【報告】台湾2・28時局講演会

【報告】台湾2・28時局講演会
【メルマガ「台湾の声」:2012年2月28日】

 26日(日曜日)に東京都文京区で行われた台湾2・28時局講演会には、約120名が参加し、
熱い質疑応答が行われた。参加者の顔ぶれを見ると、老若男女の出席があったが、参加者
の情熱のためか、活気にあふれていた。参加者は、それぞれあらたな目標を設定すること
ができたようだ。後援団体の一つである在日台湾同郷会からはスタンド花が贈られた。台
湾人が、二二八事件を心に留めていることの表れである。

 冒頭に台湾独立のために生涯を捧げた人々への黙祷を捧げた後、主催者である台湾独立
建国聯盟日本本部の王明理・委員長が二二八事件の概略を紹介した。

 澁谷司氏による選挙分析では、パワーポイントによるグラフ提示に加え、選挙グッズを
示しての台湾選挙戦の実情紹介があり、中国国民党による買収の濃厚な疑惑、また政治権
力を最大限動員した心理操作などが明らかになった。一方で、日本のメディアのニュース
ソースが現地親中メディアばかりになっているという問題も指摘した。

 また梅原克彦氏は、台湾の選挙視察や日本での勢力拡張を狙う中国と戦っている最前線
について紹介し、それぞれの立場で中国の(浸透の)意図を明らかにして、備えを固める
ことが必要であると指摘した。新潟の中国領事館建設・仙台へのパンダ贈呈などの日本へ
の影響拡大が計画され、利権からそれを支持している国内の勢力があり、ダライ・ラマ訪
問拒否問題などにつながっている。そのようななかでの河村・名古屋市長の中国への毅然
とした態度について評価した。

 黄文雄氏は、台湾人の視点から、日本人の情熱が台湾人を感動させていること、民進党
が選挙監視を一部放棄した問題などさまざまな問題提起を行った。問題が掘り起こされれ
ば対策を講じることも出来るのである。

 林建良氏は、台湾の両隣は日本と中国であり、台湾は引力の法則で重いほうによってい
く。したがって、日本版台湾関係法を具体的に進める動きが必要であると指摘し、「林建
良版台湾関係法」を提示した。日本は、「中国を刺激しないようにしよう病」が蔓延して
いるとし、日本には北朝鮮人権法があるのだから、中国人権法をつくるべきではないか、
と問いかけた。

 王委員長の方針ということで、しっかりと確保された質疑応答時間には、台湾から中国
への軍事機密漏洩の可能性について、米国は、それを考慮に入れていて、台湾に供与して
いる軍備が低いクラスのものであることなどが指摘された。

 また、どうやったら日本の政治家を動かすことが出来るか、という質問に対し、梅原氏
は、いわば、かすかな光である行動する政治家が動きやすい地合いをつくることだと答え
た。

 閉会挨拶に立った宗像隆幸・台湾独立聯盟中央委員は、選挙後の民進党内で対中接近の
意見が出ていることについて、中国に接近して国民党に勝てるわけが無い、と批判した。

 会場では、日本李登輝友の会で行っている戸籍問題是正を求める署名なども受け付けら
れた。

 また、去年、急逝した台湾独立建国聯盟の黄昭堂主席の追悼文集『黄昭堂追思文集』が
同日、台湾で出版発表会が行われたと紹介があり、頒布申し込み用紙が配布された。日本
からは安部晋三・元首相、小池百合子・衆議院議員、中津川博郷・衆議院議員、西村眞
悟・前衆議院議員、櫻井よしこ氏、金美齢氏、鳥居民氏からも寄稿があるという。

『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html
編集部 taiwannokoe@googlegroups.com

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 台湾「飲茶5袋セット」のお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 伊藤哲夫著『教育勅語の真実』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0102.reg

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg

● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg


◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」
 
  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg


◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,