【外登証問題】中国大使館で独身証明書をと指示された台湾の友人

【外登証問題】中国大使館で独身証明書をと指示された台湾の友人
地図帳問題は外国人登録証問題や運転免許証問題にもリンク

■武蔵村山市議会議員 天目石 要一郎

 先般は、メールマガジン「日台共栄」に掲載していただきありがとうございました。
 台湾問題は、自治体レベルでは外国人登録の問題もあります。台湾人の友人は外国人登
録証に中国人と書いてあるため、結婚の時、「中国大使館で独身証明書をもらってきてく
ださい」と、役所職員の嫌がらせというより、多分に無知により手間取ったということが
ありました。加えて、日常的に「中国人」と書かれているので、中国人犯罪が多いため、
白い目で見られることが多々あって困るとのことです。もっとも、中国人は中国人で、犯
罪をするのは福建人なので、一緒にしないで欲しいと困っています。
 また、外国人登録証には、台北県台北市と日本の自治制度と混同したような表記がなさ
れています。なんとか、登録証の記述内容を正常化させたいものです。

■■■■■■■■
 台湾を中国領土とする中学校の地図帳問題に関して、東京・武蔵村山市の天目石要一郎
議員からのお便りは9月9日付のメルマガに掲載しています。
 地図帳問題は、天目石議員が指摘されるように、実は「外国人登録証」にも直結してい
ます。外国人登録証の国籍欄が台湾出身者の場合、「中国」とされているからです。
 この外国人登録証問題については、本会ホームページでもその問題点について詳しく解
説していますので、ぜひそちらをご覧ください。
 ビザ(査証)の場合は、台湾と中国(中華人民共和国)は完全に別な国として扱います
ので、なんら問題はありません。ところが、外国人登録証の場合は同じ「中国」とするこ
とから混乱が生じています。
 ただし、外国人登録証の場合はまだ救われます。国籍欄の下に台湾の住所や出生地が記
してあるからです。救われないのは、実は運転免許証です。この国籍欄は、台湾出身者も
中国出身者もすべて「中国」となっているからです。これはまったく区別がつきません。
 解決方法はいくつかありますが、もっとも簡単な解決法は、外国人登録証も運転免許証
も、国籍欄を「国籍・地域」とし、「中国」と「台湾」を書き分けることです。ビザで台
湾と中国を分けることができるのなら、外国人登録証や運転免許証でできないはずはあり
ません。日本社会に混乱を生じさせず、台湾出身者と中国出身者の人権を守るためにも、
国籍欄の記述内容を早急に改正させたいものです。(柚原)


■日本李登輝友の会の会員募集中!(詳しくはホームページに掲載)
 機関誌『日台共栄』を進呈。李登輝前総統が校長の李登輝学校へも参加可。
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●ご意見・ご感想はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メールマガジン「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
       TEL 03-5211-8838 FAX 03-5211-8810
●編集発行人:柚原正敬


[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , ,