公開半月で興行収入5億円を突破した映画「KANO」の日本公開は来年早々!

公開半月で興行収入5億円を突破した映画「KANO」の日本公開は来年早々!
日本と台湾の絆を強く感じさせてくれる映画「KANO」。セリフの90%が日本語だという。

 2月27日に台湾で公開され大ヒット中だ。興行収入は3月12日までに1億5000万台湾ドル(約5億
円)を突破、台湾の今年公開映画でトップだと伝えられる。7日から大阪で開催された「第9回大阪
アジアン映画祭」では、オープニング作品として海外初上映され、これも大好評だった。

 映画「KANO」はすでに日本語版のfacebookもあり、魏?聖(ウェイ・ダーシェン)プロ
デューサーや馬志翔(マー・ジーシャン)をはじめ、主演の近藤兵太郎役の永瀬正敏、八田與一役
の大沢たかお出演者などの動向について詳細を伝えている。主な内容や「あらすじ」などの基本
データは下記からご覧ください。6分間予告編もどうぞ。

 待たれる日本公開は来年(2015年)早々といわれ、配給は博報堂DYメディアパートナーズの子
会社のショウゲート。

◆《KANO》六分鐘故事預告
 http://youtu.be/PvBvkp-r4C4

◆KANO 日本語版 | Facebook
 https://www.facebook.com/Kano.japan

◆映画「KANO」:基本データ
 https://www.facebook.com/Kano.japan/info


台湾から甲子園で準優勝…映画「KANO」大ヒット 日本統治を美化との批判も、監督は一蹴
【NewSphere:2014年3月16日】

 映画「KANO」が台湾で大ヒットしている。日本統治時代の台湾から全国中等学校野球大会に出場
し、準優勝した「嘉義農林学校(嘉農=かのう)」の活躍を描く。球児の奮闘に涙し、映画を絶賛
する声が広がる一方、一部に「日本による植民地化を美化している」と批判する声も。球児の躍進
物語が、人々の熱い議論を呼んでいる。

◆興行収入5億円突破 今年最高を更新中

 2月27日の公開から2週間。「KANO」の興行収入は3月12日までに1億5000万台湾ドル(約5億円)
を突破し、今年公開された映画でトップを独走している。台湾メディアは「熱血野球が旋風起こ
す」などと報道。Yahoo!台湾版の映画ページにも、レビュー数百件が寄せられ、「泣いた」、「感
動した」、「励まされた」、「満点」など絶賛の書き込みが並ぶ。5点満点で平均4.9と非常に高い
評価を受けている。

 「KANO」は1931年、日本人、漢民族、原住民の混合チームが夏の甲子園で準優勝した実話を映画
化した。台湾で大ヒットした「海角七号 君想う、国境の南」(08)、「セデック・バレ」(11)
を監督したウェイ・ダーション(魏徳聖)氏がプロデューサーを務め、マー・ジーシアン(馬志
翔)監督による長編デビュー作。野球部監督役で永瀬正敏、台湾の水利事業に貢献した日本人技
師・八田与一役で大沢たかおら、日本人俳優も出演している。

◆ネット上に絶賛の嵐 永瀬、大沢らの現地訪問にも声援

 台湾メディアによると、映画を見た台湾プロ野球の周思齊選手は「泣いた!本当に有意義な映画
だ。改めて野球について考えさせられ、闘志と元気が湧いてきた」と語ったという。さらに劇中の
「勝つと思うな、負けないことを考えろ」、「負けを恐れるな、勝つ方法を考えろ」などが感動を
呼び、“名ぜりふ”としてインターネット上に拡大している。

 公開に合わせ、永瀬とその妻を演じた女優の坂井真紀が台湾を訪問。2月27日の公開日をはさ
み、上映会や記者会見、イベントに出席するなど地元ファンに作品をアピールした。大沢も1月に
台湾を訪問。八田氏が建設した烏山頭ダムを訪れ、地元・台南市長や監督らと記者会見。台湾語に
よるあいさつも披露し、地元の人々を喜ばせた。

