台湾のひまわりをたどって(2)「私は台湾人」、意識解き放つ 鵜飼啓(朝日新聞台北支局長)

台湾のひまわりをたどって(2)「私は台湾人」、意識解き放つ 鵜飼啓(朝日新聞台北支局長)
日本のみならず世界に大きな衝撃を与えた台湾の「太陽花学運(ひまわり学生運動)」が起こっ
たのは、つい1年ほど前。2014年3月18日のことだ。もっとも衝撃が大きかったのはいうまでもなく
台湾で、台湾史に残る画期的な出来事だったと言って過言ではない。

 ひまわり学生運動に参加した林飛帆氏や陳為廷氏など学生代表の発言は、立法院を退去した後も
かなり取り上げられていたが、立法院補欠選挙に出馬表明した陳為廷氏がかつての痴漢行為を正直
に告白したことが災いして立候補を断念し、林飛帆氏も兵役に服するなどで、ひまわり学生運動に
関する報道はめっきり減った。

 しかし、ひまわり学生運動は台湾人としての自覚を促し、台湾に愛国心をもたらした。独立への
機運を高めた。なによりも、中国国民党政権への打撃は大きく、統一地方選挙にも大きな影響を与
え、与党惨敗の結果をもたらした。2014年3月18日は、台湾人が自らの声を挙げた日として長く台
湾史に刻まれるだろう。

 それだけに、ひまわり学生運動のその後が気になっていたところ、朝日新聞台北支局長の鵜飼啓
(うかい・はじめ)記者が5月27日から「台湾のひまわりをたどって」を連載、その後のひまわり
学生運動についてレポートしている。その第2回を紹介したい。
 


台湾のひまわりをたどって(2)「私は台湾人」、意識解き放つ
鵜飼 啓(台北支局長)
【朝日新聞:2015年5月28日】

http://digital.asahi.com/articles/DA3S11777185.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11777185

写真:立法院前で開かれた占拠1周年の記念集会。「台湾独立」や「台湾魂」を訴える人たちの姿
   もあった=3月18日、台北

 台湾で学生らが立法院(国会)を占拠した「ひまわり学生運動」を支えたのは、どんな人たち
だったのか。

 突入から1年。今年3月18日夜、立法院前の記念集会に林思吾(32)は妻と3歳の娘の3人で参加し
ていた。

 広告関連のIT企業を経営する起業家だ。市民が政治に声を上げる「公民運動」に、あまり関心
もなかった。だが、中国とサービス業を開放しあう協定への反対で突き動かされる学生たちを見
て、各地の台湾人の応援メッセージをまとめた動画を仲間と作成するなど熱心に支援した。

 「若者たちが門をこじ開けた。あとは30代、40代の我々がしっかりしなければならない」と刺激
を受けた。

 占拠があれだけの共感を呼んだのは、民主主義を踏みにじったとの怒りに加え、影響力を強める
中国への反発が底流にあった。「台湾の未来は中国だけにかかっているのではない。若い世代は台
湾の主体性について強い思いがある」。林はそう語る。

 大企業は中国とのビジネスで大きな利益を上げ、中国の顔色をうかがう。しわ寄せを受けるのは
庶民ばかり。「中国に遠慮するのはもうたくさん」。占拠現場の取材でもそんな思いを強く感じ
た。

 「あなたは中国人ではないのか」。今月19日、母校を講演に訪れた林は中国からの留学生に問い
詰められた。林が中国資本による投資の提案を断ったことが報じられていた。「ここで生まれ育っ
た台湾人だ。中国人は尊重するが、私は中国人ではない」。答えに大きな拍手がわいた。

 台湾に住む人たちの多くは、先祖が中国から渡ってきた。50年間の日本統治を経て、第2次大戦
後に統治を始めた国民党政権は、台湾人に普段使う台湾語とは異なる中国語(北京語)を使うよう
に強制。「中国人」としての意識を持つよう求めた。1949年に大陸で共産党との内戦に敗れ、台湾
に完全に移った後も、国民党は「いつか大陸を取り戻す」とこだわった。

 だが、為政者として過酷な弾圧を行い、戦前から台湾に住む「本省人」は反発。戦後になって国
民党政権とともに台湾に移った「外省人」との間で、中国や台湾に対する考え方に大きな溝が出来
た。

 中台分断から66年、若い世代のほとんどが台湾生まれだ。外省人も2世、3世となり、中国への郷
愁は薄れた。台湾は中国とは別と考える「台湾意識」が強まる。政治大学の調査では、自らを台湾
人と考える人は92年の17・6%から昨年は60・6%に。中国人と考える人は25・5%から3・5%に激
減した。

 台湾では以前、歴史といえば中国史だった。台湾の歴史を本格的に学ぶようになったのは、本省
人で初めて総統になった李登輝政権(88〜2000年)下だ。占拠に加わった若者の多くは、こうした
教育を受けた世代だ。

 ただ、若者たちは普段は「台湾意識」を押し出すことは少なかった。占拠でそれが解放されたよ
うに見える。学生の一人が言う。「占拠の後、友人と台湾について語ることが増えた」

                              =敬称略(文と写真・鵜飼啓)

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変
 わりました。お急ぎの場合はお申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合、送料が変
 わることもあることをご承知おき願います。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』*new
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』*new
・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , ,