【読者の声】日本の命の絆、台湾 [海彦]

【読者の声】日本の命の絆、台湾 [海彦]
西村眞悟先生の国家論については、難しくて、庶民の私には半分位しか理解できない
けれども、台湾が台湾として、台湾の人達によって治められなければ、日本は生命の絆
を放棄し、ある大国の属国(植民地)として生きなければならなくなるという、至極簡
単な理屈が、日本の政治家、官僚、マスコミ、また国民にも理解されていないのが、悔
しいと思う。

 どうして、資源小国の日本が、今日まで、生き、成長し、世界第2の経済大国にまで
なれたのか。それは、平和憲法があったからか、平和、平和と小さな子供たちにまで浸
透するような教育の成果だったのかと、もっと考える事をして欲しい。

 中東の油、途上国の資源など、すべて海外から運ばれたものに、日本人の創意工夫と
努力によって発展したのだったが、一旦、台湾が台湾でなくなったら、どうして、日本
海運は生きて行くのだろうか? シーレーンの確保はどのようにするのか? 媚中派や
親朝の人たちに、その見通しを聞きたい。

 サハリンの石油掘削事業のように、成果の見えてきた事業を力で奪い取られ、そのお
こぼれで生活しなければならなくなるのは、自明の理ではないか。

 それとも、マルクスやエンゲルスが唱えたように、世界はお互いの国家がすべてを分
かち合って行くとでも考えて、日本の政治や教育の舵を取っているのだろうか。

 それなら、選挙をなくしてすべて国民の推薦制度にしたらどうだ。お金持ちは貧しい
人達に分かち与えて貧富の差をなくし、日本国のように世界もしたらとアピールするこ
とを薦める。

 今、日本は本当に、戦前のような、娘を花柳の巷に売り、息子を年期奉公にだして、
親は粥をすすり、100年河清を待つような故国になるのか。あるいは、台湾やアジアの国
々と手を携えるのか、その岐路に立っているのではないか。


●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬


[RelationPost]

タグ: , , , , , , ,