【新刊紹介】柏久編著『「生きる」ための往生-李登輝台湾前総統恩師柏祐賢の遺言』

【新刊紹介】柏久編著『「生きる」ための往生-李登輝台湾前総統恩師柏祐賢の遺言』
李登輝前総統の京都大学時代の恩師は柏祐賢(かしわ すけたか 京都大学名誉教授、
京都産業大学名誉教授・元学長)氏でした。

 平成16年(2004年)12月に来日された折、李前総統は大晦日の12月31日に京都入りし
て恩師と61年ぶりに再会されました。当時、97歳だった柏氏が「もういっぺん会えると
は思わなかった」と言葉をかけ、「学生の時も大きな男だと思っていたが、こんなに立
派になって……」などと、李氏の学生時代のことなど、約30分間、談笑されました。

 その模様は、本会で製作したDVD「李登輝前総統来日特集」にオリジナル撮影によ
り克明に残されています。

 本年3月12日に柏祐賢氏が逝去され、本誌でも4月7日に斎行された告別式に李前総統が
寄せられた弔辞をご紹介しましたが(4月10日発行、第499号)、ご長男で京都大学地球
環境学堂助教授の柏久(かしわ ひさし)は5月の連休中、弔辞をいただいた御礼に台湾
に李登輝前総統を訪ねています。

 今月に入ってご尊父の追悼本『「生きる」ための往生−李登輝台湾前総統恩師柏祐賢
の遺言』を出版されました。ここに柏氏のホームページの紹介文とともにご紹介します。

 なお、ご尊父を通じて李前総統の思想に共鳴するようになった柏氏は、6月7日にホテ
ルオークラ東京で行われた講演会にも京都から出席しています。     (編集部)


【柏研究室のホームページより http://www.eiche.kais.kyoto-u.ac.jp/

 父柏祐賢他界後、すでに100ヶ日が過ぎました。

 この間、弔辞のお礼を申し上げるため、私と次男は、台湾に李登輝先生を訪ねました。
その際、父の遺品の中から1枚の色紙を先生にもらっていただきました。

 この色紙に込めた私の気持ちについては、7月上旬にできあがる父の追悼本『「生きる」
ための往生−李登輝台湾前総統恩師柏祐賢の遺言』の「あとがき」に記しておきました。

 李登輝先生は、5月30日から6月9日までの来日を実現されました。今回は残念ながら、
関東・東北のみでしたが、来年は京都に来ていただきたいと思っています。皆様のご支
援をお願いいたします。
                                    柏 久
■編著 柏 久
■書名 「生きる」ための往生−李登輝台湾前総統恩師柏祐賢の遺言
■版元 昭和堂(2007年7月刊)
■定価 1,890円(税込)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31920197

柏 久(かしわ ひさし)昭和22年(1947年)生まれ。京都大学大学院農学研究科博士
課程中退。京都大学地球環境学堂助教授。専門は環境農学原論。著書に『農業経済学の
展開過程』『環境形成と農業−新しい農業政策の理念を求めて』など。

[RelationPost]

タグ: , , , , ,