、理工学
 研究科長、社団法人回路実装学会会長。2000年8月28日、40年ぶりに祖国・台湾の土を
 踏む。2006年11月9日、大腸癌のため日本国にて逝去。


周英明氏が死去 東京理科大名誉教授
【11月10日 21時50分 共同通信社】

 周 英明氏(しゅう・えいめい=東京理科大名誉教授、電気通信工学) 9日午後7時
5分、大腸がんのため東京都渋谷区の病院で死去、73歳。福岡県生まれ。葬儀・告別式は
15日午前11時から東京都渋谷区西原2の42の1、代々幡斎場で。喪主は長男士甫(しほ)氏
。台湾民主化運動でも知られ「日本よ、台湾よ」などの著書がある。


訃報 周英明氏
【11月11日 産経新聞朝刊】

 周英明氏(しゅう・えいめい=東京理科大名誉教授、電気通信工学)9日、大腸がんの
ため死去、73歳。通夜は14日午後6時、葬儀・告別式は15日午前11時、東京都渋谷区西原
2の42の1、代々幡斎場。喪主は長男、士甫(しほ)氏。
 台湾民主化運動でも知られ「日本よ、台湾よ」などの著書がある。

[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,