台湾野球の原点!映画「KANO」を堪能する  蛭間 豊章(スポーツ報知記者)

台湾野球の原点!映画「KANO」を堪能する  蛭間 豊章(スポーツ報知記者)
昨11月27日、映画「KANO」の試写会が都内で行われ、スポーツ紙の記者たちも駆けつけた。
スポーツ報知でメジャー担当30年というベテランの蛭間豊章記者は「つっこみをいれたくなるシー
ンもあるが、野球ファンならずとも展開にぐいぐい引き込まれる映画」と高評している。そのブロ
グを下記に紹介したい。

 専門家が観てもぐいぐい引き込まれる面白い映画「KANO」。来年1月24日の日本公開が楽し
みだ。

 ちなみに、蛭間記者について「メジャーリーグベースボール」というサイトは下記のように紹介
している。MLBはメジャーリーグベースボールの略称。

<報知新聞のMLB担当記者。「記録の神様」と称された故・宇佐美徹也氏の愛弟子。1999年から
MLB担当となり、野茂英雄やイチローら海を渡ったメジャーリーガーを追いかけた。J SPORTSの
MLB解説も努める。>


台湾野球の原点!映画「KANO」を堪能する(第790回)
【ブログ報知:2014年11月28日「蛭間豊章記者のBaseball inside」】
http://weblog.hochi.co.jp/hiruma/

 11月27日、「KANO」の試写会に足を運んだ。野球オタクの私にとって嘉義農林(KANOは
ユニホームの胸文字)は、1931年に台湾代表として甲子園に初出場していきなり準優勝して大旋風
を巻き起こしたチーム。そしてノンフィクションライター・鈴木明さんの「誰も書かなかった台
湾」により、日本人、漢人(中国大陸から移住した漢民族の子孫)、先住民の3つの人種から構成
されていたことも知っていた。中等野球の名門である松山商の名監督だった近藤兵太郎指導の下、
弱小チームが快進撃を続けるというストーリーである。近藤の「先住民は足が速い。漢人は打撃が
強い。日本人は守備に長けている。こんな理想的なチームはない」という信念で、徐々に上達する
過程が秀逸だ、それをメーンに、台湾南部の嘉義近郊で台湾最大の水利事業といわれる嘉南大[土
川](かなんたいしゅう)を完成させた偉人・八田與一をからめ、当時の台湾の様子が生き生きと
再現されている。

 台湾史上最大級の7億円の制作費をつぎ込んだ大作で、監督は長編映画が初という馬志翔(マー
・ジーシアン)。近藤監督には演技派俳優の永瀬正敏。妻役に坂井真紀、八田與一には大沢たかお
が扮して、他はほとんどが台湾でのキャスト。日本統治下ということもあって日本語が大半(ほか
に台湾語、先住民語)だ。練習も含め野球のシーンがふんだんにある。それが皆、様になっている
のだ。昨年公開されたジャッキー・ロビンソンを描いた「42」と、スタジアムの差はあってもプ
レーは遜色ない。モデル、芸能プロだけでなく高校、大学の野球部にも足を伸ばして集められた約
1000人の中から選ばれた13名がKANOのユニホームに袖を通せたというのだから当然だろう。

 永瀬役の近藤監督がメーンだったが、後半はエースで4番の呉明捷(新人の曹佑寧=ツァオ・ヨ
ウニン)がクローズアップされる(彼は後に早大に進学して、長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督が立大
時代に8号本塁打で六大学記録を塗り替えるまで7本の記録を作った)。また、私が知らなかった蘇
正生(ソ・ショウセイ)のエピソードなど、他のナインも生き生きとスクリーンの中を躍動する。
そして、最後にナインらのその後が流れると、改めて戦争の影が生々しく感じられる。

 私が最も驚いたのが戦前の甲子園球場。最初はCGと思っていたが、製作ノートを読むと台湾・
高雄の工場用地に大がかりなセットを作ったという。外野席がまだ低い時代の甲子園の雰囲気を醸
し出していた。バックネットすぐ前にはカメラマンが控えている姿が面白い。ちなみに決勝の解説
者(元ロッテの水上善雄=当時はアナウンサー単独だと思うのだが)、アナウンサー(文化放送の
斉藤一美アナを起用)。なぜかあまりにも今風の実況すぎた。また、中京商の帽子とストッキング
の色は、とつっこみをいれたくなるシーンもあるが、野球ファンならずとも展開にぐいぐい引き込
まれる映画である。嘉義農林出身でもある野球殿堂入り選手、呉昌征が少年役として登場している
のにも注意してほしい。

 11月に発表された台湾のアカデミー賞と言われる「金馬奨」で無冠に終わったものの、前夜祭で
観客賞と国際批評家連盟賞を受賞。台湾の野球好きなら誰でもが知っているのが嘉義農林の奇跡
だったのだ。日本では、来年の1月24日に封切られる。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となってい
 ます。5月1日から消費税対応価格の台湾食品をご案内しております。

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

●2014年・台湾ポンカンお申し込みフォーム【締切:12月5(金)】 *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a0mm6tpx6wtx

★沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

●台湾向け「りんご」お申し込みフォーム【締切:12月10日(水)】 *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】 *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

★沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・台湾点心セット 2,650円+送料700円(共に税込、冷凍便)*new
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

・台湾産天然カラスミ 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

・パイナップルケーキ 2,480円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

● 台湾ビール&フルーツビール【12本セット・24本入り】お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」*new
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

● 李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,