 さらに、16日まで大阪で開催中の「第9回大阪アジアン映画祭」では、7日のオープニング作品と
して海外初上映。マー監督や選手役の俳優らがそろって来日し、映画祭を盛り上げた。上映後は客
席総立ちのスタンディングオベーションとなり、鳴り止まぬ拍手に一同は感無量の表情。全員がロ
ビーで観客一人一人と握手し、感謝の言葉を告げていた。

◆「日本統治を美化」 一部メディアが批判も

 一方、台湾では一部に「日本による統治を美化している」と批判する声も出ている。中でも親中
系の大手紙『中國時報』は、評論記事や専門家の寄稿記事で「KANO」を名指しで非難。「台湾の主
体性を侵食している」、「(日本統治の負の面を描いた魏監督の映画)『セデック・バレ』を忘れ
たのか」など、ネガティブ・キャンペーンを張っている。

 これに対し、来日中にインタビューに応えたマー監督は「(日本統治時代は)いいことも悪いこ
ともたくさんあった。しかし、『KANO』が語るのは異なる民族が力を合わせ、共通の夢に向かって
走ること。日本への反感、政治的な問題があったにせよ、野球少年が一緒に夢を追ったのは歴史の
真実だ。私たちは当時の原点に戻り、少年が夢へ突き進む野球の映画を作りたかった」と説明。
ウェイ氏は「日本を美化したわけではない。悪く描かなかっただけだ」と話している。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』(会員:1,300円 一般:1,500円)
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』(会員:1,600円 一般:1,750円)
・喜早天海編著『日台の架け橋』(会員:1,100円 一般:1,260円)
・李登輝元総統対談掲載の『月刊「MOKU」9月号』(会員:1,500円 一般:1,700円)
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』(会員:1,500円 一般:1,700円)
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』(会員:1,400円 一般:1,500円)
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』(会員:1,300円 一般:1,400円)
・盧千恵著『フォルモサ便り』』[日文・漢文併載](会員:1,200円 一般:1,500円)
・廖継思著『いつも一年生』(会員:1,000円 一般:1,200円)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』(会員:850円 一般:900円)
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』(会員:1冊=2,000円 一般:2,500円)
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』(会員=1,000円 一般=1,300円)
・李登輝・中嶋嶺雄『The Wisdom of Asia(『アジアの知略』英語版)』(会員:2,200円 一般:2,400円)

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

・『セデック・バレ(豪華版)』(会員:6,500円 一般:7,000円 送料:1枚290円)
・『セデック・バレ(通常版)』(会員:4,700円 一般:5,200円 送料:1枚160円)
・『海角七号 君想う、国境の南』(会員:4,000円 一般:4,500円 送料:1枚160円)
・『台湾人生』(会員:3,150円 一般:3,360円 送料:1枚160円 5枚セット:無料)
・『跳舞時代』(会員:3,500円 一般:3,980円 送料:1枚160円)
・『父の初七日』(会員:3,100円 一般:3,300円 送料:1枚160円)

● 映画「台湾アイデンティティー」全国共通「前売券」お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/u1nyi0fpku01 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/u1nyi0fpku01【携帯用】

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

・「集団的自衛権の確立と台湾」渡部昇一先生講演録(2013年3月24日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)
・「台湾の将来と日本」中嶋嶺雄先生講演(2003年6月1日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」盧千恵先生講演(2004年12月23日)
・「台湾の現状と日台関係の展望」許世楷先生講演(2005年4月3日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・「二二八記念台湾問題講演会」阮美妹先生・西村眞悟先生講演(2009年2月28日)
・「台湾からの再出発」野口健先生講演(2010年12月23日)

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

・『台湾産うなぎセット』5,250円(税・送料込)
・『台湾飲茶6袋セット』4,200円(税・送料込)
・『台湾産天然カラスミセット』4,200円+送料600円(共に税込)
*同一先へお届けの場合、10枚まで600円
・『パイナップルケーキ』2,300円+送料500円(共に税込)
*同一先へお届けの場合、10箱まで500円

●「台湾フルーツビール・台湾ビール(金牌・瓶)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,