【新刊紹介】 烏山頭ダムを建設した小学館版学習まんが『八田與一』

【新刊紹介】 烏山頭ダムを建設した小学館版学習まんが『八田與一』
本誌(4月28日発行、第1302号)で紹介した小学館版学習まんが人物館『八田與一』が5
月末に発売となった。改めてご紹介したい。

 ちなみに、監修を担当した許光輝氏は本会とも交流を持ち、烏山頭ダムを世界遺産に登
録しようと活動している、台湾警察専科学校(台北市)助教授。金沢大学への留学経験も
あり、金沢大学から平成11年(1999年)3月、「日本・台湾の地方分権改革の比較─日本の
地方分権推進法と台湾の『国家発展会議』を中心に」という博士論文で学位を授与されて
いる。


台湾に東洋一のダムを建設した日本人の物語
【小学館ホームページより】

 八田與一(はったよいち)は、日本統治時代の台湾で、約10年の歳月をかけて当時東洋
一のダムを建設した土木技師です。台湾の灌漑施設の建設に数々の足跡を残しましたが、
太平洋戦争(編集部注:八田與一の時代に「太平洋戦争」という呼称はなく、当時は「大
東亜戦争」)中、乗っていた船が撃沈され、非業の死を遂げました。その妻・外代樹も、
戦争終結後、ダムの水路に身を投げるという悲劇の最期を迎えています。

 與一は台湾では教科書にも登場した、最も尊敬されている日本人のひとりで、現在でも
毎年の慰霊祭には台湾の総統が出席するほどの人気です。

 1930年に完成した烏山頭(うざんとう)ダムと給排水路は現在でも完全に機能しており、
現地の人々が大切に管理し続けています。生誕125周年の今年はダムの近くにあった住居が
復元され、記念公園として開園されます。実家のあった金沢でも毎年生誕祭が開かれてい
ます。

 この本は、日本の土木技術の発展に大きな影響を与え、日本人と台湾人を区別すること
なく労働者を大切にした、偉大な技術者・八田與一の生涯とその業績を描き下ろした学習
まんがです。 

■書 名:小学館版学習まんが人物館『八田與一』
■著 者:監修/許光輝 まんが/みやぞえ郁雄 シナリオ/平良隆久 
■版 元:小学館
■体 裁:菊判、160ページ
■定 価:1,155円(税込み)
■発売日:2011年5月27日

[RelationPost]


● 月刊「正論」定期購読お申し込み【締切:6月30日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0091.reg

● DVD「野口健講演:台湾からの再出発」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0088.reg

● 増補改訂版 『台湾史小事典』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0076.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 日本李登輝友の会「入会のご案内」
  文化交流を主とした「日本の生命線」台湾との交流を深める本会活動にご参加いただ
  ける方は、ご入会を! 下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、お手軽にお
  申し込みできます。                (日本李登輝友の会事務局)

■ 入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg
■ 入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガです。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)


タグ: , , , , , ,